2008年04月15日

バカって言っちゃいけないんだよ

「◎◎君のバカ〜!」


「あ〜、いけないんだぁ。バカって言っちゃいけないんだよぉ」


散歩の時にすれ違った幼稚園生の会話です。

幼稚園生でも、言ってはいけない言葉を使った友達を諫め言葉が自然に出ます。


かたやウチの少年野球チーム。

ボール連発のピッチャーに「ピッチャー、ストライク投げろよー」

エラーした味方に「ちゃんと取れよー」

こうした言葉を諫める言葉が出ません。


「バカって言っちゃいけないんだよ」と言った幼稚園生は普段から、先生や親からそう言われてるのでしょう。
普段から言われている事は、大人が介在しなくても子供達同士で諫める事が出来る。

ウチも普段の練習から、味方を責める言葉を大人がきちんと諫めていかないといけませんね。
posted by かに at 12:14| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合中は、相手を責める事を言うと審判に怒られちゃいますからねぇ…。
味方を責める言葉を言っても怒られるのかなぁ。たぶん、怒られないな。^^;
褒める言葉や盛り上げる言葉を掛けられない子ども達が心配です。
Posted by スマイルヒット at 2008年04月16日 07:58
こう言ったメッセージを伝えたい人って、
大体がパソコンやらない人なんだよね^^
Posted by metoo at 2008年04月16日 11:19
スマイルヒットさん、どうもです。

味方を責めても何のプラスもないですからね。
味方を褒めたり盛り上げたりする言葉を使いながら試合をしたら、絶対楽しくなると思うんですよ。
やるなら楽しい方がいいですもんね。


metooさん、どうもです。

そこなんですよね。
選手だけでなく、大人でも平気で選手を追い込む指導をする人がいますからね。しかも低学年で。困ったもんです。
グランドで声を大にして言っていくしかないんですかね。
Posted by かに at 2008年04月16日 14:12
うちのチーム、練習では、子供同士指摘しあうことは認めてます。指導者が見のがすような所まで指摘される場合があります。試合ではやめることになってます。
Posted by RK at 2008年04月17日 12:20
RKさん、どうもです。

指摘するのと責めるのは違いますよね。
ウチでも紅白戦や練習試合でミスを指摘するのは認められてます。指摘して是正させる、選手間でこれが出来ればコーチの数が増えたのと同じですもんね。
でもミスを責めるのは違う。ミスしたことではなく、ミスしたあとの行動を責めることはありじゃないですかね。
Posted by かに at 2008年04月17日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック