2008年01月31日

ライバル

昨年、まーぼが高校のセレクション的な練習会に参加した時、まーぼ以外にも二人の参加者がいました。
強豪校なら何十人も参加するんでしょうが、まぁ、そもそも推薦枠もそんなに多い学校じゃないですから。

で、その二人。一人は近隣シニアの選手。もう一人は都内の中学の軟式野球部選手ということでした。
その二人の内で、私が特に気になったのが軟式野球部出身の選手でした。

身長はまーぼより高く、おまけに左腕。中学時代は投手をしていたという話でした。
この高校の新2年生ピッチャーの子とは、学年が一つ違うながらも少年野球時代からライバル。彼にとってはどうしても勝てない相手で、高校ではぜひ同じチームでやってみたいとこの学校を選んだらしい。

同じポジション志望と言う事もあり、ノックなど高校生に混じって一緒に受けました。
私はまーぼの動きはもちろん、その子の動きも逐一チェックしちゃいました。
身長のせいでしょうね。腰高のところはあるし、投げ方にも若干のクセがある。硬式のバウンドにもまだまだ不慣れ、など多少のマイナス要素はありましたが、それでもその上背と左利きというのはすごく魅力。

私としては彼が最終的にこの学校を選んでくれたらいいな、と思っていました。まーぼにとっても刺激になるし、何より戦力は一人でも多い方がいいですからね。

そしてその希望は叶いました。
入学試験の時、まーぼの前に座っていたのはその左腕のT君でした。
彼も同じく単願推薦でこの学校を選んだそうです。

そして同じく合格。入学手続きの時にも会って色々話したそうです。
当然彼もこのまま野球部に入部するでしょう。

親子で志望校を最終決定した時にも、「自分が引っ張るつもりで行かなければ」と言う話をしていました。周りの人達からも「チームの中心になってガンバレ」と応援されました。

しかしT君のおかげで一人ではなく、二人で引っ張っていくという形が作れそうです。

おそらくT君とは投手候補として、チームの中心として、ずっとライバル関係で行くでしょう。
今後、両輪としてチームを引っ張っていって欲しいと思います。
posted by かに at 02:33| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
互いに刺激になりそうですね。
左右の両看板となってほしいですが、背番号1番は一人しか付ける事が出来ないので、なんとかその1番をゲットしてほしいですね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年01月31日 22:58
ドラ夫さん、どうもです。

良い競争をして欲しいと思いますが、もちろん背番号1は息子に取ってもらわないとね。
まずは先輩達との勝負です。楽しみです。
Posted by かに at 2008年02月01日 12:41
ライバル意識を持って練習、試合に出ることって大切ですね。ある時はライバルある時は親友になれたらいいでしょうね。
でも高校って足の引っ張りあいまでは行かなくてもけっけうやりますよね。
うちのチームも一部の父兄がライバル意識丸出しで困ってます。
Posted by RK at 2008年02月01日 17:12
RKさん、どうもです。

「ライバル」と「ライバル意識」ってわずかに「意識」って言葉を付けただけなのにイメージが全然変わって来ちゃいますね。
敵はチーム内ではなくて外ですからね。
しかもやるのは選手。父兄がライバル意識持ったって何にも意味無いのにねぇ。困ったもんですね。
Posted by かに at 2008年02月02日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック