2008年02月19日

10年目の別離

昨日のL君だけでなく、他にも合格報告、高校に向けてのトレーニングに来た中三生がいました。
少年野球時代からのチームメイト、S君です。

彼とは少年野球6年間、シニアで3年間の計9年間ずっと一緒のチームで頑張ってきましたが、ついにチームが分かれてしまいました。

小学校に入学したばかりの1年生の春にチームに入ったのは、まーぼとS君と女の子の3人。
女の子はその後辞めてしまいましたから、まーぼにとっても一番長く一緒に野球をした仲間。
少年野球の活動が本格化してきた4年生頃からは、毎日放課後に校庭で遊ぶ間柄。
当然遊びは野球。
最高学年になった6年生の時には、月水金は真剣に野球の練習、火木はサッカーやドッチボール。
雨が降ったら同じ学年の8人全員でウチに来て、まーぼの部屋でマンガ読んだりゲームをしたり。
あげくにS君は勝手にウチの冷蔵庫を空けて中にあった果物を食ったり(笑)

中学になると考え方がまったく違うから一緒に行動ってのはめっきり減りましたが、長い付き合いだから接する時間短くても相手の考える事は良く分かってるといった感じでしたね。

とにかく我が子と同じような時間を過ごしてきたS君ともついに違うチームになってしまいました。
しかも彼が進むのはまーぼと同じ東東京の所属の高校。
かつて甲子園に出た事がある学校ですから、実績的にはあちらの方がずっと上。
公式戦で戦うにはこちらが相当頑張らないといけないでしょうが、「そんな事になるかも」って考えるだけでも期待と楽しさでワクワクですね。

我がチームの選手も八割弱の進路が決定しました。
あとは公立組が残るのみ。
みんなの進路が正式決定する来月半ばには、3年生父兄が集まって飲み会を開く予定。
東東京の高校に進む選手が多いから、健闘を称え合う場になりそう。

その次に会うのは公式戦の時かなぁ。
posted by かに at 11:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちも小・中・高 と同じになる子は今のところいません。
後期の結果次第になりますね。

こうなると親同士も気心が知れてますし、そうなるのが願いなんですが、さてどうなるか?


Posted by ドラ夫 at 2008年02月19日 20:29
ドラ夫さん、どうもです。

まったく未知の世界の飛び込むのはやっぱり勇気がいりますからね。
少しでも知り合いがいれば心強いですもんね。
よその子の受験となると、さすがに何も出来ないですから祈るしかないですよね。私も一緒に祈らせてもらいますよ。(-人-)
Posted by かに at 2008年02月20日 03:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック