2017年07月17日

暑い熱い試合でした

今日、まーぼ高校野球部の4回戦があったんで暑さに負けず行って来ました。
負けずと書いたけど、正直ホントに負けそうになる程の暑い1日でしたね。

試合の方もその暑さに負けないくらいの熱い戦いでした。

この日の試合はエースではなく二番手投手が先発。この酷暑の中、この先の連戦を考えてエースを温存したと言う形だったのかな。

サイドスロー投手が先発だったんだけど、序盤からちょっとコントロールに苦しんでる感じだった。
それが一気に吹き出してしまったは4回裏だった。
2対1と1点リード。
相手先発を攻略し始めてるだけにこの回をしっかりと抑えれば波に乗りそうだなと感じたんだけど、先頭打者をボテボテゴロの不運な内野安打で出塁させてしまうと、その後二つの四死球でノーアウト満塁。
ツーストライクと追い込むも決め球の外角をことごとくカットされ粘られた挙句に押し出しの四球を与えてしまう。
さらに打ち取った当たりがライト前にポトリと落ちて同点。
依然としてノーアウト満塁。
ここで我慢しきれずまーぼ高校はエースが緊急登板。
最初の打者は三振に仕留めるも、次の打者に死球を与えてしまって勝ち越しを許してしまう。
その後三振でツーアウトまでたどり着くが、四番に左中間に運ばれ走者一掃。
なんとか後続は退けるも、なんと6点を失い一気に5点のビハインドになってしまった。

それでもまだ中盤の5回。
エースがここから点を挙げないつもりで1点ずつ返せばと思ったら、6回に大きなチャンスがやって来た。
ヒットと四球でノーアウト満塁。
今度はまーぼ高校が大きなチャンスを掴み、連打で一気に5得点。
ホントはここで勝ち越すところまで行きたかったけどあと一本が出ず同点止まり。
するとその裏にミスからタイムリーを打たれて1点勝ち越されてしまった。

これまでの経験上、こう言うシーソーゲームはミスで与えた点を返すは以外に難しかったりするんだよね。

その予感がイヤな感じで的中してしまい、次の回はあっさり三者凡退。
守りの方はエースが貫禄のピッチングで点を与えず試合は8回に突入しました。

打順は上位から。この回で何とか点を奪いたいと言う期待通り、連打で1点を奪ってなおもチャンスが続いたんですが、相手選手も大応援団を背に必死の守りで攻撃を退け、同点のまま延長10回に進みました。

相手は初戦からエースを後半に投入する継投で勝ち上がって来ていた様ですが、たぶん今日は予定より早い登板になってしまったんでしょうね。
コントロールの良い先発で試合を作り、速球の荒れ球タイプのエースが試合を締める。
荒れ球だけにリードしてる終盤に投入して早打ちして欲しかったんじゃ無いかな?
しかしこの日の試合ではまーぼ高校がビッグイニングを作った5回から登板してるから、延長10回では6イニング目になるんだよね。
力投派だから予想通りだんだんコントロールの抑えが効かなくなって来た。

まーぼ高校の選手たちはそれを見逃さなかった。
ボールをしっかりと見極めて甘い球はきっちり叩く。
ここに来て集中打で1点2点と奪って行くと、相手はたまらず三番手にスイッチ。
遅い球を操るアンダースロー投手なんだけど、残念ながらたまにピッと早い球が来る訳でもないから、カットしつつ甘い球ボールをしっかりと待てちゃうんだよね。

案の定、投手が変わっても連打は止まらず。
ついにはそれまでほとんどなかったミスも出始めてしまい、結局この回に6得点。

この点差をしっかり守って試合終了。
5点差をひっくり返す大逆転勝利となりました。
見ているだけでもグッタリとしてしまう様なしんどい試合となりましたが、何とか勝利を掴んで5回戦に駒を進めました。

次の相手は先日書いた通り、優勝候補筆頭の浦和学院。
去年、ベスト8を賭けた試合でコテンパンにやられた相手です。

去年に比べればエースの左腕君がまだ余力を残しているのではないか、という気がします。
3回戦は登板が無く、この日も実質7イニングだけですから。

次の試合は金曜日だから中3日。
決して余裕のある間隔では無いけど、まだまだ本来の力が出せる気もする。
去年のリベンジとして埼玉の王者相手にどれほどの試合が出来るか。楽しみです。
仕事の関係で観戦は出来ないかもしれないけど、何とか勝利を掴んで欲しい。

気持ちだけでも県営大宮球場に届けたいと思います。
ガンバレ!

posted by かに at 22:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | まーぼコーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

ネット発信の功罪

今や個人がネット発信するのが当たり前の時代。
専門的な知識が無くても文字だけでなく写真や動画を発信する事が出来る様になりました。
スマホ1台で生放送まで出来るんですから、すごい世の中になったもんです。

私もこの台風一過というブログを通じて10年以上発信してきてますが、正直、今の環境に戸惑いもありますね。

言葉にせよ映像にせよ、何かを発信すると言うのは責任が伴う。
でもそんな責任のことなんて全く考えていない発信者がどれだけ多いか。
炎上って言葉が定着してもう何年も経つけど相変わらず炎上は絶えないし、信じられない発信も絶えません。

最近話題の某女優のYouTube配信なんかは、もはや法的にグレーゾーンなんじゃないの?って感じたりするんだよね。
夫である2時間ドラマの帝王が反逆に出れば配信してる映像のほとんどを削除しなきゃいけなくなるんじゃないかな?
別居中の旦那の家に勝手に入って、ノートやら手紙やらを持ち出して、それをネットで公開って・・・完全にアウトじゃない?

数日前には自らのまとめサイトのアクセスを増やすために俳優の中傷記事を書いた男女が逮捕されましたね。

この様に気軽に発信出来る様になった反面、誹謗中傷を発信する事も簡単に出来る様になった。
しかもそれが拡散した場合、最初に発信した人間が止めようと思っても止められないほどの広がりを見せてしまう。
発信者が自分の投稿を削除してもその痕跡はネット上のどこかを残ってしまう。

某女優の騒動に関しては真偽は分からないけど、一方の思い込みでこうやって発信が出来ちゃうんだよね。
例えばね、一方的にフラれた女性がその思いの丈をある事も無い事も含めた誹謗中傷動画に録り、そのアドレスを相手の会社でばら撒く。今回の件はそれをもっと大規模にした様な事件じゃない?双方とも有名人と言うインパクトを考えると。
ネット上で人を誹謗中傷したりしてるのが、物事がよく分かってない子供だけでなく、もう分別がついてなきゃおかしい40代50代も珍しく無いって言うのがこの問題の根深さ。
件の女優なんてもう60歳だからね。

インターネットが広く普及してたかだか20年程度。
SNSが定着して10年そこそこかな。
だけどそれに対する正しい接し方、関わり方に関してはこの10年、20年遡ってもほとんど進歩してないんじゃないかな。

飲酒運転が厳罰化によって多少なりとも減った様に、ネットでの誹謗中傷や不正な発信には厳罰が必要なんじゃないかな。

posted by かに at 18:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心配でたまらん

この前、高校野球観戦に行ったじゃないですか?
8時過ぎに家を出て、帰宅したのは午後1時過ぎだったかな。

たった5時間だったんだけどね。
一人(一匹)で数時間単位で留守番させたのが初めてって事もあり、帰り道では心配で心配でたまらん状態でした。

と言うのも、一箇所だけ不安な場所があってね。
前日、寝室の枕元のわずかな隙間からベッド下に行けちゃう事が判明したんです。
ミルフィーが小さいから出来る事なんだけど、小さいが故に入るのは出来るけど出るのはちょっと難しそう。
最初にそこに入り込んだ時はベットを動かして歩いて出られる様にしたけど、何かしらの対策をしないとねって話してたんだよね。

この日の外出時、ここの対策はまた済んでなくて、おまけに寝室のドアを締めていくのを忘れちゃってたんですよ。

もし不在時に例の隙間から入っちゃって、出られなくなっちゃったら・・・。
折しも梅雨らしさの無い日々が続いてて、あの日もかなりの熱い1日でした。
リビングは弱めにエアコンを掛けてるけど、寝室は掛けてない。

そんな寝室のベッド下がどれくらいの気温になるのか入った事が無いからわからないけど。

結局、入るのを防ぐのではなく、常時出易い様に対策をしましたが、あちこち自由気ままに移動するミルフィーちゃんですからこれからも心配が尽きそうにありません。
posted by かに at 18:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミルフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

どうなんだろう?

ベイスターズファンであると同時に日ハムも応援してる訳ですよ。
生粋のファンって訳じゃないけど拳士がいるからね。

でね、今日はその日ハムの話。
元々、栗山監督の起用方法には疑問が多々ありました。

チーム全体で全然打てないのに全く代打を出さななかったりね。
拳士の起用に関してもムムムって思ったのは一度や二度じゃない。

でもまぁ、結果を出せてないからね。
そういう意味でなかなかチャンスをもらえないのはしょうがないとは思いつつ、栗山監督に嫌われてるんじゃないの?って思う事もありますね。

と、まぁ、拳士絡みは私情が入り過ぎとは思いますが、ここ数日の起用、発言にはムムムを通り越して、いや、それは無いだろうって思うんですよ。

まずは斎藤佑樹の起用。
そもそもがあの程度の結果の投手に再三再四チャンスを与えてるのもどうかと言う思いはありますが。(ファンの間では斎藤佑樹使いたい病と言われてる様です)

結果、案の定滅多打ちされて登録抹消な訳ですが、その試合後のコメントで「チームの状態が、流れが悪いというのもある。向こうに流れがある。それを作ってしまっているのは、こっちの責任」と話してるんですね。
もちろん敗戦の責任が監督にあるのは間違いのない事。
しかしベースカバー忘れたり、反省材料満載の斎藤君を一切責める事なく、かばい続ける姿は流石に日ハムファンからも批判が殺到してる様だ。

そして昨日。
斎藤君の次に溺愛してる大谷翔平が先発登板しました。
結果は1回1/3 被安打2 四死球2 失点4 で敗戦投手になりました。

試合後、栗山監督は「こっちもそこ(万全の状態での一軍登板)に持っていくためのステップを踏んでいる。一回、一軍で出力を上げて投げることが目的だった。明日、明後日(体に)どういう張りが出てくるか。最低限前には進んでいると思う」とコメントしてる。
要するに調整登板って事でしょう?
それを先発でやる?
点差が離れた終盤になら分からないでもない。
広島くらい攻撃力があって、ちょっとくらい取られてもしっかり取り返せる打線の状態ならいいけどさ。とてもじゃないけどそんな状況じゃないでしょう?

何度も日ハムを日本一に導いてる名将の誉れ高い栗山監督ですが、なんか今年おかしくないですか?
posted by かに at 18:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

チラッ

普段は2階のリビングにいるんですけどね。
私や奧さんが1階や3階に移動すると、こっそりついて来ようとします。
あくまで本人はこっそりのつもりなんだろうけど・・・

IMG_2389.JPG

バレてますよ。
鈴がチリンチリンなってるってば。

こっちに行って何して遊んでくれるの?ワクワク
目がそんな風に訴えてます。

そんな目で見られたら遊んじゃうってば。
posted by かに at 22:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミルフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする