2005年11月21日

やっぱりキャッチャーって経験なんですよねぇ

朝、エントリした通り、2日連続で河川敷に行って参りました。

昨日はウチのシニア主催の少年野球大会。息子の後輩達が出場してますからその応援&お手伝い。色々な事情で欠場の選手が多い中、なんとか勝利しました。

そして今日は河川敷の美化活動&オープン戦でした。
まーぼは1、3試合目に行われた2年生試合はベンチウォーマー。2試合目に行われた1年生試合にキャッチャーでフル出場しました。
結果は3打数1安打。3打席目、4点を追う最終回に2アウト満塁で打席が回りました。高めのストレートを右中間にはじき返して2点タイムリー。この試合チーム内唯一の強い当たりでしたからバッティングの方はまぁまぁ及第点でしょう。
帰宅後に聞いた本人談によると、朝練でKコーチが投げてくれるトスの高さとちょうど同じで、それをかぶせる様に叩く練習をさんざんしていたから打てたということらしい。成果が出てるから嬉しそうでしたね。

ところが、守備の方はというと・・・・。これは赤点かな。

相変わらずキャッチングがへたくそ。変化球でミットを出すのが遅れたのか、内股の同じ様なところに4〜5回ボールをぶち当てちゃったみたい。そのせいか足が痛くて、カバーに動かなかったりと緩慢プレーが目に付いた。ヤツにはまだ『痛かろうがやらなきゃいけないプレー』ってのを理解出来てないんだろうな。

これに関しては今日ではなく、日を改めて注意しようと思ってますが。
その日の内に言ってしまうと、オレも興奮してキツイ言葉になってしまう予感がしましたから。なんにしてもまだ見て覚えるということが大して出来てない。先輩のプレイのどこをみてるんだろうって改めて思ったりしちゃいます。前途多難って感じですわ。

なんでしょかねぇ、経験すればなんとかなるもんですかね。周りを見る余裕がないんですよ。リードとキャッチングで精一杯。向いてないとは考えたくないんですが、なかなか進歩が見えない難しいポジションですねぇ。ちょっとだけジレンマに陥ってしまいましたよ。
posted by かに at 01:23| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美化清掃、少年野球の試合と、お疲れ様でしたm(_ _)m

昨日は行くつもりだったんだけど、朝1時間だけ仕事に行ったり、次男の説明会に行ったり・・・と行ったり来たりして、忙しくてグランドへは行けませんでした(+_+)

まーぼくん、バッティングが調子が良さそうっすねぇ〜。
昨日はきっと気持ちよかったでしょー♪

キャッチングは悩んでますか?
でも、キャッチャー出身の総監督、監督が彼をそのポジションにさせるってのは、きっと何か魅力があるんでしょ・・・。
コツコツ練習して頑張ってくださーい♪
Posted by Ayigus at 2005年11月21日 07:56
Ayigusさん、どうもです。

バッティングは調子が良いと言うにはまだ早いです。1本良いのが打てたと言うだけです。その当たりが良かったから確かに気持ちは良かったですけど。これがなかったら余計に悶々としてたでしょう。

基本的に不器用で一足飛びに何かが出来るタイプはないですから、焦ってもしょうがないのは分かってるんですけどねぇ。何せライバルとの差が一向に縮まらないし。本人が焦ってないのが一番オレにとって焦りなんです。のんきというか競争意識が無いというか・・・。性格だからしょうがないんですが。
Posted by かに at 2005年11月21日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック