2008年04月14日

野球だけでは・・・

シニアの世界って結構狭いんですよね。
公式戦が始まるこの時期になると各方面多くの方がグランドを訪れ、色々な話が聞かれます。良い事、悪い事、真偽を問わず様々な話が飛び交います。

そんな中、まーぼと同じ歳の選手達の進路状況も聞こえてきています。

あそこの選手はあそこに行ったからあの高校は数年後には強くなるぞ。

あの選手は東京を離れて◎◎に行ったらしい。

などなど。

こうした話を知った上で高校野球を見るのが楽しいのは事実です。
将来対戦経験がある選手が甲子園で活躍する姿を見る事になるのは、悔しさ反面嬉しさでもあります。


しかしそうした話は楽しい事ばかりではありません。

飛び抜けた才能を持ちながら、あまり望ましい進路に進まなかった選手がいる事も事実です。

その原因となるのが大概『素行』の問題。

高校だって『素行』に難がある選手を抱え、万が一が起こるのが怖いのです。

次に問題になるのが『学力』

最近は「野球さえ上手ければ学力は問わない」という高校は圧倒的に減ってます。

小学生時代は何よりも野球を優先でも良いかもしれないけど、中学になったら「勉強なんかしてる暇があったら素振りしろ」なんて言ったら、お母さんにはり倒されますよ。(^^)


才能を持ってても希望の学校で野球が出来ないこともあるんだから、例え強豪校でなくても希望通りの学校で、希望通りのポジションで野球に取り組めるまーぼは幸せなんですよね。
posted by かに at 17:02| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素行は自分の心掛け次第で幾らでも改まるので、
そこに問題がある子は自身の管理能力に問題ありですね。

勉強のほうは・・ これはうちも耳が痛い話です (~_~;)


Posted by ドラ夫 at 2008年04月15日 00:56
まさにおっしゃるとおりです。
付け加えるなら、親の資金力でしょうね(笑)。
Posted by touch at 2008年04月15日 13:09
ドラ夫さん、どうもです。

ゲンジ君は無事志望校に合格したじゃないですか。
入学以降の事に関してはウチも似たようなもんです。(^_^;)
中学生は所詮中学生で、さきことまでしっかり見通して行動するなんて出来ないですよね。だからこそ周囲の大人の責任が大きいんだと思うんです。
自己責任はもちろんですが、息子がそうなった親の責任はもっと重大ですよ。

touchさん、どうもです。

野球はお金が掛かるスポーツですからね。
6大学で野球をするとなったら特待無しならいったいいくらかかるんだろう。想像すらしたくないですよね。
Posted by かに at 2008年04月16日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック