2005年10月23日

負けちゃいましたー!

NEC_0096.jpg



昨日の勢いを持ち込んで今日も・・・と行きたいところでしたが・・・。

序盤はこちらの連打が飛び出し、2点を先制。

その後タッチアップで1点返されるものの、すぐに1点を追加して3対1で最終回を迎えた。

それまで快調に投げていた左のエースだったが、疲れから手元が狂い、先頭バッターにデットボールを与えてしまう。

悪いことは重なる物で、ここでパスボール、内野のエラーとミスが続いてしまい一気にピンチを迎えてしまった。

その後はあれよあれよという間の5失点。

茫然自失でベンチに戻ってきた選手達だったが、まだ攻撃が残っている。

執念のヒットが続いて2点を返し、2アウトながらランナー3塁でこれまで3三振の不振の四番に打席が回った。

カキーン!鋭い音を立てて初めてはじき返した打球だったが、ショートの守備範囲。
確実にさばかれゲームセット。

あと一歩まで追いつめたが、敗れてしまった。

うーむ、これで終了です。
長々待たされた大会だったが、あっさりと2日で終了。残念です。

まーぼも今日は相手投手と合わず、3打席凡退。

ピッチャーライナー、三振、ピッチャーゴロという結果だった。

守りの方も今日はなぜかポロリを数回。致命的だったのは最終回の先頭打者を出した後だが、それ以外でもちょっと目立ってたかな。

最終回、先頭打者をデットボールで出した後も、応援席からは
「タイム掛けてピッチャーの所に行けよ」と思ったが、そんなことまで頭が及ばなかった様だ。

残念な中にも一つの収穫はあった。
これまでピッチャーとしてやって来て、ピッチャー以上に大変なポジションはないと思っていたらしい。

しかし、この大会で、今日の試合で、


「キャッチャーがこれほど大変なポジションだとは思わなかった」


という感想を持ったようだ。

ただ、受けて、投げて、リードして、くらいにしか思っていなかったポジションの奥深さを痛感した様だ。


結果は残念だけど、これもまた経験だ。
キャッチャーとして成長するための一歩だと思って、また練習するしかない。


この日初めて、『キャッチャー道具を持ち帰る』ということを考え始めた。

ようやく本格的にキャッチャーとして動き出した様だ。


遅過ぎって気もするけど、それがまーぼだからしょうがない。
やっぱり公式戦って言うのは、勝っても負けても選手を成長させるんですよね。

posted by かに at 22:37| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(T-T) ウルウル・・・

さすが父のブログは状況が良く分かるわ...
でも、内容が良く分かるだけに辛さ倍増ですねぇ(T▽T)

粘り強さもモロさも両方出た試合だったんだぁ・・・。
これも経験ですよね。
あっという間に終わってしまった大会だったけど、子供達はいーーーっぱい成長できたかも知れないですね。

トントン拍子に勝ち進むより、我慢することや、ピンチのときの対応や、メンタル面や・・・
やるべき事がたくさん見つかったかも。

総監督は、「キャッチャーが一番面白いポジションだ」といつも言ってますよね。
まーぼ君もその面白さに気が付いた時、良いバッテリーとしてチームを引っ張っていけるようになるんでしょうね・・・。

今日はお疲れ様でしたm(_ _)m
また来週から練習をがんばりましょう!

・・・って、また皆さんの期待を裏切ったようなマジコメントですんません(^-^; ワタシトシタコトガ・・・
Posted by Ayigus at 2005年10月23日 23:05
Ayigusさん、どうもです。

ホントにあっという間の大会でした。
少年野球時代はそこそこ大会を楽しめてましたが、中学生になるとそうはいきませんね。甘くないです。

今まではリードする楽しさだけだったのが、それ以外の面白味を見つけたのは収穫でした。

1年生としても今までそこそこ自信のあった連中ですから、井の中の蛙だったってことを痛感したことでしょう。これからに期待です。

と、マジにはマジ返しということで。(笑)

そうそう、次男君の応援ありがとうございました。せっかく来てくれたのに良いところが見せられなくて・・・。
Ayigusさんにも久々に会えるのかと思っていたのですがお仕事だった様で、残念です。
次にお会い出来るとしたら納会ですかね。会費の高い・・・(^^;) 人気者のAyigus様に何だかフレンドリーに話してしまいそうで、ちょっと不安(^^;)
Posted by かに at 2005年10月24日 00:05
負けてしまい残念でした・・
でもまーぼ君が良い意味で、意識の変化があったみたいですね。
こうした前向きの姿勢は良い事ですよ。

うちもまだ経験を積む段階ですから、どんどん場数を踏んで、早く捕手になれてほしいです。
キャッチャー道具、うちは練習用を一式クラブから借りてます。自宅でショートバウンドの練習は散々やりました。よくしたもので、その効果が試合に出ていますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月24日 20:29
ドラ夫さん、どうもです。

ウチも以前からキャッチャー道具持って帰ってきたらなぁと思っていたんですが、何せ近所でそういう練習が出来る場所は小学校しかなくて。
まぁ、本人が言い出すまで待つかと思っていたんですが、ようやく言い出しました。

キャッチャーでピッチャーはいかようにも変わりますからね。チームのためにもしっかり練習して欲しいですね。
Posted by かに at 2005年10月25日 02:00
はじめまして。
まーぼ君のチーム、負けてしまい残念でしたね。
まーぼ君って写真で見る限り、中1なのに、大きいですね。
息子のシニアチームも新体制に入り、秋季大会を迎えましたが、あっさりと負けてしまいました(苦笑)。
そのとき、相手チーム見て大きいなあって思いました。でも、うちのチーム、特別大きい子はいないけど、スタメン全員170cm以上なのに小柄に見えてしまって(笑)。何食ったら、あそこまででかくなるんだろうって思いましたよ。
Posted by touch at 2005年10月28日 17:11
touchさん、はじめまして。

息子は今、168センチです。チームでは2番目です。一番大きい子は170センチを超えてます。

かたや一番小さい子は140センチそこそこです。これくらいの身長の子が2人いて、チームでは“ミニモニ”と呼ばれてます。
ウチのチームは入団に身長制限はないんですが、近所のチームでは下限が決まっているところもあるようです。
先日、1年生大会でそのチームを見ましたが、見事に全員同じ様な大きさでした。

大きいにこしたことはないでしょうが、小さいというのも、足が遅いとかと同じようにハンデだと思ってますから、入れないと言うのもどうかと思うんですよね。

Posted by かに at 2005年10月28日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック