2005年10月30日

逆手で食え!

本日は野休日でした。

朝からまーぼの頭痛が止まらず、結局練習は休み。
俺もまーぼが直ったら車で送っていこうと思っていたから、出掛けもせずに待機していて、結局はなにもせず。
ホントなら、朝から河川敷に行って、息子を見た後にちょっと離れているところで大会に出ている6年生の応援でも行こうかと思っていたんだけど、計画倒れ。
なんだかのんびりと自宅で過ごす日曜でした。

それでも夜は少年野球のコーチ会議に出席。
会議後、お約束のお好み焼き屋で、Kコーチにまーぼの様子を聞いてみた。

いくつか指摘を受けた中で、特に強く印象に残ったのは・・・。

「まーぼ(って呼んでないけど面倒だから統一させていただきます)はとにかく右と左のリストの強さが違いすぎる。」

本来は、右手で打って左手でコントロールするというのがKコーチの考え。ところがまーぼは右手だけが強いから左手のコントロールが出来ていないと言うのだ。ピッチャーをやっていたから余計なんでしょうね。

この対策として授かったのが、『逆手で食え』作戦。

朝、昼は時間が限られてるから仕方ないけど、晩飯は逆手を使って食事を取れと言うのだ。
当然、まーぼで言えば左手。

きっとこれはすごく大変な作業でしょう。
思えば俺も右手と左手とでは腕相撲の強さが圧倒的に違う。ゆえに左手の手首の強さが弱いのだ。
左ででの作業ってほとんど出来ない。ピアノも、ギターもドラムも。ほとんど左手が思い通りに動いてくれない。左手では幼稚園児程度の字すら書くことは出来ない。

その話を聞いて帰宅し、なんとか起きていたまーぼにその事を伝えてみると、

「オレ、7時に食べ始めても9時過ぎちゃうかも知れない」

と、予想通りの答え。

それでもその作戦の意味はしっかり理解出来た様子。
勢い奥さんにも伝えておいたから、きっと明日から実戦するでしょう。

いやー、野球ってほんと、どこにトレーニングが転がってるか分からないモンですね。

これでまーぼにヒットが出るんなら安いモンですけどね。
posted by かに at 23:57| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
左右のバランスですか。なるほど。

私は学生時代にしていた格闘技では、いわゆるサウスポーの型でした。右利きなんですが、何故か競技の時は左だったんですよ。握力も左右変わりませんし、腕相撲はどちらも自信があります。
やはり個人差があるんですかね?

食事を左で。というのも最初は苦労するでしょうが、案外早く慣れるのではないでしょうか?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月31日 00:17
ドラ夫さん、どうもです。

今さっき書いたばっかりの記事にもうコメントがあったんで、ビックリしました。

この逆手作戦は、Kコーチのお兄さん(一つ年上で、甲子園の掛かった決勝戦でKコーチの学校と対戦しているほどの強豪校)の学校で出された指示らしいです。

試しにKコーチが食事の時にやってみたところ、難なく食事出来たようです。
左右の手を上手く使えるかは、ドラ夫さんの言う通り、多分に個人差があるようです。

左右の握力が変わりないということは、ドラ夫さんは器用な方なんでしょうね。それがゲンジ君にも遺伝してるのかも。
そう考えると、ますます、「まーぼよ、すまん!」という気持ちになってしまいます。私は左右では握力は圧倒的に違いますから。
Posted by かに at 2005年10月31日 00:32
へー・・・そうなんだぁ〜。

そういやぁ〜、うちの長男も次男も反対の手でオモリのやつ(←意味分かるぅ?)を持ってキュッキュッってやってるなぁ(分かりづらいし・・・汗)

長男は、昨日学校でウェイトトレーニング後に測ったら右手左手ともに80ぐらいって言ってたなぁ。
両方同じくらいなのは、中学になって左バッターに変えたこととトレーニングしてるおかげなのかな?(大謎)

次男は完全に右利きだから、ご飯の時に練習すればいいのか・・・言ってみよ。

ちなみに、母は両利きです。
右手で書いて、左手で消す。
右の眉は右で書いて、左の眉は左で書く。
右の方にボールがあったから右投げになり、左の方にラケットがあったからテニスは左。

うはは・・・動くのが面倒だからそうなっちまったんだよーー!

でもなかなか便利でしょ♪(笑)
Posted by Ayigus at 2005年10月31日 01:23
Ayigusさん、どうもです。

わかりづれ〜!(笑)でも左手を鍛えてるという事は伝わってますよぉ。

私は左手は今ひとつ動きませんが、足の指は自在に動きますよ。昔実家がまだガチャガチャ回すテレビだった頃、足の指でチャンネル変えてましたからね。(^^)

『右手で打って左手でコントロールする』という話を奥さんにしたところ、

「それなら左バッターになれば良いんじゃない?」

という素朴な疑問を言い出しました。さすがにそれをKコーチに聞けませんでしたけどね。
不器用なまーぼにそんなことが出来るとも思えませんから。
Posted by かに at 2005年10月31日 13:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック