2008年04月25日

良い学校を選んだ

中学時代のまーぼ。
先生からの信頼の厚い、優等生タイプだったそうです。(成績はそれほどでもなかったんですけどね)
クラス内が騒いでたりすると、一緒に騒ぐのではなく注意するタイプ。
担任からも「彼がいると全面的に任せられる」と言われ、色々委員会の類を任せられていました。

実際、その手の委員をほとんど完璧にこなし、卒業式では市からの記念品を受け取る卒業生代表になったりしました。

そんなまーぼですが、高校ではそういった立場から一転。
周りと一緒に楽しむ立場になっているそうです。

公立中学って当たり前に近隣の子が集まるから、生徒の精神年齢も幅広い。比較的低めな子もいたりするのが現状です。私から見ても幼いなぁと思ってしまう子が多くいましたね。

それに対して現在通う高校。
年齢的にも落ち着く時期になってるのもあるだろうけど、意識づけが高い子が多いみたいで、比較的精神年齢が高いみたい。
中学ではいた「調子に乗って悪ふざけが過ぎる」タイプの子があまりいない。

それほど緊張感がない時はみんなでワイワイと楽しみ、「ここはふざけずマジメにしなきゃいけない」と言うところでは、周りも自然と雰囲気を察して静かになる。
クラス全体が「やるべき時はやり、楽しむ時は楽しむ」という空気なんだそうです。いわゆるみんなが「空気が読める」子達みたいなんですね。

そんな空気もあって、中学時代のように優等生タイプになる必要がまったくない。
「オレまでがふざけちゃったら」と言う思いも無くなった。
だからでしょうね、まーぼ自身中学時代より楽しいとはっきりと言っています。

野球面だけでなく、学校生活面でもまーぼに合った学校に選べたんだなぁ、と胸をなで下ろしています。
posted by かに at 14:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
校風に沿い文武両道ですから 生徒の意識レベルが高いのでしょう。
兄ちゃんの学校も ヤンクミに出てくるようなヤンチャもいなければ ジャニーズ風イケメンも皆無。
女の子もキャバ嬢みたいな子はいない。
中高6年間同じメンバーで毎日平穏つまらないかも知れないけど…環境だけは保証はされているので いい子振る必要もないし、悪振る必要もなし。自然体で疲れないみたいです。
Posted by ジャビ子 at 2008年04月27日 21:22
ジャビ子さん、どうもです。

考えてみると私も奥さんも小中高と公立。姉ちゃんもそうですから、私立校に入ったのは我が家でまーぼが初。
ウチにさらに兄弟がいたら、中高一貫校に入れたかも知れないです。お金が続け場の話ですが。(^_^;)

ごくせんを見るたびに思っちゃうんですよねぇ。私立校なんだからイヤならそういう生徒を入れなきゃいいじゃんってね(^_^;)。
それじゃあドラマにならないですけど。
Posted by かに at 2008年04月28日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック