2008年03月22日

新たなゴールデンエイジの予感

今日は少年野球デー。
新4年生が5年生の試合に帯同したため、残っている新3年生7人の練習を見ていました。

人数が少ないからみっちりと練習が出来る。
ボール回しもいつも以上にボールに触れるから選手達もやりがいがあるみたい。

これまで普通のボール回しに加えて、タッチプレイを入れるようにしていました。
何度もやってるからタッチの仕方も大分上手くなり、タッチしながら「アウトー!」と叫ぶ声もずいぶんと大きく出るようになりました。久しぶりに来たコーチも「ずいぶん上手くなってますねぇ」と感心しきり。

上の学年がいなくて責任感でも芽生えたのかな?今日は何だかいつもより動きが良い。
これなら初挑戦だけどやれるんじゃないか、と思ってフォースプレイもやらせてみました。

最初はベースを踏みながら普通に構えてる感じだったけど、ちょっと教えたら体を伸ばして取れるようになりました。

せっかくなので、コーチにランナーをやってもらいゲッツーやトリプルプレイに挑戦。
実際の試合ではなかなか出来ないけど、ボール回しの延長にあるんだという意識づけだけは出来たかな。

ウチのチームで一番多い学年が新6年生の11人。新3年生はそれに次ぐ8人と大所帯。
新2年生がいないのが今の一番の心配だけど、新3年生はこのまま順調に成長してくれれば6年生に次ぐゴールデンエイジになりそうだな。
posted by かに at 17:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック