2005年09月23日

陸上部の意外な真実

先日、キャプテンのS君が陸上部を辞めると言いだした。
S君とは少年野球も一緒、シニアも一緒、そして陸上部も一緒と、常にまーぼと一緒に頑張ってきた間柄だけにその話はものすごく驚いた。練習好きで暇さえあれば体を鍛えることをしている彼が辞めるというのだからそれなりに理由があるはずだ。そう考えてまーぼやS君の母から情報を仕入れてみたところ、理由がかなり分かってきた。

○陸上部のメニューがS君の望むものと違っていた

○そのためメニュー以外にも独自に学校外周を走ったりしていたのだが、先生から「勝手な練習はするな」と止められたらしい

○それならばこういうものもメニューに入れてくれと申し出たが、先生から「メニューはみんな一緒でなければいけない」と、却下された。

○それならと、メニューを早めにこなし、帰宅後に走ったり、素振りしたりしたいと考えたが、周りとペースを合わせてやらないといけないため、一人早めに上がることは出来ない。

○みんなと一緒にメニューをこなすと帰宅は7時過ぎ、宿題や食事の時間を考えると素振りや走り込みに多くの時間を割けない。


簡単に説明するとこんな感じです。
正直ツッコミどころ満載です。どこから切り出していいのかすら迷っちゃいます。

まずは陸上部の実情からちょっと説明させてください。

ウチの陸上部は顧問が2人います。
一人は年輩の男性の先生。クラブチームに所属している子に対して理解があり、入部を認めてくれたのもこの先生です。
もう一人は若い女の先生。クラブチームにあまり理解を示さず、陸上部として全員を一つにまとめたいという野望を持っている(様に感じられる)実質的に活動を見ているのはこの先生。S君に対して発言したのももちろんこの先生。クラブチームの練習を休んで陸上の大会に出ろと言った実績あり。

部員数は総勢20人弱ですが、その半分はクラブチーム所属の子。(体育系でクラブチーム所属の子を受け入れてくれたのがこの部しかないため)野球だけでなくサッカーをやっている子もいます。

一応部内では短距離系、長距離系と分けて練習しています。これは陸上のみで考えれば当然の事です。短距離の選手が長距離走ったりしませんからね。

しかし野球やサッカーをやっている子と、陸上のみの子では求める練習が違ってきます。
野球やサッカーは長距離、短距離、両方の練習が必要になります。しかし短距離に属している子は長距離の練習は出来ません。まーぼもS君も短距離の方に属しています。

そんなことから今回の「陸上部を辞める」発言が出たようです。
まーぼからの事情聴取のとき、ざっと練習メニューを聞いてみました。見事に短距離のみです。思わず「そりゃいかんだろ。なんで長距離も走らないんだよ。野球選手としての練習を考えたら不足してるだろ。ボールが触れない分、走り込みもしてくれないと」と言ってしまったんですが、要するに先生がそれを認めないから、というのが答えでした。

正直うかつでした。陸上部に入れば、毎日走り込んでるもんだと思ってましたから。これならソフトテニス部に入っていた姉ちゃんの方がよっぽど走り込んでますよ。

若い先生は『クラブチームに入っていても、学校に於いては陸上部所属。クラブチームの子だけを分けて考えない』というのが基本方針なんです。それはそれで立派な考えに思えますが、そのくせ2学期早々の練習で、『週末にある陸上の大会に出ない子(要するにクラブチーム所属の子です)は今日は休み』と切っているんです。
自ら分ける発言をしてるんだから、練習も陸上1本の子と、クラブチームの子を分けて欲しいんですよね。


これははっきり先生に一言もの申さねばいけないだろうと思いましたよ。
まーぼからも「俺は部活を辞める気はないけど、メニューだけは何とかして欲しい。先生と話をするなら早い内にやってくれ」と言われたし。

私はウチの中学のことしか分からないんですが、他にも平日=陸上部、週末=クラブ、という人はいると思うんで、そう言う子がどんなメニューで練習をしてるのか、ぜひ教えてください。
また野球選手としてどんな陸上メニューが適してるのかも合わせて教えていただきたいと思います。
なにせ、野球経験も陸上経験もないものですから。

そのアドバイスを持って連休明けにでも先生と会ってきたいと思っています。
それと先生の上手い説得方法なんかも、もしあるならお願いします。
posted by かに at 03:37| 埼玉 🌁| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はかにさんのブログを読ませていただいて初めて、野球優先で平日のみの学校運動部があることを知ったので、雰囲気をイメージすることができないです。
そのシステム自体、かなり苦しいと感じます。まず、陸上に青春を賭けた選手と野球に青春を賭けた選手が同居していること。想像ですが、多分週末クラブ組の方が、陸上をやっても優れているのでしょう。その部のモチベーションをどこに持ってきて、どうまとめていくか?私が顧問だったら悩んでしまいますね。

無知な私の個人的意見としては、陸上部を競技コースと体力育成コースと入部目的で2つに分けることが必要だと思います。アップまでは一緒で、その後別メニューで練習する。それ以外に解決に道は無い様に思えます。
Posted by 星 十徹 at 2005年09月23日 08:05
 イヤー、同じ状況化があるなんて、ちっとも考えもしませんでした。
我が球団の中学生が行く中学には野球部が無いので、当然に他の競技の部活です。
バスケ、バレー、バトミントンは土曜日に試合があるので、野球一本の気持ちの小僧はみんな「陸上部」です。
 陸上部のほぼ全員が野球小僧ですから。週末の野球の為に走り込んでいるようなもの、自己の記録を伸ばそうなどという気はサラサラありません。
 顧問の先生(女性)にしてみたら、幽霊部員ばかりですから「やる気」がない選手達にカリカリ状態。
 でも、野球部発足したら陸上部存在しなくなっちゃうのですが・・・
その陸上部が、グランド明け渡さないので野球部ができないとか。先生の復讐?
Posted by フルコーチ at 2005年09月23日 09:15
うちの子の中学でも、シニアにいっている子は陸上に入っているか、帰宅部で自分で走りこみのいずれかを選択しているようです。
自分が顧問の先生だったらと思うと、考え込んじゃいますね....

ちなみにうちの子の中学では野球部の次に走りこんでいるのは吹奏楽部です^^;
マーチングバンドの体力養成のためだそうです。

男子テニス部よりよっぽど走りこんでます。
Posted by 文球 at 2005年09月23日 11:27
自分の強い意志で、帰宅後も一人で自主練が必ず出来るのなら、私は陸上に拘る必要は無いと思います。
うちは幸い、部活もクラブも「軟式野球」ですので良いのですが、こんな私でも、部活の時間を自宅の個人練習に充てたいと思う位ですから。

陸上のメニューの件なんですが、短距離中心のメニューでは不満なんでしょうか? すみません。私はあまり長距離系の練習は、野球には重要ではないのでは? という考えなんです。

目的の違いと言えばいいのでしょうか? 
持久走も大切だとは思いますが、心肺機能強化よりも、瞬発力をつけるランニングメニューのほうが、野球には効果的だと思うんですがどうでしょう?

ダッシュ系の練習を部活で行い、持久走は帰宅後に街を1周。なんてパターンじゃダメですかね?
Posted by ドラ夫 at 2005年09月23日 20:07
 そういえば、元メッツトレーナー立花さんに言わせると、野球選手に必要なのはダッシュ系であって、長距離は練習に耐えるための体力作りに過ぎないと、言っていましたなぁ。
 確かに、ランニングホームラン以外の長距離って無いですね。
Posted by フルコーチ at 2005年09月23日 21:50
そんなシステムをとってくれている『部活』が存在すること自体が不思議な感じがします。
星さんのコメントにありますが、「陸上」したい子がいるのであれば、かにさんのお子さんたちは学校側から言わせると"邪魔者"なのでは・・・
逆に野球チームに「野球に関心のない子」がいたら邪魔じゃないですかね〜。
無責任に言わせてもらえば、部活辞めてS君と一緒に自主練させますけど・・・

ちなみに私は中高と卓球をしていましたが、顧問は"素人"ばかりでしたので、練習メニューは生徒が勝手に考えてやってました。
学校の施設(グラウンドとか・・・)を使用させてもらえるのであれば、「野球」のためのトレーニングをした方がいいのでは・・・
Posted by さとる at 2005年09月23日 22:08
星さん、フルコーチさん、文球さん、ドラ夫さん、さとるさん、アドバイスありがとうございます。

今仕事中なんでゆっくりコメントを返すことが出来ないんですが、取り急ぎお礼まで。
自宅に帰りしだいコメントさせていただきます。
Posted by かに at 2005年09月23日 23:26
この手の話しは、シニアやボーイズの通過点なんですよね。
どこの野球チームも頭を抱える問題です。

最終的には本人の考え次第・・・になると思うので、S君の考えは間違えていないような気がします。

でも、実はまーぼ君の置かれている環境が羨ましかったりもします。

私の息子の中学は、もちろん野球部などありませんが、陸上部も名ばかり・・・。
息子はそれでも「部活に入った方が高校入試の内申点が上がる」と先生に説得され、陸上部に無理やり籍を置きました。
しかし、毎日練習はなく、帰宅部同然。
“平日に行われる大会には出る”と言う約束だったので、学校の代表になり出場しましたが、もちろん、練習は1週間前から始めるだけ。
顧問も「タイム計るときだけ呼んでね」と言う有様。
大会当日も、ユニフォームもなく、スパイクも借り物。
盛り上がらないまま、区の大会に出場し、幸運なことに優勝。
そして、都の大会に出場することになりましたが、またも練習は1週間前からだけ。
そして、これまた運良く優勝しましたが、その表彰式も地味で、
「あそこのテーブルの上にある、自分が出場した種目の表彰状を勝手に持って帰って!その後は流れ解散ね。」
と、係りの職員に言われて名前すら呼ばれることなく、勝手に帰りました。
当然、テンションは盛り下がったまま・・・。
本人も「優勝してラッキーだったかな・・・」
と言う程度の喜び。

こんな状態で、中学3年間の陸上部とその大会を過ごしました。
息子にとっては野球が優先できるので「気楽な陸上部」だったのでしょうが、親としてみれば、せっかくの学校生活の一部なんだから、もうちょっと大人が盛り上げてくれてもいいのに・・・と寂しい気分でしたよ。

それに比べれば、まーぼ君の学校は恵まれていて羨ましい。

昔は本当に顧問もスポーツのイベント自体も熱心で楽しかったですよね。

なんだか長くなってしまってすみません(^-^;


長くなったついでに、野球の練習の内容について書かせていただくと、ドラ夫さんのおっしゃるように、持久力系の練習メニューは最近では少なくなっていると思いますよ。
冬の走りこみや投手のみの長距離走などには取り入れられていますが・・・。

やはり、今は瞬発力系が主流みたいですね。
ただし、短距離ダッシュと言っても何十本も行うので、長距離走よりスタミナもつくでしょうけど。

高校生以上になると、筋力トレーニングが加わるので、更に瞬発力アップを求められるようですよ。

“とにかく走れ”の時代だった昔とは違うんですかね・・・。
根性!根性!という考えは古いのかもしれませんね。
Posted by きんぎょ at 2005年09月23日 23:42
星さん、どうもです。

ウチの学校では全生徒がどこかしらの部活に入らなければならないことになってます。
外のクラブに入っていない子にとっては何も問題ないことなんですが、入っている子は入学から本入部までの間に生徒間でも親の間でも色々な情報が飛び交います。

概ね、平日練習があるクラブの子はパソコンや囲碁といった文化部。ない子は陸上部というのがポピュラーなようです。文化部に入った子はほぼ90%以上幽霊部員のようですが。

どの部活でも好きで入った子とそうでない子の温度差があるのは間違いないことです。ただ陸上部は文化部と違って出席率が高いから余計にそういった問題が表面化するのだと思います。
私自身も温度差がある以上、別メニューで練習するのがお互いのためにも良いことだと思うんですけどね。
Posted by かに at 2005年09月24日 03:15
フルコーチさん、どうもです。

やはり似た様な境遇の方がいるんですね。
ウチの場合、他の体育系の部がクラブの子を受け入れてくれないので、自動的に体を動かすなら陸上部となってます。自己記録に関しても、そもそも記録会に参加してないですからね、クラブの子は。だいたい土曜に行われることが多いみたいです。クラブを休んで記録会に参加する様な子はいませんから、部活動中に取らない限り記録を知ることすら出来ません。1度、「クラブを休んで記録会に参加しろ」と言われたそうですが、丁重にお断りしたそうです(笑)

立花さんは私も崇拝してますから、そのような事をおっしゃっていた事は聞いたことがあります。
ウチの少年野球の甲子園経験者のコーチからも「ひたすら長距離を走るより80メートルくらいを多く走る方がいい」と言われました。下半身強化のためにも長距離も必要だと思っているんですが、やはり短距離の本数を増やす方が良いんでしょうかねぇ。
Posted by かに at 2005年09月24日 03:17
文球さん、どうもです。

じつは私は高校時代吹奏楽部でした。中学からずっとバドミントンをやっていたんですが、高1の夏に指を骨折してしまい、そのときの顧問の対応に嫌気がさして吹奏楽部に移ったんです。
何故吹奏楽部だったのか・・・女の子がいっぱいいるからと言う意見も否定できません(^^;)

吹奏楽って以外に体力いるんですよ。私も走り込みや腹筋などかなりやった記憶があります。

正直、先生が対応に苦慮してるのもすごくわかります。ただ毎日のことですから、なんとか改善出来ないかなと考えてます。
Posted by かに at 2005年09月24日 03:18
ドラ夫さん、どうもです。

残念ながら、まーぼには毎日自主的にトレーニングし続けるという、強い意志はありません。
自分の血だから強くも言えないんですが、かなりの確率で楽な方に流れてしまうでしょう。
ですから文化部ではなく陸上部に入ることを勧めた訳ですし。毎日俺が監視することも、個人練習に付き合うことも出来ませんし。

私自身は短距離だけでなく、多少でも部活で長距離も走って、走るトレーニングは部活で十分やり、帰宅後は素振りやシャドー、そして勉強に充てて欲しいと思っていたんですよ。
ウチの辺りは不審者がいるらしいんで、夜走ってる時にそういうヤツと会って怪我させられるのも嫌ですし。
168センチの坊主頭が変なことをされることはないでしょうが。(笑)
ちょっと心配しすぎなのかもしれませんね。

短距離系の強化に関しては、週末にまーぼと話し合ってみようと思います。
Posted by かに at 2005年09月24日 03:19
さとるさん、どうもです。

他の方にも書いたんですが、現在このシステムがあるのは陸上部だけです。
私はまーぼをバスケ部に入れようと目論んでいたんですが、(単純にストップ&ゴーが多いスポーツだという認識で)やはりさとるさんが言う様に、他の競技を真剣にやろうとしてる子にとっては邪魔者になってしまうでしょう。
それでもウチの中学にこういうシステムがあるのは、生徒数の減少があるようです。
私が中学の時は学年で11クラスあったんですが、現在まーぼの学年は4クラス。全学年で12クラスしかありません。そのため強制的に全生徒を部活に所属させないと、存続していけない部活が出てきてしまうらしいんです。現に数年前にバドミントン部は廃部になりました。
現在、我が学校にあるのは、野球、サッカー、ソフトテニス(男女)、バスケ(男女)、卓球(女子)、バレー(女子)、陸上(男女)、吹奏楽、囲碁将棋、手工芸、パソコン、美術、これですべてです。
昔は当たり前にあった部活がことごとくなくなってます。ちなみに陸上部があるのは市内でもウチだけです。

トレーニングに関する考え方が違うからS君とまーぼが一緒に自主練ということもありえない事ですし、まーぼ一人ではどれだけ続けられるか、はなはだ疑問ですから。
陸上が本命の子にとって邪魔なのは百も承知ですが、だからこそ別練習でやらせて欲しいんですよね。

今日、S君母とウチの奥さんが話したところでは、すでにS君は若い方の先生に辞めるということを話したらしく、先生は「じゃあ辞めなさい」(売り言葉に買い言葉的?)と言われたそうです。
その後、年輩の方の先生から電話があり、親としては辞めさせたくないから別メニューにさせて欲しいと申し出たそうです。先生からは「考えますから時間を下さい」と言われたそうです。

今後、どうなるかわかりませんが、私としてはそちらの方向に行く様に、私自身も先生にお願いしてみるつもりです。
Posted by かに at 2005年09月24日 03:21
きんぎょさん、どうもです。

内申のことは私の頭にも少しあります。入った方が良くなると言うより、転部すると内申が下がると聞いたことがあるんです。まだ正式にどこの高校に行くかなんて予想も出来ませんが、(そもそも本人の希望がコロコロ変わるし)マイナス要素は出来るだけ避けたいのが本心です。

練習に関してはウチの学校はまだマシなんですね。練習してるだけ。
大会に関してはウチも似た様な感じがあります。市内に陸上部があるのはウチの中学だけなんで、大会無しで自動的に市の代表になれてしまうんです。どんな記録でも。
その上の地区でも陸上部は相当少ないらしく、勝ち上がりがほとんど無しで県大会に出場出来てしまうらしい。(野球では考えられないですね)
1学期にその県大会があったんですが、若先生はせっかくある代表権だから選手を県大会に送り込みたいと考えていたんですが、ウチを含む父兄から「そんな勝ち上がってもいないのにいきなり基準タイムをぎりぎり越えてる程度で県大会に出るのはどうか。恥ずかしい思いをする選手がどう思うか」という意見が出ました。
少年野球で必死の思いで県大会に出場した私たち(出たのは息子ですが)からすると、県大会を軽んじてると思えてしまったんです。

しかし、それでも県大会に出場したというブランドが大きい様で、陸上1本の子の親からは、ぜひ出場させてくれという意見があったようです。実際ウチの息子達は出ない訳ですから、出る子の親の方の意見が優先され県大会に出場した様です。詳しい結果は何も知らされてませんが。
今までもないですし、きっとこれからも陸上の大会を見ることはないと思うんですが、そんなに淋しいものなんですか。個人競技だから表彰台とかあるのかと思ってました。五輪みたいに。(^^;)

若先生も熱心な人ですから、良い先生だと思っています。ただ我々と意見が合わないだけで。
なんとか上手くやって、みんなにとっていい方向になるようにしたいです。
Posted by かに at 2005年09月24日 03:23
(多分?)はじめまして

かにさんの息子さんの中学は恵まれていますよ、きっと。
うちのチームは軟式なので、選手の殆どが中学校の野球部に入っています。でも、その中学では当然硬式やっている子が何人かいますが、全員文科系のクラブでお茶濁してます。単なるトレーニング目的では入部させてくれません。
自主練はよくわかりませんが、シニアでも平日も週2日は練習あるようですので、文科系でも不自由はあまりないようです。

短距離でスタミナもつけたいのなら、「400Mのインターバル走」です。高校野球では、これを“股割れ”して“ヘド吐く”までやらされますし、体力もつき下半身も鍛えられますから。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年09月26日 16:18
少年野球コーチさん、はじめまして。
そちらのブログも拝見させてもらってますし、他のブログでコメントされてるのを読ませていただいてますから、こういうのもなんですが。

やはり恵まれてるんでしょうかねぇ。同じ地区の他校の状況が判らないんで判断が出来なかったんで。何度か書いてますが、ウチの息子は流されてしまうタイプだからどうしても帰宅部、文化部にはさせたくなかったんで、そういう意味では認めてくれた先生には感謝しているんですが。

こちらの地区では軟式クラブはないので、野球をやるなら、硬式のシニアか、軟式の野球部のどちらかになってしまいます。軟式クラブがあったらドラ夫さんの所の様に、悩むことなく野球部に入るという選択肢が出来たんですがねぇ。

400mのインターバル走はいいですね。じつは先日、ウチの甲子園経験者コーチにも相談したところ、「ピッチャーをやりたいなら400〜1000m位の中距離も必要」と言われたばかりでして。息子とも話して、そのくらいの距離もトレーニングに入れるべきだろうという結論に達したばかりなんです。高校野球でもやっているというのは大変参考になります。

今まで皆さんに教えていただいた知識を持って、明日先生に会いに行こうと思ってます。
結果がどうなるかはわかりませんが、きちんと報告させていただきます。

ところで、『股割れ』というのは何なんでしょうか?『股割り』は知ってましたが、『股割れ』は聞いたことがない言葉なんで。ぜひ教えてください。

Posted by かに at 2005年09月27日 02:42
今どきは「ケツ割れ」って言うんですね。(「股割れ」で検索したら、楽しい・・・あっ、違った、いかがわしい検索結果ばかりで・・・(汗))
インターバル走を何本か続けると、股(ケツ)が割れたように痛くなる状態です。初めて経験すると、何が起こったの?ケツが割れちゃった!(もう割れてんじゃん)と思い、立てなくなります。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年09月27日 10:44
少年野球コーチさん、またまたどうもです。

ありがとうございます。思い出しました。昔さんざん走らされたあとにそんな状態になってました。昔はあの状態のことを形容する言葉があることすら知りませんでしたが。思い出しただけでケツの辺りがムズムズしてきてしまいました。

ちなみにケツ割れで検索してみたら、やっぱりいかがわしいのがたくさん出てきました。しかも私には理解できない様なものが。あまりお勧めできませんが、文字を読んだだけでクリックする気持ちが起こりませんでした。
Posted by かに at 2005年09月28日 01:54
うちの息子も中1の時陸上部に所属していました。砲丸投げをさせられたりするので陸上部には行かなくなりました。クラブチームと部活の掛け持ちは難しいですね。息子は中2ですが、部活は辞めて家出自主練しています。
私もそれでよいかと思っていますが。。。
内申書に響くかも。。。と少し不安になってます。
Posted by aya at 2005年10月03日 15:21
ayaさん、どうもありがとうございます。

砲丸投げはさすがに勘弁して欲しいですよね、野球選手として。ウチはトラック競技ばかりでフィールド競技をやらされることはないようです。
自主練がしっかり出来る子ならば退部も選択肢としてアリだと思います。
ウチの場合は、誘惑に弱い方なんで、楽な方楽な方に流れてしまう可能性が高いんで、無理矢理でも続けさせないと。今のところ本人も辞める気はないようですし。

内申は学校にもよるんでしょうが、多少は覚悟しなければいけないかもしれないですね。その分はテストで頑張ってもらうしかないですね。(^^;)
Posted by かに at 2005年10月03日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック