2008年04月21日

増えた

土曜日。

高校野球部の父母会&親睦会がありました。

部員数が少ないながらもしっかりと組織はありますし、活動もちゃんとやってる。
当然と言っちゃあ当然の事ですが、今まで父母会というものには触れた事が無かったから新鮮でしたね。

その席で現時点での新入部員の数が分かりました。

なんと16人に増えていました。ヽ(^▽^)ノ

先週あたまのオリエンテーション行きの前には13人という話でしたが、帯同していた監督の様子を見て、「入ろうかな」と思った子がいたみたいですね。

と、言っても週末の練習試合に帯同したのは13人。
本格的に16人が揃うのは今日からでしょう。


父母会には13人の新入部員父兄が参加したものの、親睦会に参加したのは10人と全員参加とはいきませんでした。

こうした機会で「とにかく3年間、辞めずに一緒に野球部員として卒業しましょう」と横の繋がりを強めたかったんですが、ちょっと残念でした。

GWに入れば、練習や試合に見学に来る父兄もいるでしょうから、積極的に動いて、「キツイから辞めちゃう部員」を、親を抱き込んで食い止めたいところです。

ただ、あまり派手に動きすぎて『将来の父母会長』なんて雰囲気にだけはならないようにしないと。これ以上肩書きが付いたら訳分かんなくなっちゃうしね。(^_^;)
posted by かに at 09:57| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
父母会長・・・やってみると案外楽しいですよ(と、強がってみました^^)

Posted by baseball-oyaji at 2008年04月21日 14:40
私は絶対に父母会長になるのは嫌です(笑)。
なぜなら、長男の高校野球で父母会長の大変さを目の当たりにしてますんで。。。特に遠征費のための寄付金集めが。。。
次男の高校野球部は父母会自体がありません。それはそれで寂しいのですが(苦笑)。
Posted by touch at 2008年04月21日 15:49
baseball-oyajiさん、どうもです。

いやいや、私は性格的に補佐の方が向いてると思いますしね。
シニアの事務局長からも「絶対なるな」とクギ差されちゃってるし。(^_^;)
お祭り人間なんでそういうことナシでワーッと騒いでるだけが一番良いです。


touchさん、どうもです。

遠征費のための寄付金集めなんてあったんですか?まぁ強くなると遠征の回数も距離も伸びるでしょうからね。
父母会がないってのはそれは寂しいでしょう。公立校ってそういうものなんでしょうかね。
Posted by かに at 2008年04月22日 02:23
>父母会がないってのはそれは寂しいでしょう。公立校ってそういうものなんでしょうかね。

昨年、父母会について先輩父兄に尋ねたところ「????」でした(笑)
うちの次男の高校では、中学軟式野球部以外からの入部は次男が初めてです。つまり、この地での中学軟式野球部では父母会というものが存在してません。ですから、父母にとって「父母会」の役割なども「?」です。「なんで父母会があるの?必要なの?」という感じです。
ですから、公式戦含め練習試合などを見に来る父母も稀です。もちろん、学校バスはありませんから、選手は公共交通機関で試合会場へ行きます(うちの次男の高校の場合、自分の学校では試合のできるグランドスペースがないので、試合は全て相手高校です)。 ちなみに、野球部にはアイシングなどの用具もありませんから、自前です。
まあ、この地の公立の大半は同様ですから、私立とのギャップは大きいですね。
Posted by touch at 2008年04月22日 12:47
touchさん、どうもです。

公立中学の普通の野球部からの入学だとそんなものかもしれませんね。
クラブチームの場合は環境を整えるのに大人の力は必ず必要になりますが、部活の場合はその部分を顧問やマネージャーがほとんどやってくれますもんね。
ウチの学校も創部15年と歴史が浅いですから、強豪校に比べたら色んな部分でまだまだってところがあるかもしれません。
でも歴史が浅いだけに色々柔軟に対応出来るという利点もありますね。
Posted by かに at 2008年04月23日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック