2007年11月10日

連続写真にチャレンジ

先週、ブルペンに入ったまーぼをコンパクトデジカメの動画モードで録ってみました。
せっかくなんで色々試行錯誤しながら、連続写真にチャレンジしてみました。
こんな感じで良いのかな。

肝心のピッチングに関してはまだ修正の余地はありますが、当初よりは良くなったかな。
数ヶ月後にもまたこうしてやってみたら成長が分かるかな。

DPP_0976.JPGDPP_0980.JPGDPP_0981.JPG

DPP_0982.JPGDPP_0983.JPGDPP_0984.JPG

DPP_0985.JPGDPP_0987.JPGDPP_0989.JPG

DPP_0990.JPGDPP_0991.JPGDPP_0992.JPG

DPP_0993.JPGDPP_0995.JPGDPP_0996.JPG
posted by かに at 23:57| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
躍動感があるフォームですね!
全身がバネ といった感じがします^^


Posted by ドラ夫 at 2007年11月11日 00:32
いいケツになったなぁ〜
体つきが夏より一回り大きくなったんじゃない?
高校野球で背番号「1」をつけて、泣き虫父さんをたくさん泣かしてあげようね!^^
Posted by metoo at 2007年11月11日 01:11
ウチの子にこの連続写真を見せよっと。
特に上2〜3段目の6枚。
「ほら,これ!こんな感じだよ!」ってね。
Posted by K太父 at 2007年11月11日 01:34
ほんと、躍動感のあるフォームですね。
私が個人的にちょっと気になるのが9枚目ですね。
トップができたときに上半身がすでに前のめりっぽくなっていることなんです。こういうフォームの傾向として、試合後半の足腰に疲労が溜まってきたときに、軸足が早く浮いて、球が上ずってしまう傾向があります。ここはちょっとそれを気にして最初から前へのめっていくのを修正すれば、コントロールも安定し、長いイニングも平気になるのでは・・・・なんて素人が偉そうにすみませんね。
Posted by touch at 2007年11月12日 10:50
ドラ夫さん、どうもです。

引退直後から比べたら大分良くなりましたが、まだまだ球の質が今ひとつですからね。
今のままでは高校ではまず通用しないでしょう。ここからさらにステップアップ出来るか。
それこそドラ夫さんが言われるようにバネのようになってくれればいいんですが。


metooさん、どうもです。

そう?一緒に暮らしてるとそれほどケツがでかくなったと思えないんだけどね。
夏から比べると、体重が5kgくらい増えてるから、多少大きくなったように見えるかな。
高校野球のマウンドに息子が立ってて、それをブラスバンド付きで応援されてたら・・・ホントに泣いちゃうかも。


K太父さん、どうもです。

まーぼのなんてお手本にしちゃっていいんですか?まだまだ発展途上のフォームですよ。
オヤジ的にはもう少しこここうして欲しいとかリクエストがあるんですが、それはまた後日エントリーします。


touchさん、どうもです。

さすがtouchさん!その点がまさしく修正しているポイントなんですよ。
これでも前より良くなった方なんですが、2ヶ月前は岡島じゃないですがお辞儀するような投げ方だったんですよ。
腕の振りが弱いのを体を押し込む事でカバーしてるような感じですかね。
それじゃあリリースポイントも安定しないし、結果コントロールも安定しないし。まさしくtouchさんの言われている通りです。
すぐにでも修正したいんですが、まだそれを補うほど下半身が付いてないんで、もう少し下半身が強くなってから徐々に直して春に間に合わせたいと思ってます。
他にも修正予定ポイントはあるんですが、それはまた後日エントリーします。
Posted by かに at 2007年11月13日 04:23
色々な投法理論がありますので、私の考えていることが絶対正とはならないでしょう。
ただ、私の理想と思う投法は軸足にどれだけタメを作るかに行き着くんです。つまり、左足が着地したときに両足の中央より左足側に頭が位置すれば、軸足側のタメがなくなると思っているんです
もちろん、まーぼ君のような(それよりももっと極端な)投げ方のプロ投手がいます。しかし、往々にして短命だと思うんです。つまり、故障をかかえることが多いと思います。
稲尾が死去しましたね。その稲尾をはじめ、金田、杉下、堀内、平松、江夏などと最近の投手と明らかにフォームが違いませんか。最近のフォームは打者から見て打ちにくいフォームへ改造したこともあるとは思います。しかし、それを考察したこと、また瞬間的に肘・肩に負荷を与える方法でスピードを追求するということで無理なフォームになっていってるような気がするんですよね。
Posted by touch at 2007年11月13日 16:03
touchさん、どうもです。

まーぼの進む学校は部員数も少なく、投手が潤沢にいるという訳ではないので、必然的に投球数が増えると思われます。
ですから、肩、肘に負担が掛からない投げ方を会得するのは急務です。が、まだ下半身が出来ていない今、無理矢理変えるのは負担が掛かりすぎると思ってます。他にも修正点はありますしね。
ですから少しずつ、来春までには直していこうと考えてます。単純に突っ込まないようにすれば良いだけではないので。
現時点での連続写真のアップは、そうした修正点をはっきり自覚してもらう目的もあったんで。
Posted by かに at 2007年11月15日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック