2015年07月21日

ざんねん

ベスト16まで勝ち上がったまーぼ母校。
今日、甲子園出場実績もある都立高との対戦でしたが、4本のホームランを打たれるなど12失点。

力の差を見せつけられて悔しい敗戦となってしまいました。

15日の1回戦から6日で4試合。
わずか25人の部員でやりくりするにはあまりにキツイ日程でした。
日程はどこも一緒ですから言い訳にはなりませんが、やはり本来の動きが出来ていないんだろうな、とは感じました。しかもこの暑さですからね。

しかしそれが夏の大会です。
ウチのOB達を含めて、何人かの一年生がベンチ入りしてこのキツイ日程を実際に体験しました。

この経験は来年の夏、再来年の夏に絶対に生きるはずです。

そうした事が選手層に繋がり、これまでの最高成績であるベスト16から、ベスト8、さらに上を見る事が出来るのではと考えてます。

新たな歴史を作った後輩達を誇らしく思い、そして更なる歴史を作って欲しいと言う思いを強く感じました。

何はともあれ、最後の夏を終えた三年生達、お疲れ様でした。
posted by かに at 23:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

ベスト16

盛り上がってますねぇ、高校野球。

各地でシード校が敗れたり、波乱が起きてますね。
強豪校がそのまますんなり勝利するわけではないのが夏の大会の面白さであり怖さですね。
埼玉ではまーぼ高校を破った高校が、ダルビッシュを育てた若生監督率いる埼玉栄に敗れました。
一発勝負のトーナメントって本当に面白いですね。

さて。
東東京大会ではまーぼの出身高校が勝ち進んでおります。
137チームで始まった大会も残るは16チーム。
史上初めてベスト16にまで勝ち進んでいるんです。

曜日的にどうにも時間が作れず応援には行けていないんですが、気になって東京高野連のホームページを何度もチェックしてました。
アクセスが集中しててなかなか表示されないのでイライラするんですけどね。

今日、グランドでまーぼ出身高校に進んだOBの父母に会いました。
OB君は現在1年生。
シニア時代は控え選手だったOB君。
部員数の少ないまーぼ出身高校なら多くのチャンスをもらえると選んでくれました。
そして1年生ながらメンバー入りを果たし、先日の試合もスタメン出場を勝ち取ったようです。
途中で交代となり下がってしまったそうですが、チームは完封勝利。
強打の相手チームを抑えての勝利だけに、相当の喜びだったと思う。

次の試合は明日。
神宮第二での試合になる。
週末はシニア優先だから行けないけど、明日なら行けるかもな。
仕事に支障が出ないようなら球場に行ってOB達を激励に行ってこようかな。
posted by かに at 17:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

期待出来そうじゃん

以前書きましたが、まーぼ母校野球部に今年は我がチームから三人の選手が進みます。

その野球部に思ってもない戦力が加わることが分かりました。

それは自分達の代がスタートしたばかりの中学二年の秋にウチを辞めていった選手でした。

期待の捕手として入団したその選手。
一年生大会ではAチームの正捕手としてかなり活躍しました。
この代の正捕手は彼で決まりだろう、そんな事を感じさせるくらいでした。

しかしもちろんそのままレギュラーが保証される訳ではありません。
同じポジションには複数選手がいて、それぞれが自分達の代になった時のレギュラー目指して競い合って切磋琢磨していく。
そうした中で自分達の代になった時、彼は正捕手の座を奪う事が出来ませんでした。
チャンスに強いバッティングを生かすために外野手との兼任となった時期もありました。

監督、コーチも期待していましたし、秋季大会のスタメンがそのまま一年間固定な訳じゃないですから、頑張り次第でどうとでも変わって行くはず。
私はそんな彼の奮起を期待したんですが、彼の出した結論はチームの移籍でした。

残念な決断でしたが、チームとして何度も引き止めた末の決断ですからどうしようもありませんでした。
そんな彼との思ってもみない再会。

元々まーぼ母校野球部には彼の兄が所属しているという事も影響したのだと思いますが、良い選手だと言う事は十分知っていますから願ってもない事だなと感じました。

卒団までやり切った三人にわだかまりが無ければ良いなと思ったんですが、そういう事も無いみたいだし、ちょっと期待が出来そうじゃん、と嬉しくなってきました。

夏季大会には顔を出そうと思ってたんだけど、もっと早く行っても良いかな、と思う様になりました。
とっても楽しみです。

posted by かに at 11:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

一年生バッテリー

現在行われている高校野球の秋季大会の話。
とある高校で一年生バッテリーがスタメン出場しました。

かつてはT京の最大のライバルと言われた高校で、現在は西東京のその高校。
甲子園にも出場した事のある強豪校の大事な公式戦に出場したのは、今年春に入学したばかりの我がチームのOB達。
バッテリーで入学した以上、いつかはその二人で先発して欲しいとは思ってたけど、まさか一年生からメンバー入り、さらに先発出場があるなんてね。

西東京の試合会場は遠いからね〜。
あれこれとやる事が立て込んでるこの時期には応援に行く事は出来ないんだけど、高野連のホームページで結果だけはしっかりチェックしました。

無事勝利する事が出来た様です。

この試合、投手は4人登板したみたいだから、先発が何イニング投げたか分からないけどね。

西東京は日大三高が早実にコールド負けするという波乱があったばかり。
この先どんな展開が待ち受けてるか分からないけど、センバツ目指して頑張って欲しいね。
posted by かに at 22:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

タイブレーク導入賛成

来年センバツでタイブレーク導入も 選手の体守るため「考える時期」


 日本高野連が春夏の甲子園大会で延長戦でのタイブレーク方式の導入を議論するため、全加盟校対象のアンケートを行うことが13日、分かった。試合の早期決着を図ることで、選手の健康管理につなげるのが狙いという。
日本高野連関係者は「6月末の技術振興委員会で議題に上がった。タイブレークは国際大会でも導入されている。真剣に考える時期」と語った。
アンケートは10日に各都道府県高野連に送付。健康管理上、導入すべきものについての質問で「球数制限の是非」や「タイブレークを導入するなら何回からが妥当か」などを問うている。8月末までに結果を集約し、本格的な議論を進める。


たぶん賛否両論、賛成反対意見が入り乱れる事になるでしょう。

先に結論を書いておきます。


私はタイブレーク導入に賛成です。


守るべきは選手の未来か、野球としての流れなのか、フェアな戦いか。
私個人としては選手の未来を越える重要な事柄はないと考えます。
球児は将来の野球界を支える宝ですから、過度な負担は避けるべき。

多くの状況で(と言うかほとんどの状況で)エースは勝利のためならばと続投、連投を望むと思います。
チームの勝利を目指すことに繋がるならどんな努力しようと考える。
それがチームスポーツに所属する人間の当然の心理でしょう。

ルールの範囲内で勝利のために最大限の努力をする。
それが当たり前の事なんだと思います。

だからこそ、ルールで連投ををなるべく少なくさせる様にすべきです。

とは言え、連投が諸悪の根源と言うようなメジャー寄りの発想もまた違うかなと感じます。

先日、ニューヨークヤンキースの田中将大投手のDL入りが発表されました。
この事である元プロ投手の方が「高校時代の連投が原因」というような発言をしていた。
いやいや、そうじゃないでしょ。
プロになって何年もなる投手の故障が、高校時代の連投に起因してるってのはさすがにちょっと・・・。
諸悪の根源のように扱いすぎだと思う。

プロ野球選手になるだけの素材が連投による故障が原因で将来を断たれる。
そう言う事を減らす事が出来るならタイブレークは導入すべき。

少年野球、中学野球をやってるとタイブレークは当たり前の制度だからね。
高校生に導入も全然違和感が無いんですけどねぇ。。。
posted by かに at 09:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

夏はやっぱり高校野球!

友人からの依頼があり高校野球の写真を撮りに行って来た。
息子は少年野球の後輩だから小学生時代から知ってる。中学はクラブチームではなく野球部に入ったのでほとんど見てなかったけどさ、知らんうちに高校生になってて、知らんうちに最後の年になってたんだね。

毎年知ってる子が最後の夏を迎え、そして当然ながらそのほとんどが甲子園に届くことなく散って行く。
小学生中学生の頃はほとんどの選手が「甲子園に行きたい」と言ってるけど、現実にはほとんどがたどり着くことが出来ない。悲しいけど甲子園への道ってのはそれくらい厳しいもんね。

それでもその思いを隠すことなく体全身から発しているこの時期の高校球児ってのは本当に素晴らしい。

写真を撮って欲しいってお願いされて行ったんだけどさ、なんだか逆にエネルギーをもらって帰ってきたって感じ。

写真?

もちろんバッチリですよ。
パネルに出来るくらいの写真を何カットも撮りました。

高校球児は有名校であろうとなかろうと、絵になるから撮ってて楽しいよ。

posted by かに at 20:56| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

高校野球練習解禁

甲子園ではセンバツ高校野球がたけなわですが、我がチームの3年生達もいよいよ高校野球への道に進みました。

今日3月25日から新入学の1年生達が部活動への参加が可能になります。
何年も前の事になりますが、まーぼがこの日を迎えた時の気持ちをちょっと思い出してほっこりした気持ちになっています。

そんな練習参加解禁を前に先日の日曜日。
昨年夏から次のステージに向けて練習してきた3年生達もこの日が河川敷での練習最終日となりました。

関東大会が終わった後、昼食を挟んで現3年生対新3年生で壮行試合を行いました。
現3年生チームの先発は元エースのS君。
この春からは東東京の強豪高校に進学します。
果たしてこの半年で高校で通用するピッチャーに成長したか、それを確認したいと思ってじっくり見させてもらいました。
昨年夏に比べたら確実に5km以上球速はアップしてる。130km台後半は出てるかな?
でもまだ強豪高校でエースになるには時間が掛かりそうだけど、チャンスはありそうだなと感じました。

一方、打者の方は西東京の強豪に進むM君、神奈川の強豪に進むI君を始め、みんな打球の質が上がっていると感じました。
ただ守備も含めたらまだもう一段階レベルアップが必要。

みんなそれなりに成長はしてるけど、強豪校で1年生からメンバー入りするにはもっともっと苦労しないといけないんじゃないかな。
実際ね、彼らもどれくらい成長すればどれくらい勝負出来るほどになるか、実感出来ないってところもあるかもなぁ。
しかしまぁ、私も高校側の指導者がどれくらい求めてるか知らないから、彼らが入学早々1軍入りって事もあるかもしれないけどね。

なんにしても都立に行く選手達も含めて、一様に成長しているのを実感出来ました。
みんな体格もグッと成長しましたしね。

この春からもまた楽しみが出来ました。

posted by かに at 16:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

センバツ

センバツ高校野球の出場校が発表されましたね。

今年はウチのシニアが選抜大会に出場出来なくて、大阪に行く予定が無いから見に行けるかどうか分からないんだけど、気になる学校が幾つかあります。

まずは21世紀枠で選ばれた東京の小山台高校。
これまでに何度もコメントをもらっているサトケンさんの高校ですから、選ばれて本当に嬉しいです。
息子も東京で高校野球選手をやっていましたから、よくこの学校の話題が出ていました。
都内屈指の進学校でありながら野球の強さもホンモノ。その試合は何度となく見てますが、礼儀正しいし見ていて気持ちの良い野球部だと感じていました。
きっと甲子園でも強く清々しい野球を見せてくれるに違いない。

きっとこの学校の事を『都立の星』と言った表現で報じるマスコミが多いでしょう。
でも私は甲子園を目指すのに公立も私立も無いと思ってます。
だから私は小山台高校を『都立の星』だからではなく、あくまでも東京代表の一校としてしっかり応援したいと思います。


さらに東海地区代表の三重高校。
試合は見たこと無いけど、ブログ仲間のshunさんが勤めている学校ですから、そりゃあもう応援するっきゃないでしょう。

他には我がシニアのOBが在籍している横浜高校。
この春からさらに2名がこちらにお世話になりますから、もちろんここも応援です。

他にも27年ぶりの出場となった池田高校も気になるよね。
かつてのやまびこ打線の復活なるか、気になるところ。

今年はウチのシニアが選抜大会に出場出来ないから、大阪に行く予定は無いんだけど、組み合わせによっては弾丸ツアー組んじゃうかもなー。^ ^
posted by かに at 20:58| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

ベースボールTシャツコレクション

収集癖のある私。
かつてはペプシを含めたボトルキャップを集めたりしていましたが、この手のコレクションはここ数年めっきり手を引いてやっていませんでした。

そんな私がロングスパンで進めているコレクションが、高校野球部のベースボールTシャツです。
高校野球ファンである私にとって、有名無名関係なく高校名が入ったベースボールTシャツは非常に魅力的なものです。
中学野球チームに関わっていた証として、将来この位置を離れた時の思い出として欲しいなぁって思ったんですよ。
でね。夏の大会後、卒団式までの期間の雑談中に3年後に息子が引退したら息子さんが所属した野球部のベースボールTシャツをくれ、ってお願いしてるんです。
その言葉を受けて、これまで何人かのOB選手や父兄が実際に提供してくれています。

とは言え、息子の野球部での思い出が詰まっているものでもありますから、こちらから強く求めたりはし辛い。
あくまでも入学前にお願いしておいて、それを覚えていてくれて「あげるよ」と言ってくれる優しい方からのみいただいています。

そして先日、そんな優しい方からベースボールTシャツを頂きました。
ブログ仲間であるハッシーさんです。

ハッシーさんの息子さんは数年前に甲子園に出場している強豪高校野球部所属選手でした。
この夏、ハッシーさんの息子さんが引退。
そしてその息子さんを応援している時に着ていた応援Tシャツを私にくださると言ってくれました。

先ほども書きましたが、息子が着ていたものにせよ、親が着ていたものにせよ、どちらも同じく2年数ヶ月の思い出が詰まった大切なものです。
そんな大切なものを譲ってくれたハッシーさんに深く感謝です。
ハッシーさん、ありがとうございました。\(^O^)/

コレクションとしてはまだまだ微々たる数しかありませんが、モノがモノですから、現時点でのコレクションに私自身は満足しています。
別に有名校に限って集めてる訳じゃないけど、都立や県立だと練習用のTシャツが無い場合が多くて、自然と有名校が多く集まっちゃってるんですよねぇ。

いつか、どーんと集まったら公開したいですけどねぇ。
それがいつになることやら。(^^♪
posted by かに at 12:39| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

OB甲子園へ

昨日行われた高校野球東東京大会決勝戦。
両チームにOBが所属するという、どちらの応援をしたらいいか悩む状態。

成立高校には3年生二人が所属。しかも二人ともメンバー。オマケにそのうち一人はレギュラー。
もう一方の国士舘には1年生一人所属。まだメンバーじゃない。

こうなるとどっちに肩入れするかは決まるよね。
って事で、まずは国士舘に所属するOBのところに行って「今年はあっちの応援するよ。その代わりお前がメンバーになったら絶対に応援に来るから」と約束しました。

と言う事で成立側のスタンドで観戦。
ネットが掛からずに打席が見えるくらいの上の方で観戦してました。
遠いけど写真を撮りたかったからね。

試合は2回にその成立が2点を先制。
しかし国士舘もすぐに1点を返す。
すると今度は成立が5回にOBのS君のタイムリーで1点追加!
その後はお互いチャンスがありながら凌いで最終回に突入しました。

ここで大きな展開がありました。
国士舘の先頭打者が執念のセンター前ヒットで出塁すると、フライアウトを挟んで4連打で一気に同点!
前日の西東京大会でも最終回に9回2アウトからの逆転という場面を見ていますからドキドキでした。
しかも同点となってまだ1アウト満塁。一つのミスが逆転に繋がる大ピンチ。
ここで内野ゴロを捌いたのはショートに入った1年生。正面のゴロではありましたが、キッチリ捕ってキッチリキャッチャーに送球。
簡単なプレーだけど、簡単な場面じゃないからね。結局この後の打者がレフトフライに倒れ、一気に逆転という場面を凌いだ成立。
その裏にキャプテンの一打でサヨナラ勝ちとなりました。

飛び抜けた選手がいる訳じゃないけど、粘り強くて良いチームでした。
何よりよく知ったOB選手の甲子園はすごく嬉しい。
スケジュール的に甲子園に行けるかどうかは微妙だけど、行けなくてもテレビで思いっ切り応援したい。

もし甲子園で観戦するって人は、スタメン出場の4番バッターと共に、サードコーチャーの選手にも注目して下さい。きっと楽しんでもらえると思いますので。(^^♪

IMG_0948.JPG
posted by かに at 20:05| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

4チームのすべてに

東東京大会がいよいよ日曜日に決勝戦を迎えます。

そこの立つであろうと予想していたT京高校は残念ながら敗れてしまった。
苦手は代が変わっても苦手なのかなぁ。
見に行っていた姉ちゃんによるととにかくヒットが出なかったらしい。
良い当たりはするものの深く守った外野の頭を越すことが出来ない。
この前のファミリーの会話じゃありませんが、「もうちょっと転がせば」と言いたくなるような展開だったとか。
残念ですがY君の甲子園挑戦は終わってしまった。
近いうちきっと河川敷に挨拶に来るでしょう。その時は思いっ切り労ってやりたいと思います。

さて。
タイトルにも書きましたが、今日行われた準決勝。
ここに勝ち進んだ4チーム。すべてに我がシニアのOBが所属していたんです。
残念ながら一番多くOBが所属しているT京は負けて仕舞いましたが、決勝に進んだ成立高校には2名のOBが所属してます。しかもその二人ともメンバー入りしてますしね。
こうやってOBの活躍を伝えることが出来るのは嬉しい限り。
シニアの方も試合がある予定だから、決勝戦の応援に行けるかどうかわからないけど、気温に負けず熱い試合をして欲しいと思います。
ガンバレOB達よ!!
posted by かに at 00:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

1球の怖さ 一部修正

IMG_0895.JPG

今日は神宮球場でT京の準々決勝を応援して来ました。
この土日に目一杯仕事したもんだから今日はちょっとのんびり出来ましたんでね。
もちろん昨年は私より多くの試合を観戦した姉ちゃんも一緒。

相手の駒大高はここまでほとんど点を取られていない。
きっと良い投手がいるんだろうなぁ、と思ってたら、これが思ってた以上でした。

球速は130kmそこそこなんだけど、きっとコントロールと変化球のキレが良いんでしょうね。
(スタンドの上からでは良くわからんかった)
とにかく強打T京の打線がヒットを打てない。
先日観戦した試合でも好投手を見た。でもあの試合で投げていた投手は自分のバッティングをさせない感じでしたが、今回の投手はそこまでではなかった。
T京の選手はしっかりと振っていた。でも打球が野手の正面を突いてしまう。
まぁ、これこそが良いコースに決まっている証拠でしょうかね。

5回にようやく初ヒットが出たんだけど、それもボテボテの内野安打。
初ヒットが出ればちょっとは変わるかな、と思ったけど、そうはいかず。
結局6回終了まで1安打だけだった。

一方、T京の投手も好投。
初回から付け入る隙がないほどの好投をしていた。
ところが3回。8番に入る相手投手にホームランを打たれてしまう。
この時以外は完璧だっただけに、この1球がどんぴしゃりで狙ったコースに行っちゃったんでしょうね。

てなわけで1点ビハインドのまま終盤へ。
しかもわずか1安打だけですから、不安が徐々に大きくなり始めてました。
しかし初戦でも土俵際から逆転した底力は本物でした。

四球で出たランナーを送って1死2塁から、8番バッターがセンターに逆転のホームラン!
打った瞬間の感じでは、外野の頭は越えるかな、と言った感じだったけど思ってる以上に伸びましたね。

両チームの得点は結局この2本のホームランのみ。
ソロとツーランの違いでT京が勝利しました。

T京の投手は被安打2。ソロを打たれた直後にもう1本ヒットを打たれましたが、打たれたのはその回のみ。
相手投手は3人の継投で被安打4。ホームラン以外は単打のみ。それも7回のホームラン以降に8回1本、9回1本ですから、連打を許さない素晴らしい継投でした。

得点力がある両チームだから4〜5点勝負かな、と思ってたんだけど、まったく違ってものすごく引き締まった投手戦でした。

T京の応援でしたからドキドキでしたが、久しぶりにレベルの高い投手戦を見られてハッピーでした。
甲子園まであと2勝。
<修正>あと1チーム、OBがレギュラーを務めるチームが勝ち上がってました。(;^_^A ごめんよ〜。
その両チームでの決勝を願ってます。どっちも甲子園に行けないのがもどかしい。

IMG_0896.JPG
posted by かに at 22:23| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

何かが足りない

すぐそこまで来てるのに、高気圧に勝てず足踏みしちゃってる台風15号。
沖縄本島も今日、強風域に入ったみたいなんですが、ナゼか雨はほとんど降らず。

仕事の方はまだ芳しい結果は出ていませんが、ワンチャンスを生かせる様に頑張ってやっております。
おりますが、相手次第という仕事でもありますのでどうにもならんものはならんのです。(言い訳だ(;^_^A)

ともかく、仕事は一生懸命やっております。
あれこれとキレイな景色を撮ってますが、遊んでばっかりじゃないんですよ。念のためですが。

でね。
毎日素敵な場所、キレイな景色などを見ていますが、なんか足りない。
何かを欲してるんですよ、私の中の血が。

それはいったいなんだ。

って、やっぱ野球っしょ!

てな訳でこんな場所に行って来ました。


IMG_1188.jpg


IMG_1186.jpg

最初に着いた時はまだグランドには誰もいませんでした。



果たしてここはどこでしょう。




IMG_1184.jpg


はっきりと輝いている『全国制覇』の文字が見えますよね。

そう、沖縄で全国制覇した学校と言えばここしかないでしょう。


IMG_1183.jpg


昨年、春夏連覇を果たした『興南高校』です。
偶然にも私が泊まってるホテルから車で数分のところに興南高校があったんですよ。
こりゃあ行かない訳には行かないでしょう。

でもこのまま練習が始まるのを待つのももったいない。
その間に昨日行きそびれた首里城を見に行ってきました。
そこでももちろん写真は撮ったけど、それはまた後日ね。

で、首里城を一回りして、興南高校に戻ったのは17時過ぎ。
すでに練習は開始されてました。
車を降りるとすぐにグランドから大きな声が聞こえてきました。
うんうん、この熱気だよね。高校野球はこうでなきゃ。


IMG_1197.jpg


見ると、内外野に分かれてノックをしていました。
私が見入ったのは内野ノック。ケースノックをしてました。
もちろんグランド外から見てますから結構距離が離れてます。
遠くから見る限り、決して大きい選手が多いとは思いませんでしたが、みんな動きのキレが素晴らしい。
一つ一つのプレーのスピードに見とれちゃいました。
ちょっとミスってボールをこぼしても、拾いに行くスピードも速い。
ウチのシニアでも言われている「短い距離の全力疾走」ってヤツですね。

一つのボールに対して、全員がしっかりと意識を持って動いてるし、お互いのプレーに対して声も出てる。
ノックをしている監督(かな?遠くて判断出来なかった)の声は聞こえないけど、相手のちょっとした油断を突くすばやい守備と送球。
練習してなければ出来ないプレーだなって思いました。
こんなケースも想定してるんだなぁ。詳しくは書きませんが、ウチの選手が練習しても中学生の肩ではアウトに出来ないなって思いましたね。足腰をしっかり鍛え、体幹を鍛えた高校生だからこそ出来るプレー。
苦しい体勢でも素早く正確な送球出来る力があるんですよね。やっぱり力のあるチームのノックは見ていて楽しいですね。

結局1時間近く見学し、バッティング練習になったので撤収しました。

グランドの周囲では1年生なのかな、台風対策のためネットなどをロープで縛ってました。
そうした選手達、私の側を通るたびにしっかり挨拶してくれました。
うんうん。高校野球ってやっぱり気持ちいい。
短い時間でしたが、楽しい時間でした。
沖縄も現在秋季大会真っ最中。台風さえ来なかったらこの3連休は各地で試合が行われたんでしょう。
まぁ、試合の時間は仕事だからさすがに見学は出来ないけどね。残念ながら。

うーん、あの時間をああしてこうして・・・・・・・・・・やっぱり無理だ。


ちなみに今回の写真は全部iPhone。さすがの私もカメラを構えるのはどうかと思いましたのでね。
posted by かに at 23:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

アジアNo.1!!

神奈川で行われていたアジアAAA野球選手権。
甲子園球児を中心に蒼々たる選手が集まった高校野球の日本代表。
ここに甲子園未出場ながら注目の選手が入っている。

一人は東海大甲府の高橋周平選手。

そしてもう一人は慶應高校の谷田成吾選手。
言わずと知れたタクローの永遠のライバル。

甲子園球児と肩を並べてセイゴが頑張ってるとあってはぜひ応援に行きたかったけど、スケジュール的にどうしても都合が付かなかった。

ところが台風接近が幸いし、早めに試合をしようという事になり都合の良い時間に変更された。
こりゃあもう行くしかないでしょう。
同じく「その時間なら」と姉ちゃんも乗ってきて、早朝出発で横浜スタジアムに行って来た。

途中渋滞もあって到着したのは試合開始直前。

注目の高橋周平選手は3番ショート。

DPP_8865.jpg

そして我らがセイゴは7番ファーストでスタメン出場でした。

DPP_8866.jpg

先発は甲子園優勝投手 吉永健太郎投手。

DPP_8864.jpg

この日の吉永投手はすごいの一言。韓国代表を1安打1失点。
まったく危なげないピッチングだったから他の投手の出番は無し。
せっかくベンチには聖光の歳内投手、英明の松本投手、唐津商の北方投手、金沢の釜田投手、東洋大姫路の原投手と蒼々たるメンバーが揃ってたんだけどね。もちろん攻撃陣にもスゴイ選手がいっぱい。
これだけの投手が揃ってるのに、観客は少なかったなぁ。
平日にやってるし、報道が少ないからしょうがないけどさ。もっと注目されても良いよね。

監督は横浜の渡辺監督。コーチは聖光の斉藤監督と浦和学院の森監督。
サードコーチャーに斉藤監督が入ってるんだから贅沢だよ。

贅沢と言えば。。。
セイゴがランナーに出ている時、後続が倒れ3アウト。ベンチから控えの選手がセイゴのグローブと帽子を持って来た。
見ると背番号は4番。誰だろうとパンフレットを見てみたら・・・歳内投手でした(≧∇≦)

今年はセイゴの応援のために行ったんだけど、来年はそれを度外視しても行く価値あるかもなぁ。
ってどこでやるのかわからんけど。

なんにせよ。
スタンドから見ていてもセイゴがすっごく楽しそうなのが嬉しかった。
中学時代を共に過ごしたタクローは2度甲子園に出場し注目されたけど、セイゴは1度も甲子園に出られず。
大きな舞台と言えばこの春の関東大会くらいだったけど、最後の最後で良い経験が出来たんじゃないかな。
彼はきっとそのまま系列大学に進学することになるんだろうけど、その前にすごく良い経験をして良い刺激を受けたと思う。
セイゴの笑顔がたくさん見られて本当に嬉しかったよ。

DPP_8867.jpg
posted by かに at 17:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

魔物

タクローの高校野球が終わりました。

もう少し勝ち上がったら機会を作って甲子園に応援に行きたい。
そう思っていたんですが、それも叶わぬ夢となってしまいました。

私は残念ながら中継を見ることは出来なかったんですが、iPhoneを使ってリアルタイムで最終回の攻防は観戦していました。
一体何が起こってるのか、映像を見ていないから伝わって来ないどもかしさと怖さを感じていました。

「甲子園の魔物」

「夏にしかない甲子園の怖さ」

それは負けたら終わりという緊張感、甲子園という独特な舞台が作り出す空気、声だと思います。

佐賀北が優勝したあの夏。帝京が佐賀北と対戦した時も甲子園の魔物は現れた様に思います。

そして昨日の日大三高戦も。

私が生まれも育ちも関東の人間だからか、息子が東京の高校球児だったからか、分かりませんが、関東のチーム、特に東京のチームが戦っている時ってすごくアウェー感を感じるんですよね。
特にああいう誰もが見ていて興奮してしまうような展開になると。
あれだけの試合展開になれば、誰しもどちらかのチームに肩入れして観戦しちゃうと思います。

ものすごく偏った考え方かも知れないです。関西の方には先におわびしておきます。
なんか観客の多くは関東のチーム、特に東京のチームが好きじゃないのかなぁって感じちゃう。
特に出場回数が多い強豪チームほどそう感じます。
応援していたチームが負けたから余計にそんな風に感じちゃうんでしょうね。

私も判官びいきの人間で、強いもの、人気のあるものには反目してしまうタイプ。
神奈川育ちと言う事もあり、東京の強豪チームにはあまり好意は持っていませんでした。
今のシニアに関わらなければ、知り合いの子が帝京に入るなんてこともなかっただろうし、きっと帝京を応援しなかったでしょう。
しかしどんなチームであれ、知っている子が頑張って甲子園に出たとなれば応援しちゃいますよね。

プロでも大変な最終回のマウンド。
満塁弾を打たれた渡辺投手自身、「球場全体が向かってくる様に感じた」といったコメントをしていたと思います。

今でも語り草として伝えられる第88回大会での「帝京対智弁和歌山戦
あの時の甲子園にも魔物はいました。
テレビを通してでも伝わってくる感覚。
あの時のマウンドに我らが拳士も立っていました。
甲子園から帰った後、拳士に聞いた話では、サインを出した捕手の指があまりに震えていて、最初は何のサインか分からなかったほどだそうです。

きっと甲子園の常連校というのは、あの魔物が現れることを想定して日々の練習をしていることでしょう。
それでも飲まれてしまうほどの魔物の強さ。
この甲子園でもイヤと言うほど痛感させられました。
まだ甲子園の試合は続きます。今後、いったい何匹の魔物が現れるのか。

肩入れ出来るチームが減って来ちゃったんですが、その中でも好投手、好選手、好試合を見たいですから、残る試合を観戦していきたいと思います。
posted by かに at 14:25| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

一回り

夏の高校野球も全チームの初戦が終わりました。

予想していた通りの結果を出した高校。予想外の結果を出した高校。どちらもありました。

今日の4試合目は聖光学園対金沢という好投手同士の投げ合い。
が、エラーが結果に大きく影響を及ぼすという残念な内容でした。
聖光ほどのチームが1試合であれだけミスを重ねてしまうなんてそう無いことでしょう。
聖光の試合以外にもエラーが多く出た試合がちょこちょこあった気がします。
どのチームも守備はかなり鍛えられているはずなのに出てしまう。それが甲子園の怖さ、なんでしょうね。

今回の大会は好投手が多いと言われてますよね。
今日、聖光に勝った金沢の釜田投手。唐津商の北方投手。
九国の三好、関西の水原。開星のジャイアンこと白根投手も魅力的ですよね。
全員が全員プロってことはないでしょうが、先が楽しみな投手がいるのは見ていて楽しいですね。
タクローにもそんな投手達に負けない様頑張ってもらいたいです。

今大会、見ていてちょっと気になった点が一つ。
それは本塁への突入です。
明らかに間に合わない様な場面で、プロ野球ばりのタックルをする選手がずいぶんいるなぁって思ったんです。
ルール上どうこうって事ではありませんし、それだけ好返球する外野手がたくさんいるってことでなんしょう。
しかし私は個人的に見ていたあまりいい気持ちはしませんね。
さすがに足を上げてスライディングをするようなチームはいませんが(今回出てませんからね)、ああいうタックルも普段からの指導なんでしょうね。
個人的には「タッチをかいくぐる華麗なスライディング」っての好きなので、そういうプレーをするチームを応援したいです。

さあ、明日は帝京の2回戦があります。
1回戦ではコントロールがもうちょっとだったタクロー。
本来コントロールは良い方だったと思うんですが、甲子園の初戦ってやっぱり難しいですね。
明日は本来のピッチングを見せてもらって、投打共にらしさを出した試合にして欲しいです。
posted by かに at 00:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

おめでとうタクロー

タクローがやってくれました。

決勝戦で強打関東一高相手に1失点の完投勝利。

1年生の時以来の甲子園出場を決めました。

故障したり、怪我をしたり、フォームを崩したり、信頼していたコーチと別れたり。。。

色んな逆境がありました。

期待された投手だからこそ、厳しい声がたくさんタクローの耳にも入ったことでしょう。

たぶん今まで体験したことが無いほどの辛く厳しい日々がたくさんだったと思います。

しかしそれを乗り越えて、最後の夏に甲子園への出場権を勝ち取ることが出来ました。

閉会式後にタクロー母に挨拶に行ったら、後から後からウチと同じ代の父母がやって来た。

みんなタクローが好きだし、もう一度甲子園に行って欲しいって思ってるんだよな。

もう一度甲子園で輝いて欲しい。

甲子園の開幕も楽しみになってきたぞ〜。機会があれば応援に行きたいけどなぁ。日程次第かな。


IMG_0919.jpg
(流用されても困っちゃうので今回の写真は中央に透かしをいれました。漢字にしようと思ったんだけどあまりに格好悪いんで英語にしてみました。台風一過ってTyphoon passって言うんですね。初めて知りました)
posted by かに at 17:09| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

応援するよ

IMG_3569.jpg
いやー、なでしこJAPANやりましたねぇ。

さすがにライブでは見られませんでしたが、3時間遅れ位で録画したものをチェックしましたよ。
澤のゴールでは鳥肌が立ちました。勝利の瞬間は(数時間遅れですが)思わず万歳しちゃいましたよ。\(^∇^)/
素晴らしい勝利でした。

しかし私はサッカーファンではなく野球好きですからね。
喜びに浸る間もなく少年野球へ。

昼前には撤収して午後からは姉ちゃんと共にT京の応援に行って来ましたよ。

この日の先発は残念ながらタクローでは無かったけど、2番手投手が我がシニアのOBのY君でした。
彼はタクローのライバルでもあるKO高校の4番のY君の弟。
シニア時代は野手でしたが、地肩の強さを買われて投手として起用されたみたい。

姉ちゃんお目当てのタクローは3番ファースト。

試合開始には間に合わず、到着したのは2回の表。
2対2の同点でした。

着いてみたらいるわいるわ、知った顔がいっぱい。
そんな人達と近況を話しながら観戦していたら、T京打線が爆発してあっという間に突き放しちゃいました。

終わってみれば5回コールド勝ち。
最後のタイムリーはタクローの一打でした。

試合後には父兄だけでなく、選手達とも話が出来ました。
もちろんタクローともね。

投手として不調と言われるタクローだけど、本人は至って前向き。
わたしはタクローはやってくれると信じています。

次に観戦できるのはいつかなぁ。
次戦の相手の高校の4番もウチのシニア出身。
2年生なんだけどタクローとの対戦を楽しみにしてる。
私もOB同士の対戦は楽しみですからねぇ。
どちらが敗れてしまうのは良い気持ちではないけどさ。

ただ、心配なのは台風の行方。
今はまだ降ってないけど、明日の朝にはすでに降り出してるという予報。
大型で非常に強いって言うしね。
予定通りにはいかないかもなぁ。
posted by かに at 21:39| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

よし!

IMG_1614.jpg

後輩の応援に来たよ!
相手は創部2年目、この夏が初めてと言う3年生がいない部だから心配はしてなかった。
とは言え勝負事は何が起こるかわかんない。

しかも今日の先発はエースじゃなくシニアの後輩のW君。
ドキドキの試合開始でした。

が、そんな心配をよそに、後輩達は今日もやってくれました。
4番の満塁ホームランを含む12得点。

W君も初回こそ連打で2点取られたが、その後は変化球を低めに集めて連打を許さず。
5回コールドで勝利しました。

次の試合は優勝候補に名前が上がるほどの強豪校が相手。
会場は神宮球場。

最高の会場で最高の相手。
こんな試合をできる事をちょっと羨ましく思います。

全力で楽しんで欲しいな。
posted by かに at 16:07| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

後輩達おめでと!

本日、まーぼの出身野球部でも夏の大会の初戦を迎えました。

まーぼの頃も決して強いとは言えなかったけど、今年はそれにも増して厳しいと聞いていました。

それだけに今日の初戦、厳しい戦いになってしまうのでは、と思っていたんですが。。

一点差ではありますが勝利しました!!

後輩達は頑張りました。
すごく嬉しいです。

まーぼも試験中にも関わらず、応援に駆けつけました。
私は仕事のために行けませんでしたが、先ほど後輩母にお祝いの電話をしましたよ。
どうやら授業が午前中だけだった事もあり、多数の生徒が応援に来てくれて、席が足りなくなるほどだったのだとか。

そんな中で試合が出来、勝利出来て良かったなぁ。

次の試合は日曜日だから、今度は応援に行く事が出来るなぁ。
ウチの代で色々手伝ってくれた代だもんね。ちょっとはお礼にいかないとね。(^-^)

まーぼは ムリかなぁ。練習試合だけだから監督に許可もらうかな?
posted by かに at 18:27| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

表紙!

最新号の「報知高校野球」の表紙にKO高校のY君が載ったよ〜!

しかも表紙に!!!

もちろん表紙だけでなく中にも紹介記事が載ってる。

おまけにバッティングフォームの分解写真まで!!

入学以来、まだ甲子園に出場出来ていないY君だけど、今年の春は関東大会にも出場出来たしチームも上向いてるみたい。

個人的には石川僚レベルのイケメンだと思うから、全国デビューしたらきっとファンがいっぱい出来ちゃうだろうって思うんだよね。

ウチのシニアからも最近は神奈川の高校に進む選手が結構いて、横浜や桐蔭にもOBがいるんだよね。
でも彼らはまだ1、2年生だから、今年はY君のいるKO高校が甲子園出場を勝ち取って欲しいな。

でも勝負してもらえるかなぁ。
結構敬遠される事が多いって聞くんだよね。
そりゃああれだけのバッターだもんね。でもそれを乗り越えて活躍して欲しい。
決勝まで勝ち進んだら応援に行っちゃおうかな。
横浜スタジアムで甲子園出場を賭けた後輩を応援する。こんな楽しいこと無いよね。

頑張れ!Y君!!
posted by かに at 12:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

選手宣誓

宣誓。

私たちは16年前、阪神大震災の年に生まれました。

いま、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。

被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。

人は仲間に支えられ、大きな困難を乗りきることができると信じています。

私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。

「がんばろう!日本」。

生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。



平成23年3月23日
創志学園高等学校野球部 野山慎介主将


試合には負けてしまいましたが、素晴らしい選手宣誓でした。
素晴らしい16歳です。



かたや


渡辺恒雄 84歳

滝鼻卓雄 71歳

情けない。
posted by かに at 09:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

思い出の試合

ちょっと前に遡っちゃうんですが、慰労会での一コマ。

会のメインイベントとして3年生1人1人からの挨拶がありました。
と言っても別に形式的なものではなく、まさしくフリートークといった感じ。

それぞれ、野球のこと、勉強のことをアドリブで色々話していきました。
お祭り男のK君なんかは、1,2年生部員全員1人1人にメッセージを贈ってました。
「時間取りすぎ」ってツッコミが入りながらも、みんなケラケラと笑って聞いていました。

そして大トリはもちろんまーぼ。
彼は彼なりに色々言いたい言葉を用意してたんでしょうけどね。
でもこの場に立ったらすっかり飛んじゃったみたい。
言いたいことが多すぎて、でもどこから話して良いのかってなっちゃったんでしょう。彼にしてはまとまりが無い挨拶になっちゃってました。(;^_^A
でもこの辺はおしゃべりな私の血を引いてるなぁって思っちゃいましたね。

あれこれと話した中で一番伝わってきたのが「悔いを残さない様に」と言う言葉。
行ったり来たりしながら何度も何度も言っていました。
きっと彼の中に色々と悔いがある。
そんな思いを後輩にして欲しくないという気持ちからの言葉だったんでしょう。

そしてその話の中。
思い出に残る試合の話をいくつかしていました。

まーぼにとって一番思い出に残っている試合。
それは2年生の時の春季大会。ブロック決勝の試合でした。

相手は会場提供している私立校。
部員数はそれほど多くないけど、厳しい練習をしているすごく鍛えられたチーム。
勝てばブロック1位となり春季本大会に出場出来る。
試合は中盤に2点を奪って2点差のまま最終回に突入した。
ここで相手も意地を見せて連打が飛び出し1点奪われてしまう。
なおもランナーは残り一打同点、長打が出れば逆転の大ピンチ。
しかしここを踏ん張り、ぼてぼてのキャッチャーゴロに仕留めてゲームセット。

当時まーぼはレフトで出場。
今まででもあれほど緊張した試合は無いと振り返っていました。
確かに見ていた私も、のどから心臓が飛び出しそうなくらい緊張しましたからね。

そしてもう1試合。
自分達の代になり初めての公式戦。
秋季大会のブロック1回戦の事でした。
ランナーを2塁に置き、ライト前ヒットを打たれてしまう。
2塁ランナーは3塁を回ってホームに向かう。
ボールはライトからホームを守るまーぼの元へ。
タッチアウト!
この「守った!」という瞬間がすごく思い出に残ってるそうです。

夏季大会で負けてしまい、涙ながらに話していた言葉。
「後輩に良い経験をさせてやれなかった」
この日もあの時と同じような話をしていました。
この言葉は先程書いた様な心臓が飛び出る様な試合を、自分達の代で経験出来なかった悔しさから出た言葉なんでしょう。

「自分達が経験出来なかった」では無く、「後輩達に経験させてやれなかった」と言えるまーぼは、やっぱり成長したんだなと改めて思いました。

経験した試合数は少ないけれど、その中でしっかりと何かを見つけ言葉にすることが出来る。
そういう息子を誇らしく思います。

息子の野球についての記事はこれで当分無くなるとは思いますが、何か思い出話でも見つけて書きたいなぁって思ってます。
その時はまたお付き合い下さい。
posted by かに at 21:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

三年生送別試合

先日の土曜日、まーぼ野球部の三年生送別試合がありました。
先日のユニフォーム姿はその時のものです。ついつい嬉しくて撮っちゃったんです。(*^_^*)

本来、まーぼ野球部ではこの三送会を3月の卒業式直前にやって来たんです。
しかしその時期はまだまだ安心出来る状態になっていない一般受験組の生徒もいる。
野球部にとっても春季大会前の大事な時期。
と、言うことで今年から監督判断でこの8月終わりの時期に変更になったんです。

例年の三送試合ならちょっとぽっちゃりしちゃってちっとも動けなくなってしまった選手も多いんですが、今回は引退からまだ1ヶ月半ですからね。みんな思ったより動けてて予想以上にしっかりと野球が出来ちゃいました。

とは言え、1ヶ月半なにも運動をしていない選手もいますからね。
うちのまーぼもその一人。引退から1週間経った時に数q走ったのが最後。
その後は運動らしい運動をしてませんでしたからね。

そう言う訳で3年生は交代自由。ランナーで「全力疾走したから次の回は1イニング休み」なんて感じでした。
交代が自由だったらポジションも自由。
最初の3イニングこそ夏大のポジションだったけど(まーぼはキャッチャーだから夏大とは違うけど)その後はピッチャーも含めて入れ替わり立ち替わり。
でもこれがまたエラーもなければ四球もほとんど無し。
これが勝つってプレッシャーから解き放たれた野球なのかね。グランド上でもベンチでも実に楽しそうでした。

例年はコーチが3年生チームの監督をやっていたんですが、今回は男子マネージャーのT君が監督。
このT君。中等部では野球部に在籍。自信が無いからと高等部進学後に野球部に入ることはなかったんですが、監督からの誘いでマネージャーとして野球部に関わることに。
本来のマネージャー業の他に、元野球部ですからキャッチーボールの相手も出来るし、ノックの時のキャッチャーも出来る。
部員達にとっては同じ選手同様の感覚で一緒に過ごしていたんですよね。
そんな彼が監督ですから、そのことも自由でのびのびとした雰囲気に繋がったんでしょうね。

試合はと言えば「なんで今頃!」って言いたくなるほどの連打。
新チームのことを思えばちょっと心配にもなりますが、この日の主役は3年生だからと思って素直に喜びました。
まーぼも3打数2安打の活躍。しかも2本目のヒットは現役中には滅多に成功しなかったセーフティバント。
絶妙な場所に転がって1塁に楽々セーフ。
本当はホームランを狙って欲しかったんだけど、これもまたまーぼらしいのかな。

試合終盤には監督をしていたマネージャーのT君が代打で出場。
見事ヒットを放ってベンチも応援の父兄も大盛り上がり。
1塁ベース上のT君はちょっと気恥ずかしさを感じながらも笑顔いっぱいでとっても嬉しそうでした。

そしてそのT君。最後のイニング、2死ランナー無しの場面でマウンドに登りました。
彼がマウンドに登るのは、小中高と通じてこれが初めて。
最後にこういう場面を作るなんて、やっぱり彼は選手達から大事にされていたんだなと改めて感じました。
人数も少ないし、勝ちの経験も少ない弱小野球部だったけど、こうした仲間と過ごすことが出来たことは素晴らしい事だったと思います。

真剣な高校野球は涙で終わりましたが、まーぼの高校野球はこの日に笑顔で終わったのかな、そう思いました。

限られた時間ではありましたが、思う存分に打って走って、これからの英気を養ったんじゃないかなと思います。
勉強勉強の毎日でほとんど野球に関わることが無く夏を過ごしましたが、この日1日でその分を取り戻せたんじゃないかな。

もちろん私にとってもすごく楽しい1日でした。
posted by かに at 13:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

18番

初めての夏の甲子園。

どんな天気でもやっぱり夏の大会は良いですね。春とはひと味もふた味も違います。

明け方、バスが京都の辺りを通過する頃はものすごいどしゃ降りで、「こりゃあ無理だ」と思っていたんですが、大阪に着く頃にはほとんど降っていない状態でした。
第1試合の頃は時折雨がぱらついてたんですが、その後はすっかり上がって第2試合の頃には雲の間から青空が見えるほどになりました。

天気が回復するにつれ、徐々に暑さを増してきた甲子園。
そうなるとやっぱり欲しくなるんですよね。

甲子園名物のコレ
IMG_0015.JPG

春にはないですもんね。ちょっと嬉しかったです。

そうこうする内に第2試合も終わり、いよいよ天理の登場です。
自然と目が選手の背中を追っていました。
だってアルプスからじゃ遠くて顔まではっきりとは分からないんだもん。

そして発見しました。
背番号18番のS君です。
ボール回し、そしてシートノックで元気に走り回っていました。

IMG_1738.JPG

地方大会では背番号「20」
甲子園ではメンバー入り出来ないのではと思っていました。

メンバー決めの頃、キャプテン、副キャプテンが監督に呼ばれたそうです。

そして監督から「(甲子園メンバーに)Sは必要か?」と聞かれ、二人とも即答で「絶対に必要です。必ず入れて下さい」と言ってくれたんだそうです。

入学直前に肺気胸を患い、それが治ったと思ったら今度は練習中にボールがアゴに当たるアクシデント。
東京からたった一人で奈良に行き、ここまで辛いことがたくさんあっただろうけど、決して根を上げることなくやり通し、チームメイトから勝ち得た信頼があるからこそのメンバー入りだったんだと思います。

関西対決となった試合は残念ながら敗れてしまいました。
しかし数少ないチャンスに3塁ランナーコーチャーとして背番号18番のS君は思いっ切り腕を回していました。

打席に立つことは無かったけど、シートノックでグランドを走り回る姿、そしてランナーコーチャーとしての姿、しっかりと目に焼き付けました。

IMG_1802.JPG

これで同じシニア出身の3年生、すべての選手の高校野球が終わりました。
甲子園はまだ続いていますが、本当に高校野球が終わったな、って実感があります。

改めてまーぼに、そしてかつてのチームメイトにお疲れ様と言いたいです。

そして何より

「ありがとう」
posted by かに at 16:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

組み合わせ決定!

天理の組み合わせが決まりました。

大会6日目。第三試合。

対戦相手は同じ関西圏、大阪代表の履正社。

いきなり強豪じゃん!

幸い何も予定のない日なので、行くことに決めました。

ただ、お金がもったいないので、行きは深夜バスで行こうかと思ってます。
帰りはもちろん新幹線ですけどね。

残念ながら宿泊せず、日帰りになるでしょう。
時間の都合が合う方は甲子園のアルプススタンドで会いましょう。\(^O^)/
現時点で私だけでなく奥さんや娘も行く方向で検討中。
まーぼはまだ微妙。
これから決めるでしょう。

ってことで、もしかしたら、3年ぶりの家族総出の関西遠征ってことになるかもしれません。
posted by かに at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

続けたもん勝ち

じつはこのタイトル、2年前にまったく同じタイトルで書いたんですけどね。
この時期になると、本当にそれを強く痛感するんです。

2年前に書いた記事はこちら
良かったら読んで下さい。

でね、今回もその時と同じく「続けたもん勝ち」と思ったのは、以前書いた地元高校のエースの話からです。

そのエースが小学生時代。
彼はライバルチームの選手でした。
でもそのチームでは中心選手と言うことではなく、どちらかというとレギュラーか控えか、といった感じのボーダーライン上にいる選手でした。

中学時代は地元シニアへ。
こちらでは頑張って活躍していたみたいでしたが、いかんせんチームが弱かったため大きな大会とは縁はありませんでした。

そして地元高校へ。
でも入学当時から投手だった訳ではありません。
入学当時、2年後のエースとして考えられていたのは、彼と同じ少年野球時代からピッチャーだった子でした。

ライバルチームのピッチャーですからね。
まーぼにとっては当然ライバル。
低学年の頃からチームの勝ち負けを越えた勝負をしてきました。
さらに野球だけでなく、市内の小学6年生を対象にした体育祭でもソフトボール投げで勝負した間柄でした。
その時の優勝はその彼。まーぼはわずか5センチ差で敗れ、悔し涙を流していたことを今でも思い出します。

その彼。
入学からわずか半年足らずで監督との意見の相違が原因で野球部を辞めてしまったんです。
そしてそのまま部だけでなく学校も辞めてしまったそうです。

部員数の少ない地元高校。
唯一のエース候補が辞めてしまったため、その後ピッチャーとして指名されたのが、左腕で肩の強い現エース君でした。

当時は球はめっぽう速いけどコントロールがからっきし。
良い時はばったばった三振を奪うけど、ダメな時はフォアボール連発。
そういう状態だったそうです。

それでも彼が投手として使い続けられたのは、他に候補となる人材がいないから。
もし彼が人数がたくさんいる野球部にいたら、ピッチャーとして見いだされることはなかったかもしれません。
そして何より、元々のエース候補が辞めなければ、彼がピッチャーをやるチャンスはこなかったかもしれない。

そんなタイトロープな可能性を越えて3年になった彼は、県内でも屈指の好投手に成長しました。
大会では残念ながら2戦目で敗戦という結果になってしまいましたが、スタンドには1回戦、2回戦ともに多数のプロ野球スカウトが来ていて熱い視線を送っていたそうです。

まさしく「続けたもん勝ち」と言えると思います。
同じ市内の少年野球に関わるものとして、ぜひどこの球団でも良いからプロ入りして欲しいと思います。
posted by かに at 14:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

やった!!!

甲子園出場を決めた天理高校。
そのチームに所属するまーぼの親友のS君。

なんとメンバー入り確定! 背番号が貰えたそうです!!

一つ下の学年ながら、同じチームに所属する選手の父兄から一報をいただきました。

この方とは息子さんが中学生時代に我がシニアと練習試合をしたのがキッカケでお付き合いをするようになった。
息子さんも良い選手だし、同じチームから一緒に進学した選手もこれまた良い選手だし、そういった選手が果たしてどれだけ成長したのかもすごく興味がある。
本当は彼らとT京のタクローやKOのY君との対決なんかも楽しみだったんだけどね。

その後、奥さんの元に当のS君母からメールがあったので、もう間違いないでしょう。
兎にも角にも、息子の親友が甲子園の土を踏むとあってはじっとしてもいられないよなぁ。

posted by かに at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

唯一

ぼちぼち各都道府県で高校野球の代表が決まってきました。

先日、私が応援していた3チーム。
残念ながら2チームは敗れてしまいました。

特に東東京大会は甲子園をほぼ手中に収めていると言って良い状態からの大逆転ですからショックでした。試合の中継を見ていたら、スタメンで出ていた後輩が泣き崩れている姿が映っていました。とても悲しい映像でした。

埼玉大会では元チームメイトが準決勝でのまさか先発。
確かにシニア時代も投手と内野手兼任でしたが、最後の夏のここ一番の大勝負の試合に先発するとは思いませんでした。
試合は4割バッターが並ぶ優勝候補に終盤で逆転し、もう一息というところまで行ったんですが、残念ながら最後は横綱にうっちゃられるといった感じでした。

どちらのチームも最後の最後でエースが痛めてしまって本来の力を発揮出来なかったと言うところがあると思います。
この酷暑の中の連戦ですから、体を酷使していることは間違いないでしょう。
どちらの投手も気丈にマウンドに立ち続けましたが、痛々しくて見ている方も辛かったです。

そんな中、応援していた中で唯一、奈良大会でまーぼの親友が所属するチームが優勝しました。
そう、天理高校です。
しかもメンバーとしてベンチ入り。
中継が見られないから試合に出ていたかは分からないけど、見に行っている彼の母から「息子の首に金メダルが掛かってる」って喜びのメールが来ただけでグッと来るものがありました。


息子世代にとって最後の夏ですからね。
応援していたチームはいっぱいありました。

北海道ではつーさんの息子さんのチームが惜しくも決勝で敗れてしまった。
でもその戦い振りは本当に興奮でした。
東東京ではまーぼ野球部だけでなく、元チームメイトや友達のチームが次々と敗れていってしまいました。
帝京のまさかの敗退もありました。

それ以外にも埼玉や千葉、茨城や群馬、それからそれから・・もう、全国色々なところにいる知り合いの息子さんをパソコンの前ですがずっと応援して来ました。

そんな中、遠き狭き門をくぐり、夢の舞台に進むことになったのは天理だけです。

こうなったらもう全力で天理を応援します。

出来れば甲子園に応援に行きたいなぁ。
うーん、行きたいぞ。行きたい〜ったら!
posted by かに at 01:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

もろかぶり

高校野球予選もいよいよ佳境に入ってきました。

ここに来て、知り合いの出ている試合が思いっ切り被りまくり。

東東京では少年野球時代の一つ下の後輩が決勝線に臨む。
2年生ながら強豪チームでレギュラーを張っている。
東東京ではT京がまさかの敗退をしちゃってるんで、このチームを全面的に応援してます。
試合開始時間は11時。

埼玉大会ではシニア時代のチームメイトが準決勝に臨む。
今日の相手は優勝候補チーム。
ここを乗り越えられれば優勝に大きく前進するでしょう。
試合開始時間は10時。

そして奈良大会ではシニア時代にまーぼと一番仲が良かったチームメイトのチームが準決勝に臨む。
県内屈指の強豪チームですから、きっと勝ち進んでくれると信じています。
あとは友達が出場してくれれば言うこと無し。なんですけどね。
試合開始時間は11時20分。

これだけかぶっちゃうとどこに応援に行ったら良いやら。
って奈良にはさすがに行けませんけど。

と言う訳で、テレビ&ネットを駆使してぜーんぶ応援しちゃうぞ!!
posted by かに at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

あと1勝‼

何年も前からコメントを通してお付き合いのある北のコメンテーター、つーさん。
そのつーさんの息子さんが所属する野球部が決勝に進出。
夢の舞台まであと1勝となりました。
遠くて中継を見る事も出来ないけど、とにかく全力で念を送ります。
ガンバレ!
posted by かに at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

勝者の涙

先日、地元高校と隣の市の高校の試合を見に行きました。

じつはこの両校にはそれぞれ少年野球時代のチームメイトがいるんです。

今年の春に練習試合をしている地元高校。(その時の様子はこちら
このチームには少年野球時代の4番S君が在籍。他にも中学時代の親友が捕手、少年野球時代のライバルチーム選手がエースとして在籍しています。

一方の隣の市の高校。(以下隣市高校)
こちらには主将で捕手が少年野球時代の5番打者A君が在籍。
他にもかつてのライバルが数人在籍。

両チーム合わせたら約半数が知っている選手という、まさに地元対決なんです。

組み合わせが発表された時、「なんでよりによってこの対決なの?」と思ったものです。

S君とA君。
どちらも私にとっては可愛い教え子ですし、まーぼの友達ですから、どちらか一方を応援することは出来ない。
どちかのチームの勝利を願うことも出来ない。
そんな複雑な気持ちでした。

グランドに到着したのは試合開始直後。
通常なら応援する側のスタンドに向かうんですが、今回はどちらの応援も出来ないので(雨も降っていたし)屋根があるバックスタンドに座りました。

下馬評では隣市高校が有利との評判。
春季大会でも結果を出して、Dシードにもなっていましたからね。
しかしそれでも結果がどうなるか分からないのが高校野球。
両チームともかなりの好投手を擁しているだけに、投手戦になるだろうと思っていました。

ところが初回、いきなり試合が動きました。
表の攻撃は隣市高校。
先頭打者が2塁打で出塁。ノーアウト2塁といきなり大チャンス。
が、送りバント失敗などがあり無得点。

一方、裏の地元高校の攻撃。
四球で出た2人を置いて5番のS君。
甘く入ったストレートを右中間にはじき返して2点タイムリー。

その後、3回に隣市高校が得点して2対1
その裏に地元高校が得点して3対1
終盤7回に隣市高校が得点して3対2

息詰まる展開で最終回を迎えました。
先頭打者がヒットで出塁するも、送りバント後、後続が倒れて2アウトになりました。
地元高校のエースはプロも注目の左腕。
1球1球声を上げながら気合いの入った球を投げ込んでいました。
そしてその気持ちが勝りました。
セカンドゴロに仕留め、転送されたボールをファーストのS君が掴んでゲームセット。

私はカメラでS君を追っていたんですが、整列に向かうS君は涙を流していました。
素晴らしい投手を抱えながら公式戦ではなかなか勝てずにいた地元高校。
初戦の相手がかつてのチームメイトがいるシード校とあって色々な思いがあったんだと思います。

整列後、S君とA君はがっしりと抱き合っていました。
この時どんな会話があったのか、それは分かりません。
2人とも気持ちの優しい子ですから、試合までの間には色々な思いがあったことでしょう。

私は出来るならこんな場面を見たくはなかった。
まーぼ野球部と地元高校の練習試合の時、メンバー表交換でまーぼとS君はニヤニヤしてじつに楽しそうでした。
でもそれは練習試合だからこそ。
公式戦となればそうはいかない。当然ながら勝者と敗者が生まれる。
どちらの高校にも勝って欲しかったし、どちらの高校にも負けて欲しくなかった。

その中で救いだったのが勝ったS君の涙でした。
こうなったらA君の思いも乗せて、地元高校には一つでも上を目指して欲しいです。
posted by かに at 10:57| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

最後の挨拶

試合終了後、父兄、応援団、チアガール、OB、その他大勢の方達を前に、まーぼが主将として挨拶をしました。


本日はたくさんの応援ありがとうございました。

勝ちたかったんですが、このような結果になってしまいました。
でも、僕たちは精一杯戦いました。

応援してくれた応援団のみんな、チアのみんな、OBの方々、同級生のみんな、父兄の方々、暖かい応援をどうもありがとうございました。

本当は笑顔で皆さんに挨拶をしようって、胸を張って挨拶をしようって思ってたんですけど、色んな人に声を掛けてもらって、泣かされちゃって・・・(しばし号泣)

一つ上の先輩は夏の大会で2勝して◎△高校戦を僕たちに経験させてくれました。
だけど僕たちは後輩達のために良い経験をさせてやることが出来ませんでした。

でもきっと今後、後輩達がシードを破るような試合をしてくれると信じています。

これからも◎◎高校野球部の応援をよろしくお願いします。




いつかは負ける日が来ると思っていましたから、試合終了の瞬間も涙は出ませんでした。
しかし、目の前で号泣しているまーぼを見ていたら、私も涙が流れてしまいました。
ふと気付くと結構多くの方がもらい泣きをしていたみたいでした。

親バカ承知ですが、最後に本当に素晴らしい挨拶をしてくれました。
辛いこともいっぱいあったけど、最後に主将として立派にその責を果たしたと思います。本当に重い重い責任、重責を果たしたと思います。

この学校を選んだ時。

「3年生になる時には俺はこのチームの主将になりチームの中心選手として活躍する」

そう誓っていました。
そしてその通り、主将となり最後の大会でクリーンナップを打たせてもらうことも出来ました。
本当に彼はよく頑張りました。
軟弱でいい加減なオヤジの血を見事はねのけて、立派に高校野球を全うしてくれました。

今後、新たな目標に向かってその力を注いでいくことでしょう。
不器用だけどきっと一歩一歩その目標に向かって前進していくことが出来ると思います。
高校野球は終わっちゃったけど、そんな息子の姿をこれからも見続けて行こうと思います。
posted by かに at 00:47| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

1164

まーぼの高校野球が終わりました。

まーぼを含め、家族全員まだ実感が湧きません。
リビングにはいつものようにまーぼの野球バッグが置いてあります。
自分の部屋があるのに、いつもまーぼはリビングにバッグを置いていました。
オフの日はこの様に一日中リビングの隅にバッグが置かれています。
なんか今日もそんな感じがしちゃうんです。
今日はオフ。明日にはまたこの重いバッグを担いで練習に行く。
そんな感じがしちゃうんです。

でも、違うんですよね。
一日、一日と経つごとに「本当に引退したんだ」って実感が湧くんでしょうね。

昨日の試合、負けはしましたが、精一杯出来たと思います。
悔しいことですが、現状の力がそこまでだったということだと思います。
怪我人がいました。打撃でスランプを脱しきれない選手もいました。
それもこれも含めて今のチームの戦力だし、それを含めての結果だと思っています。

最終回、打順は3番からでした。
まーぼは5番。前2人が倒れればまーぼが最後の打者になる可能性もありました。
先頭打者は倒れましたが、続く4番が四球で出塁。
さらに牽制悪送球で2塁まで進み、1死2塁という場面になりました。

この打席、初球から全力で振っていき、ファールで追い込まれた後、最後の1球がセンター方向に飛びました。
そしてセンター前にポトリと落ちるヒット。
1塁ベースに到達したまーぼは天高く指を突き立てていました。
まーぼがこんなポーズをしたのは初めての事でした。

そしてその直後に更なるヒットが出て、1点を返しましたが、それ以上続くことなくゲームセットとなりました。

あの瞬間、まーぼは「とにかく繋げたことが嬉しかった」と思ったそうです。
思えば中学時代、大阪で行われた全国選抜大会の時。
1度だけ打席に立ったまーぼは同じようにセンターに打球を飛ばしました。
しかしその時は相手センターの好プレーでこれを捕球されヒットにはならず。
悔しい思いをしましたが、あれから3年経って同じように最後の打席でセンター前に飛んだことは何か感慨深いモノがあります。
詰まってるし決して会心の当たりではなかったけど、思いっ切り振り抜いた結果のポテンですから、まーぼらしいのかなと思いました。
5番打者ですから、外野手が少し後ろに下がっていたからと言うこともあると思います。
ですが、今まで頑張ったからこそ、この打順に座ることが出来たのですから、この打席のヒットがまーぼの集大成といっても過言ではないと思います。

試合終了後、挨拶を終え、泣き崩れているチームメイトをまーぼは笑顔で抱きかかえていました。
次の試合もあるから早くベンチを空けなくてはいけない。
まーぼは何人ものチームメイトに笑顔で声を掛けながら、グランドから去っていきました。

グランドでは一切涙を見せず笑顔を見せていたまーぼでしたが、ベンチを出て久しぶりに再会した多くの先輩達から声を掛けてもらい、ついに涙を流してしまいました。
まーぼなりに主将として精一杯張り詰めていたんだなと実感させられた場面でした。


これまで多くの方に支えられ、台風一過を続けてきました。
当初は今で言うツイッターのような、たわいもないことをダラダラと書いているブログでしたが、少年野球のブログと変化していき、まーぼの中学野球、そして高校野球と書き続けてきました。

そしてそのまーぼがついに引退の時を迎え、このブログも一つの転換期となります。
柱となるまーぼの活躍がお伝え出来なくなる訳ですから、当然内容も変遷していく事になると思います。

ですが、これからも台風一過は続けていきます。
まーぼの事も可能な範囲で書いていきます。
長く読んで頂いてる方は、野球選手としてのまーぼではなく、一高校生のまーぼを楽しんでくれていると思っていますから。

今までまーぼの事、まーぼ野球部のことを応援して下さった皆さん。
本当にありがとうございました。
そしてこれからも、ただの高校生、まーぼの事を応援してやって下さい。
よろしくお願いします。m(_ _)m

タイトルにある1164という数字。
これはこの試合で私が撮影した写真の数です。
義妹からカメラを借り、職場のカメラマンからレンズを借り、万全な体勢で試合に臨み、実に1000を越える回数のシャッターを切っていました。
最後に、その中からまーぼのトレードマークである全力疾走。そして最後のガッツポーズの写真を見てもらいたいと思います。

ありがとうございました。

IMG_4873.JPG


IMG_5217.JPG
posted by かに at 09:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

打破

先週の土曜日。

開会式の後、学校に戻ってまーぼ野球部の壮行会が行われました。
こうした壮行会に参加するのも3度目。
ついに最後の壮行会に参加する日となっちゃいました。

でもそうしたセンチメンタルな気持ちなんて当然選手は持ち合わせてない。(^^
じつに楽しく和気藹々と過ごすことが出来ました。

会の途中にはマネージャーが録ってきてくれた先生からのメッセージが流されました。
どの先生も笑顔で応援してくれてました。
すごく暖かい気持ちになりました。

さらに3年生全員にマネージャーからユニフォームを模ったマスコット(?)をもらいました。
背中にはそれぞれの名前入り。

そして親からは去年に引き続き鶴文字が送られました。
今年の言葉は『打破』

IMG_8570.JPG

敵を打ち破るってこともはもちろんのこと。今までの自分を打ち破る。チームとして敗れなかったベスト16の壁を打ち破る、などたくさんの意味を込められています。

そして会の最後には選手1人1人からの決意表明がありました。
ウチの学校は幸か不幸かそれほど部員数が多くありませんから、1年生から3年生まで全員が大会に向けての決意を語ります。

1年生は一生懸命声を張り上げて応援すると、2年生は3年生をバックアップする、と言った感じの言葉があり、最後に3年生の番になりました。

それぞれが(誰かのマネをしたりと言ったことなく)自分の言葉で決意を強く語ってくれました。
そして最後にキャプテンであるまーぼ。
まずは会を開いてくれたことをきちんとお礼し、さらにこう続けました。

「3年生の中には今、怪我をしている選手もいます。ですが、その選手が戻ってきて全員で戦えるその日まで、僕たちは勝ち続けたいと思っています。」

じつに力強い言葉でした。

この気持ちを忘れずに、最後の試合終了のその瞬間まで戦い抜いて欲しいと思います。

ちなみに私、普段使いしている靴も高校のカラーに合わせた仕様にモデルチェンジ(靴紐変えただけですけど)しちゃいました(^_^)v
IMG_0296.JPG
posted by かに at 12:01| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ToyCamera.jpg
(ToyCamera/OldCamera of iPhone)

いよいよ明日(日付が変わってるから今日か)、最後の大会が始まります。

神宮球場に立つ背番号『9』

しっかり見届けてこようと思います。
posted by かに at 02:41| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

夏の大会を前にして思う

もう少しでまーぼの最後の夏が始まります。
知り合いから聞いてはいましたが、高校野球生活って本当にあっという間に過ぎ去ります。
早い早いと聞いてはいても、まさか本当にこんなに早く感じるとは思ってもいませんでした。

最後の夏を前にして、高校野球への思いも息子が小学生時代とは少し変わりました。
息子が高校生になると、多くの方から「甲子園」という枕詞付きで応援されます。
日本国中、多くの方が、それこそ野球に関わっていようといまいと、夏の甲子園のあの感動を知っていますから当然です。

でも、実際に高校球児の親になってみると、何かちょっと違いました。
まぁ、ウチの高校がそれほど強いところではないからではあるかもしれないけど。

「高校野球の華は甲子園ではなく地方予選だ」

って思う様になりました。
毎年毎年ですから、世の中に甲子園球児出身って人はたくさんいます。
でも、その年に甲子園に行けるのは地域で1校。
ウチの高校が出場する東東京大会で言えば144校の中の1校です。
そしてその学校の中でも甲子園の土を踏めるのはたった18人。

だからこそ夢に思うんでしょうけど、大多数の球児は夢破れて涙を流す。
1回戦で負けても4回戦で負けても、例え決勝戦で負けたって負けは負け。
どこで負けたって悔いは残るんだと思います。甲子園に行けないんだから。
東東京大会の143校の悔しさ、涙、想いが詰まっている地方大会。
それこそがやっぱり高校野球の華であり、メインだと思うんです。
そういう想いを背負ってるからこそ、甲子園には意味がある。
要は甲子園って地方大会ありきの話だと思うんです。


もちろんこれは、決して強豪とは言えない学校に進んだ息子を持つ私だからこその考え方かもしれないです。息子さんが強豪校で甲子園を目指してるって親御さんには賛同してもらえないかも知れません。


昨年、今年、我がシニアは全国大会を逃しています。
全国大会に言っても十分戦えるくらいの戦力があると思ってはいましたが、結果は出場することは出来なかった。
夏の全国大会ってそういうもんだと思うんです。
戦力があるから勝てる、強いチームが勝つ、そういうことではないんだと思います。
勝ったチームが強かった。そこにはもちろん戦力の裏付けもあるでしょうが、運や勢いやその他諸々の必然があって初めてたどり着くんだと思うんです。


もちろんまーぼだって甲子園を夢見て高校野球生活を送ってきました。
他の高校球児と同じくね。
そういう思いを持っている選手達がぶつかるからこそ、夏の地方予選は面白いんだと思います。

毎年甲子園を見ていますが、決して甲子園に出ている高校すべてが素晴らしい、代表に値するくらい良い野球をしている、憧れる存在か、と言われるとそうではないです。
例えウチのシニアの力を持った選手で、そこで十分通用するって選手だとしても、行って欲しくないって思っちゃう甲子園常連校もあります。

逆に「甲子園には届かなくてもあの学校は素晴らしい」「知り合いの中学生に勧めたい」って学校もたくさんあります。

高校野球に夢を持っている中学生達ですからね。
どうしても「少しでも甲子園に近い高校」って思いを持つのは当然です。
でも息子が高校野球生活が終盤に差し掛かっているという今だからこそ感じられた思いってあるんです。
そうした思いをちょっとでも中学生の父兄に伝えられたらなと思います。

なんか話が散漫になっちゃいました。
昨日の日記にしてもそうですけどね、この時期になるとやっぱり親としても、少年野球のコーチとしても、中学野球チーム関係者としても、色々なことを思ってしまうんですよね。

まぁ、そういう人間の戯れ言です。さらっと聞き流しちゃって下さいませ。
posted by かに at 01:27| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ラスト 2

この週末、まーぼにとって高校野球生活、最後の練習試合が行われました。

金曜日に1試合。日曜日に2試合。

日曜日は朝型は雨がぱらっと降ったりして、ちょっと不安もありましたがなんとか無事に終了することが出来ました。

金曜日の試合。
平日の放課後と言うこともあり、近隣の都立校との対戦だったんですが、じつはこの高校にはシニア時代のチームメイトが通っているんです。
もちろん彼も野球部所属。
しかし決定的に違うのが、この高校の野球部はべらぼうに部員数が多いと言う事。

都立で、しかも部活動にかなり力を入れていると言うこともあり、結構人気なんですよね。
それこそウチの部員総数とあちらの一学年とが同じくらいです。
単純計算で部員数は3倍ですよね。

そんな部で彼は秋、春とベンチ入りし、自慢の足で頑張ってきたんですが、最後の夏、彼はベンチ入りをすることが出来なくなってしまいました。

とても残念なことですが、それも野球の厳しさ。
少年野球でも、中学野球でも、そして高校野球でもこの厳しさは変わりませんからね。

でももっと残念だったのが、その学校のメンバー外の立場。
当然メンバー外ですからどんなに頑張って練習しても、チームの勝敗に関われる訳ではない。
都立校ですからグランドは持っていますが、決して広大な敷地な訳ではない。
駅から歩いて数分という立地にある学校ですしね。

さきほど書いた通り、この高校の野球部は部員数がべらぼうに多い。
しかも当然ながら校庭はすべて野球部のモノって訳ではない。

メインのグランドを使うのはメンバー。1、2年生はそのサポートや周辺での自主練。
必然的にメンバー外が練習をする場所なんてないんですね。

だからなのか、分かりませんが、メンバー外となった選手は部活動に出ても出なくてもいいという状態の様なんです。
練習時のランナーなどをメンバー外にやらせりゃいいじゃんって思ったりするんですが、まぁ、その学校それぞれのやり方がありますしね。

で、まーぼが練習試合に行ったその日。
友人は何をしていたかというと・・・・・・・・帰っちゃってました。┓(´_`)┏

元々、そういうさっぱりとしたというか、変わったヤツと言うか・・でしたからねぇ。
一方は弱小校とは言えスタメンで主将、彼は強豪都立とは言えメンバー外。色々思うところはあるのかも知れないですけどね。

私も彼に会うのをちょっと楽しみにしてたんだけど残念です。
それはまーぼも同じだったようです。

試合後、相手チームの選手と話をし、友人の所在を聞き、どうやら帰ったらしいということを知ると、「◎◎高校の△△と言います。□□君によろしく伝えて下さい」と伝言までお願いしたそうです。

息子がそんな普通の気遣いが出来る様になったってことが、ちょっと嬉しかったです。
彼の分もまーぼには試合を楽しんで、思い切ってやって欲しい、改めて思っちゃいました。
posted by かに at 10:14| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

球場練習

先日、まーぼ野球部は我が家からほど近い市営球場を使って球場練習を行 いました。

夏の大会、一回戦の試合会場は天然芝の球場。
今回使用した球場もまさしく同じく天然芝の球場なので良い練習になった でしょう。

去年もこの時期に球場練習を行った。
言ってみればこの時期の定番練習と言えるでしょう。
この練習を行う時期になった、と言う風に言えるでしょうね。

この日は外野からのバックサードやバックホームに多くの時間を割いた。
俺も仕事があるから最後まで見ることは出来なかったんだけど、帰り際に
はナイター照明も付けてやっていた。
その頃から雨が降ったり止んだりだったけど大丈夫だったかな。

充実した練習が出来てたらいいんだけどな。

この球場練習、今月中にあと二回予定されてる。
せっかくだから残る二回も雨に遮られる事なく実施出来るといいな。
posted by かに at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

組み合わせが決まる

まーぼにとって最後の大会の抽選会が土曜日に行われました。

もちろんまーぼはキャプテンとして抽選会に出席。
まーぼがキャプテンになった時、行くと決めていた3度の抽選会。
そのすべてに行くことが出来ました。

今回は春にまさかの初戦敗退をした帝京高校も1回戦からの参加。
どうせならそこを引き当ててこいと願ってましたが、残念ながらそれは叶わず。

クジの結果、対戦するのはこれまで練習試合をしたことがある近隣の高校。
こちらも相手のことを知ってるけど、相手もまーぼチームの事をよく知ってる。
そういう意味ではイーブンな相手と言えるでしょう。

負ければ絶対悔しいし悔いは残る。それが1回戦であれ、決勝であれ。
試合とは勝負です。結果は勝つか、負けるか、そのどちらかしかない。
でもどちらかなら、ぜひ勝って欲しい。
自分のため、チームのため、出来ることを精一杯やって欲しい。

まずは初戦。万全な状態でその日を迎えられる様に。
それだけをまず願っています。
posted by かに at 23:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

最後の一枚

まーぼが高校野球生活最後の予定表をもらって来ました。

まーぼにとっても、私達親にとっても、本当に残りわずかとなりました。

今月いっぱい練習試合があり、来月早々には最後の大会が始まります。

あれこれヤキモキするから、早く終わってスッキリしちゃいたいって気持ちもあったり。
その時が早く来て欲しい様な、欲しくない様な。。。

これからは大会に向けて、まーぼの結果や練習試合の様子や勝敗をネタにすることはしないことにしました。
ちょっと調べればまーぼの学校がどこかなんてすぐ分かっちゃうし、これを読んでる人ならかなりの数の方がすでに知ってるでしょうしね。
まぁ、それで大会の勝ち負けが決まる訳じゃないし、それほど気を使うこともないんですが、余計なマイナス要素は作りたくないのでね。
ほかにも色々書きますのでご理解下さいませ。m(_ _)m
posted by かに at 01:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

今週も群馬

この週末、まーぼは例によって群馬県に遠征でした。
いやーこれで何度目の群馬だろうなぁ。(^_^;)
しかも今回は相手校の合宿所に泊まらせてもらうと言う形でした。

土曜日、中間試験最終日ということで、午前中早い時間に学校を出発。
夕方までみっちり大学グランドで練習し、晩飯の弁当を食べた後、相手校に移動。
先方では風呂に入って寝るだけという状態だったそうです。

実はこの学校、大正時代に開校している歴史ある学校。
それだけに夜を過ごした合宿所では色々あった様で・・・・(^_^;)
ただそれは後日、改めて書かせてもらいます。

じつはこの遠征、私は見に行きませんでした。
遠征先までは片道130km近く。もうそりゃあ思い切り遠い。
それでもみっちり2試合見られるならいいんですが、日曜日はあいにくの空模様。
朝の時点では降ってませんでしたが、雨が降り出すのは時間の問題。
確実に大雨になるって分かってましたからね。
1試合見られるかどうか、という状態で片道130kmはねぇ。
朝の天気図を見た時点で挫折してしまいました。

帰宅したまーぼによれば、1試合は(降ってたけど)普通に出来た。
2試合目は途中でどうにもならないくらい大雨になり、7回くらいで終了になったようです。
結果は1勝1敗。
1試合目はいつも通りライトで出場。
2試合目が無いかもって想定であれこれ選手を替えながらも勝利。
でも2試合目は登板した投手がことごとく制球難で、マスクをかぶったまーぼは相当苦労したみたい。
まぁでも1試合目に勝ってるからね。ずいぶん気分は違うでしょう。

試験休み明けでどうなるかと思ったけど、まーぼの様子からすればそれほどヒドイ遠征じゃなかったのかな。
なんだかんだ、自主練期間中も部員と一緒に体は動かしていたみたいだしね。

このあともしばらくオフは無し。
次の週末には土日共に練習試合が組まれてます。
今度はそれほど遠くないし、見に行くつもり。
DVDのための写真もバリエーションを増やしたいしね。
それとも平日の練習も見に行っちゃおうかな。
posted by かに at 10:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

勧誘ポスター

今日はネタにしようと思いつつすっかり忘れちゃってた話を書こうと思います。
ちょっと古い話になっちゃうんだけどね。

先月初め頃、まーぼ野球部でも新入部員勧誘のポスターを作成しました。

当初、マネージャーがお手製のポスターを作ってくれたんだけど、どうもその出来が今ひとつ不満だったみたい。
エグザイルや嵐の顔の部分を部員にしたりしたヤツだったんだけどね。(^^♪

俺は個人的にマネージャーの気持ちがこもってるから良いんじゃない?って思ったんだけど、まーぼはもっとスッキリとしたカッコイイのが良かったんだろうね。

急遽自分で作るって言い出しました。

と、言ってもヤツがやるのは写真を選んでレイアウトを考えるだけ。

写真の提供はもちろん俺だし、デザインをしてポスターとして仕上げるのは奥さんの仕事。
まぁ、言ってみれば家族の共同作業ってところかな。
と言っても、しょせんはまーぼのアイディアですからね。地味っちゃあ地味かな。
でもなんたって写真が良いからね。(^_^)v

poster.jpg

そのおかげか、どうか分からないけど、今年は去年を上回る部員が入ってくれた。
しかもマネージャー希望が6人も。
部員はもちろんもうバリバリ頑張ってる。
この間の遠征でも結構出番があったしね。

マネージャーの方は移動車や宿舎の関係で遠征には帯同せず。
これから夏に向けて本格的に活動してくれることになるでしょう。
2年生にマネージャーがいないだけにすごく助かるよね。

poster09.jpg

ちなみに上のヤツはデザインもレイアウトも全部(写真は俺ね)奥さんが作ったポスター。去年の作品です。
明らかに去年の方がカッコイイよね。(^^♪
posted by かに at 19:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

えがお

まーぼが遠征から帰ってきました。

この遠征、勝ちより負けの方が多く、決して望ましい試合が出来たとは言えない。
負けるべくして負けたという試合もあった。

でもそれも今の息子チームの力。
受け入れるしかない。

そんな中、見られた息子の笑顔。

私はそれで十分です。(^^♪
posted by かに at 08:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

堪能

今日は先日予告した通り、まーぼの練習試合を見に行ってきました。

寒くなったり雨が降ったり、かと思えばカラッと晴れて日焼けするほどだったり・・・。
なんだか複雑な一日でしたが、そんなこととは関係無しにまーぼのプレーをたっぷりと堪能してきました。(*^_^*)

この日は埼玉の高校との三つ巴戦。
1試合目は初回から4番のホームランが飛び出す気持ちの良い展開。
その後もコツコツと点を加えていって、(練習試合なのに)コールド勝ち。
二桁得点の圧勝だったんだけど、まーぼだけ乗り遅れ。
6番ライトでの出場だったんだけど、全タコでした。残念(^_^;)

だけどその分、2試合目にはちゃんと仕事をしました。
最初の打席は左中間にツーベースヒット。その後後続が打ったタイムリーで先制の踏みました。
2打席目には右中間にスリーベースヒット。この時も後続のおかげでホームイン。

その後は出塁しませんでしたが、久しぶりに走り回るまーぼを見て嬉しかったですね。

さっき帰宅したまーぼと話をしたら、1試合目の後、ちょっとフォームをいじって手応えを感じた状態での2試合目だったようです。

見に行っていない間は(見に行かないことが悔しくなるから)あまり試合の様子やバッティングの事は聞かなかったんですが、今回は心置きなく話そうと思います。
ビデオも録ってるしね。

せっかくのゴールデンウィーク。高校球児の父を堪能しちゃおうと思います。

posted by かに at 22:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

高尾山!!

昨日は写真の説明もなにもしなかったんですが、まーぼの練習試合の見学で高尾山の近くまで行って来たんですよ。

高尾山の近くってどうなのよ!って思いはしましたが、行って来ましたよ。

でも実際に行ってみると案外スムーズ。
家の近くから高速使ったんだけど、まったく渋滞もなくあっさりと1時間くらいで着いちゃいました。
イメージでためらった割りにアッサリでした。
まだ桜が満開で、風が吹くとグランドに桜吹雪が待ってキレイでしたよ。

で、試合はと言えば、この日はエースが登板せず控え投手中心の投手起用。
先発は3年生のYM君。3回を無失点に抑えて次の投手へ。

そしてその引き継いだのが1年生投手。
まだどんな子なのか、ほとんど知らないんですが、1年生の割りにはがっしりとした立派な下半身の持ち主。
伸びのあるストレートとブレーキの利いたカーブを武器に2イニングを無失点で切り抜けた。
初っぱなに高めのストレートを左中間に打たれていきなりランナーを2塁に背負ったけど、そのあとをストレートをバンバン使って連打を許さず。
まだストレートが高めに抜けることが多かったけど、それでも四球で崩れることもなく無失点だったのは立派です。

つづいて登板したのがウチのシニアから入った後輩投手のW君。
持ち前のコントロールは今ひとつでしたが、低めをついた投球でこれまた無失点で切り抜ける。
1年生投手二人ともなかなかのピッチングで頼もしかったですね。

それに対して2年生の左腕のI君と3年生サイドスローのJ君は四球でどんどんランナーを溜めてしまい大量失点。
コツコツと取った4点のビハインドをあっさりと吐き出してしまい、おまけに逆転までされてしまった。
素人目にも今後の登板にすごく影響しちゃうんじゃないかって思っちゃいましたね。

試合後、奥さんから頼まれていたお土産を探すために高尾山入り口まで足を伸ばしてみました。
リクエストされていたのは陶器で出来た鳩笛。押さえる場所によってぴろぴろ〜って音がするアレです。
店内探しても見付からないから店員に聞いたら、最近は木製に変わっちゃってるんだって。
個人的には水笛(鳩笛と似てるけど水を入れて使う)が気になってたんだけど、それも無かった。

ちなみに昨日も書いたんだけど、高尾山もパワースポットって言われてるらしい。
だけど午後から1本の試合後だから行った時にはすでに日没近く。
残念ながら写真のケーブルカー乗り場までしか行けなかった。
試合が午前中からなら1試合目だけ見てm、午後から高尾山に登るって選択肢もあったんだけどね。

まぁ、しょうがない。またチャンスがあったら来たいと思いました。
posted by かに at 16:54| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

振れてるってことかな

寒い寒い日曜日。
都立高校との練習試合がありました。
午後からシニア周年行事の打ち合わせがあったので、1試合だけ見に行ってきました。

まーぼ野球部の後攻で試合が始まった。
この日のまーぼの守備位置はライト。
そういえば前日の練習でもライトにいたなぁ。
無難に守りを終え、その裏の攻撃。

秋からずーっとまーぼの打順は2番。
この日もそうだろうと思っていたら・・・ずいぶん久しぶりに打順が変わってました。

この日の打順はなんと5番。
去年の夏にはあったような気がするけど・・・・・。記憶にない。

春大の時も調子良さそうだったからね。試合には負けちゃったけど。

で、この日の打席。
一打席目はフォアボール。そして二打席目はレフトオーバーの二塁打。
このあと、更に三打席目、四打席目ともレフト前ヒット。

なんだか久しぶりの・・・マルチヒットでした。

そして昨日、大学グランドで都内の私立校を迎えて練習試合。
午後から仕事があるし悩んだんだけど、行って来ちゃいました。

昨日の打順は6番。
打順は1個下がっちゃいましたが、好調さは維持してるみたい。
5打席 2打数2安打 3四球

この日も全打席出塁。
しかもヒットのすべてがレフト方向。
日曜も昨日もつまってレフト前に落ちる当たりがあった。
しっかり振れてるってことかな。
しかも四球がすごく多い。見極めが出来てるってことでしょうか。

日曜日の試合で相手チームの監督が自軍の捕手にこんなことを話していた。

「四番五番は力があるんだからコースをもっと考えなきゃ」

あんまりそういう事を言われることないからちょっと嬉しかったなぁ。

あ、そういえば二日とも二試合目は見ていないから、二試合目の結果がどうだったかは度外視。
あくまで私が見ている範囲だけの好調かも知れないけどね。それならそれでもいいです。
まーぼに関してバッティングのことを書く機会なんて滅多にないんだから。(>_<)
posted by かに at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

3人の投手

よそのチームと同じく、まーぼ野球部にも新1年生が合流し始めました。
最初は大雨でまともな練習が出来なかったようですが、先日の土曜日は天気も良く朝から一日ビッチリと練習が出来たようです。

私も以前作ったバッティングゲージの補習のため、午後から大学グランドに顔を出しました。
到着して早々は作業があったのでのんびり見ることは出来なかったんですが、一段落してからはじっくりと練習を見学させてもらいました。

この日、練習に加わっていた1年生は10人。
去年のこの時期と比べたら格段に多い数字。
大所帯の高校とは比べようもありませんけどね。

以前も書いたように今年はシニアの後輩が入学する。
そのうちの一人は投手希望のW君。体は小さいけどコントロールは抜群。
気持ちも強いタイプの子です。
コントロールが良いですから、きっと入学早々B戦の登板がありそう。

この日、ブルペンで1年生投手のピッチングを受けたまーぼも、そのコントロールを絶賛。
ここ最近の週末は雨が多かったため、3週間ほどピッチングをしていなかった様ですが、それを割り引いてもなかなかの出来だったようです。

でもこのまま順調に彼がエース候補になるかというと、そうでもない。
他にも二人、投手候補の子がいます。

一人は中等部からの内進組のT君。もちろん中学時代も投手だった。
上背もあり、バッティングもなかなか。
受けたまーぼによると「球の切れは一番良い」ということでした。

もう一人は受験組なんですが、軟式野球部出身者。
3人の中で身長は一番高い。
線が細く、ひょろっとした感じ。腰高であまりフィールディングが上手くない。
見た目的にあまり運動神経が良さそうには見えないんだけど
まーぼ曰く「スピードは一番速い」ってことのようです。

まさしく三者三様。一長一短といったところ。
後者二人はまだ硬式ボールに慣れていないという感じですね。
指先が滑って高めに抜けちゃう投球がかなり多かったですからね。
変化球もまだまだ「試合で使う段階じゃない」ということのようですが、慣れてきたらどうなるか、気になるところでもあります。

いかんせん、2年生には安心して任せられる投手がいないという状態ですから、3人の1年生投手が切磋琢磨してチームに刺激を与えて欲しいですね。
posted by かに at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

明日から

明日、25日からまーぼ野球部にも新1年生が合流します。数人程度ですけど。

今年は我がシニアから後輩二人が入学。
課題山積みの野球部だけど、新入生を迎えて心機一転頑張って欲しいところ。

んが!!

あいにくの雨。残念だねぇ。
初日から元気にグランドを走り回って欲しかったんだけど、天気ばかりは逆らえないからね。

後輩二人にはまーぼからすでに連絡が行っているでしょう。
怖がるほど直接的な接触はなかったけど、やっぱりキャプテンから直接電話があったら緊張するんだろうな(^o^)

posted by かに at 17:28| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

(T_T) 追記あり

まーぼの春が終わりました。
残念です。

〜〜〜〜〜

と言う訳で、あまりに早く終わってしまいました。
負けた試合のことはあれこれ書きたくありませんので、試合内容については書きませんが、唯一の救いはまーぼがそれなりに活躍したと言うこと。

3打数2安打1四球 2打点

バッティングが得意でないまーぼにしてはよく頑張ったと思います。
1打席目に弱いファーストゴロを打ってしまった時は「あぁ、またこんなバッティングを・・・」と思ったんですが、四球を挟んで3打席目は糸を引くようなレフト前ヒット。
そしてランナー2人を置いて迎えた4打席目はセンターオーバーの2点タイムリーヒット。
私も思わずガッツポーズをしてしまいました。

しかし試合に負けてはね。

まだ桜も咲かぬうちに春が終わってしまったこと、すごく残念です。
これも東京というものすごい野球部数の多い地域の高校球児の宿命でしょう。

しかし終わったことはいつまで言っても仕方ありません。
負けは負け。どんだけ反省してもどんだけ悔やんでも結果がひっくり返る訳でもない。

もう前を向くしかない。

試合後のミーティングでまーぼは部員達の前でこう話しました。

「俺たちに2年生にとって、このメンバーで野球を出来るのはあと120日しかない。その120日で後輩達に何かを残せるような、そんな野球をしよう」

奇しくも今日、選抜大会が始まりました。
甲子園という舞台。素晴らしいですね。

これから私は甲子園という言葉については封印します。
甲子園というのは春に1回戦負けのチームが簡単に口にするような、そんな甘い物ではありません。

しかしだからと言って諦めた訳ではありません。
まーぼの残り120日の高校野球生活。
悔い無き日々が過ごせた時、その先に何かがあると思ってます。
それが勝利なのか、満足感なのかわかりませんが、まーぼが何かを掴めるようにバックアップしていこうと思います。

応援して下さった皆さん、ありがとうございました。
posted by かに at 12:32| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする