2019年10月18日

FA行使せず

我らが拳士が国内フリーエージェント権を獲得しました。
しかし先日、これを行使せず来季以降も引き続いて日本ハムで頑張っていく事になりました。

2008年ドラフトで日本ハムから6位指名されてから11年。
毎年レギュラー獲得を課題としてあげながら、なかなかそれが果たせないにも関わらず、これだけの年数をプロ野球選手として活躍し続け、注目され続けている事はすごい事だと思います。

同じく2008年のドラフトでプロ野球の門をくぐったのが66人。
それに対して現在とプロ野球選手として活動しているのはわずか19人。(俺調べだから多少のズレはあるかも)
半数以上がすでに選手としての道を閉ざされているのですから、とてつもなくすごい事だと思います。

中学三年生から彼を知る身としては、彼の努力する才能、誰からも好かれる人間性など、当時から持ち合わせているものを、これだけ年数が経っていても全く失っていない事がなによりも尊敬に値する事だと思っています。

なせい忙しい身ですから、会う事はほとんどありませんが、LINEをすればすぐに返してくれるし、ちょっとしたお願い事などは二つ返事で快く応じてくれる。本当にいい奴です。

あと何年、プロとしてやっていけるかは分かりませんが、来年も怪我なく一年通して活躍して欲しい、心の底からそう願っています。

本当はねー拳士いる間に札幌ドームに応援に行きたいんだけど、なんだかんだと毎年出費が多くてねー。

まぁ、来年も近場の関東の球場には応援に行かなきゃな。

皆様も引き続きの応援お願いします。

先日行われた拳士の会見動画を貼りつけておきます。
途中、拳士がダダすべりしてますが、見なかった事にしてやってください。

posted by かに at 20:52| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

ドラフト会議

楽しみにしていたドラフト会議が終わりましたね。

注目の佐々木投手は千葉ロッテ、奥川投手はヤクルト、森下投手は広島という結果でした。

我がベイスターズは一位に桐蔭の森敬斗内野手を単独指名となりました。

当初は森下投手を指名するのではと目されていましたが、毎年そうですがこのチームのドラフト戦略は素人では予想できないですね。

ここ5年、山崎康晃投手から始まって、今永投手、濱口投手、東投手、上茶谷投手と、即戦力大学生を指名し、そのすべての選手が活躍してきただけに、今年の指名はどうなるのか、やはり即戦力の森下投手になるのかと思っていましたが・・・。

でも正直言うと、投手の駒はある程度揃ってきている。
筒香選手がチームを離れることが決まった以上、やっぱり一番の補強ポイントは野手。
今は大和選手が頑張ってくれていますが、彼を脅かす内野手が育っていないのも事実。

盗塁数が少ないこともありますから、足の速い選手というのは喉から手が出るほど欲しい存在。
しっかり育てて長年活躍する遊撃手になって欲しいと期待しています。

ちなみに。
千葉ロッテの二軍施設は浦和、ヤクルトの二軍施設は戸田。
共に我が家から30分以内にあります。

来年は浦和、戸田、そして万波のいる千葉県鎌ケ谷。
二軍巡りが楽しめそう。

今から楽しみです。
posted by かに at 23:10| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

ベスト8進出めでたい

いやー、ラグビー日本代表やりましたね。

最初のロシア戦こそ見ていませんでしたが、二戦目のアイルランド、ビハインドの場面から見始めましたがすっかりハマっちゃいましたね。

三戦目のサモア戦、そして前日のスコットランド戦。
どちらも試合開始からしっかり観戦しちゃいました。

ルールもよく分からない競技を、ここまでのめり込んで観戦するなんて今までありませんでしたが、ルールが分からなくても、選手達がこの試合、一つ一つのプレーに賭ける気持ちが伝わって来ます。

かつてのラグビーのイメージだと、パワーでは外国に全く敵わないが、スピードと小技で勝負していく、そんな感じでした。
しかし今回見ていると力勝負のスクラムでも全く負けてませんし、デカい選手にタックルされても吹き飛ばされる事なく、体を捻ってでも少しでも前に進めていく。

長年弱点と言われていた部分を見事に克服したからこその快進撃。
そのたくましさに心奪われている人がたくさんいるからこそのこの盛り上がりなんだと思います。

私の好きな野球で言えば、やはりパワー選手との対戦、動くボールへの対応、国際球への慣れと言ったところが長年課題と言われていた部分でしょうか。

ずっと課題と言われて来たけど、どれをとっても競技全体での克服という動きはなく、あくまで選手の対応力に頼っている現状です。
それから国際大会への海外チーム所属選手の出場。これも個々の対応のみとなってる。

もちろんワールドカップに値する大会の有無も関係しているとは思いますが、競技団体としての取り組みの差があまりにも大きい。

ラグビー日本代表はこの大会のために年間200日を超える合宿を行なっていたそうです。
大会直前にパッと集まって戦術戦略を練り込む時間をたっぷりと取らずに試合を迎えていたら、どんなに優秀な選手を集めても勝てるものも勝てない。
国際試合で勝つと言うのは、それだけ大変な事なんだと思います。
まぁ、これはサッカーにも当てはまる事とは思いますが。

11月には野球も国際大会が待っています。
ラグビーの盛り上がりの熱が忘れられていない時期に行われるだけに、試合内容や結果によっては競技人気にも大きな影響が出るようにも思います。

高校野球日本代表もあれだけの選手を集めながら3位決定戦にすら出られず。
イチロー、ダルビッシュを擁したWBC以降で胸のすくような結果を見た記憶がない。

このラグビー日本代表の快進撃は、稲葉さんには大きなプレッシャーが掛かっている事でしょう。

野球ファンとしては大きな不安があるのが正直な気持ちです。
posted by かに at 14:28| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

我が家が避難した理由

昨日のエントリーで書いた通り、我が家は一晩所沢にある奥さんの実家に避難していました。


荒川と新河岸川という二本の一級河川に挟まれた土地に建つ我が家。
大きな水害があれば甚大な被害が出ることは免れない。この土地を選んだ時点でそう考えていました。

強風対策はしましたし、覚悟を決めて自宅に留まろうと思っていました。

と言うのも、近隣ほとんどが二階建てなのに対して我が家は三階建て。最悪な状況になっても三階に逃げれば大丈夫だろう。いわゆる垂直避難と言うやつです。
何より大事な家を空ける事への強い抵抗感と心配がありました。

ただ、台風が来る前日の金曜日。
テレビのニュースで、土嚢用の砂を自転車で集めているおばあちゃんの映像を見ました。
取材スタッフはインタビューをしながらおばあちゃんを手伝い、自宅まで一緒に行ってあげていました。
おばあちゃんは心を許したのか、「一人でいるのは不安で不安でしょうがないんです」って涙ながらに語っていました。



ウチの両親は幸い二人とも元気でやっていますが、奥さんの実家は義母が施設に入っているため、家では義父だけが生活してる状態です。

今回の台風が来るにあたって、義父が来て欲しいと言った不安を語った訳でもありませんが、たまに体調が悪いと弱気になって連絡してくる事もありますし、今回の台風の規模を考えると不安な気持ちはあるだろう、そんな気持ちは芽生えていました。

そこへ来て実際に台風が来た当日。

まだ雨が本格的になる午前中から息子が家族で作ってるLINEグループで「早く避難しろ」と送って来ましてね。

しかし先程書いた通り私は避難する考えが全然なかったんですよ。
んなもんだから、そのメッセージには答えずさらっと流してました。
するとごうを煮やした息子、今度はまだ寝ていた奥さんを電話で叩き起こして強く訴えてきまして。

結局、その息子の強い言葉でまず奥さんが避難しようと言う気持ちになり。

さらに私も前日のおばあちゃんの涙をきっかけにした気持ちが重なり、よし避難しようと言うことになった訳です。

これが台風が上陸する6時間ほど前の昼頃です。

まだ上陸もしていないのに、すでに時折強い風と絶え間なく降り続ける大雨。
ウチの辺りに被害が出るかは分からないけど、近隣河川が氾濫に至る可能性は十分にある。長らく河川敷チームに関わって来て台風と河川の氾濫の様子は見てきた経験からも今回の台風は特別だと感じていましたから。

結局、我が家のする地域でも避難勧告が出たんですが、その時間が午後7時過ぎ。
実際問題、その時間からの避難って現実的には相当難しいと思うんです。
雨も風も昼間と比較できないほどになってましたし、もしかすると冠水してる道路も出ていたかもしれない。

結果として実際に我が家の近隣河川では氾濫はありませんでしたが、他の地域では多くの氾濫がありました。
それらの地域の方がどれくらい避難していたのかは分かりませんが、避難というのは勧告が出たから、では遅いのだと今回痛感しました。

今回我が家は実家に行きましたが、避難所に行くとなると猫達の問題も出て来る。
幸い被害は無かったけど、多くのことを学ぶことになった台風直撃でした。

posted by かに at 16:48| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

避難してました

とんでもない台風でした。

伊豆半島に上陸して東日本を縦断した台風19号。

かつてない規模の台風ということで、今回悩んだ末に義父のところに避難しました。


330BCCFB-A28C-48D6-A171-D6E62A18A76E.jpg

このように、窓には目張りをし、強風対策をしていたんですが、今回はとにかく雨がすごいということで。
大きな一級河川と中規模の河川に挟まれた土地にある我が家。
歴史的大雨の場合はもしかしたらということがある。
覚悟はしていましたが、対策はしたし、覚悟はして自宅に留まろうと思っていたんですが、朝から息子が「早く避難しろ」と強く訴えてきまして。
その息子の言葉と、義父が台風の中、一人で不安かもしれないということを考え、避難を決めたのが昼過ぎ。

CEECA21C-F605-4D40-A3D7-0D0F86F84009.jpg

慌てて支度してすでに土砂降りではありましたが、実家に行きました。


FADE68A8-C06D-47EB-91B6-FD773EDD8638.jpg

もちろんミルフィーとショコラも一緒。
慣れない環境に戸惑ってる二匹でしたが、それでもやっぱり二匹一緒ってのがいいんだろうね。
夜中には普段通りにドタバタと取っ組み合いをしてたみたい。私は寝てたので気づかなかったけど。

BB5607D7-CCD6-4005-8C99-ECF2E51A9E94.jpg

でもね。
やっぱり大事な家が無事なのか、どうしても気になっちゃってさ。
台風がすっかり通り過ぎ、雨が上がった深夜にぴゃーっとひとっ走り様子を見に行っちゃいました。
途中の道にはそこここに木の枝が転がってたし、大きな水たまりも残ってた。
水がエンジンルームに入って止まっちゃった車も何台も見掛けた。

うちから数百メートルというところで大規模な道路の冠水があり、通行止めになってたけど我が家は全くの無傷。
浸水も無く窓も割れていませんでした。
台風が過ぎ去ったとはいえ、まだリスクのある時間帯ではあったけど、それでも家の無事が確認されて、その後は落ち着いていられたから行った甲斐はありました。

今日、我が家の近くの荒川河川敷を見に行きましたが、とんでもない光景でした。
河川敷の冠水は何度となく見ていますが、今回は経験上最悪の状況かもしれない。
あと数メートルで土手を越えてしまう、そんな状況でした。
幸いに相当高く分厚い土手に守られてるから、大事に至らずには済みましたが、本当に紙一重といった状況。
中止にはなりましたが、上流のダムで緊急放流が行われていたらどうなったか。
本当に無事で良かったです。

一夜明け、ニュースでは多くの場所で土手が決壊して街中に水が流入していました。
我が家もその一歩手前まで行っていただけに、本当に無事で良かったです。

こんなすごい台風、もう当分来てほしくないって思いますが、ここ数年異常気象が続いてますからね。
何かしらの覚悟が必要なのかもしれませんね。

6D66DEEE-B113-4329-B8F8-12CA07AAEFCD.jpg

posted by かに at 15:11| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする