2005年09月04日

1日で4勝の幸せ

昨日は少年野球で2試合、シニアで2試合が予定されていた。

私は審判を頼まれていた関係で少年野球の方に顔を出しました。
この日行われたのは、さいたま市近隣の選抜されたチームが出場する大会でした。
ウチの市からは3チームが参加。すでに1回戦を終え、この日は2回戦、3回戦が行われた。

合宿やらなにやらで久しく低学年チームを見ていなかったから、楽しみにしてた。

選手達が来る前に一試合審判をこなし、すっきりと子供達の応援に移った。
2回戦は戸田市のチームと対戦。
左の好投手がいるチームなのだが、守備の方はそれほど堅くはなかったのが幸いして、ミス絡みで得点を重ね、5−2で勝利することが出来た。
実は2回戦に負けてたら、次の試合も審判をしなければいけなかったんで、より力が入っちゃいました。

お昼休憩を挟んで、3回戦へと移った。
この試合でも打線は好調で4回までに7点を取った。しかも相手には1点も与えず。
ちなみにこの大会は、低学年のための大会のため、特別ルールとして、イニングは5回まで。1イニング打者は9人まで。9人になったら交代となっている。

という事で、7点リードで最終回を迎えた訳です。
しかし、ここからが低学年の怖さ。4回まで快調に投げていた投手が突然ストライクが入らなくなってしまう。明らかに腕も振れてない。盗塁、盗塁、ワイルドピッチ、そしてフォアボール、この展開であっという間に4点を取られてしまう。
監督がたまらずタイムを掛け、ナインに檄を入れる。その甲斐あってか、ピッチャーの腕が振れるようにはなったものの、今度は野手に連鎖反応が。何でもないフライをポロポロとこぼしてしまう。
あれよあれよという間に6点を献上。しかもランナーが3塁。ここまでで取れたアウトカウントは1。
もう同点は覚悟しなきゃいけないだろう、と思っていたらカウント2−1からバッターが空振りをした。

よし、2アウトだ。と思ったら、キャッチャーがポロリ。条件反射からキャッチャーはファーストに投げてしまう。その瞬間、3塁からランナーが生還してしまった。
まさかまさか、思っても見ない同点劇だ。当然相手ベンチはお祭り騒ぎ。
なんとかかんとか3アウトまでこぎつけたものの、流れは完全に相手に行ってしまった。
こちらの攻撃は簡単に2アウトにまでなってしまった。過去、このチームはこんな感じで5点差、6点差をひっくり返されている。つまり最終回に弱い、緊張に弱いのだ。

ところがこの日は、相手がチャンスをくれた。なんでもないショートゴロだったが、ファーストがこぼしてランナーが残った。相手にとってはサヨナラのランナー。当然今度は相手にプレッシャーが掛かる。次の打者はあっさりとフォアボール。すかさずダブルスチールを決めていよいよサヨナラムードが高まった。
ここでキレイなセンター前ヒットが飛びだして、ついに試合は終了した。

なんとか、ようやく、試合に決着を付けられた。お母さん達はみんな目に涙を浮かべている。
ヤンチャ坊主達にとっても反省と自信を得られた良い試合だっただろう。
来週は準決勝、決勝がある。どうやら優勝したら焼き肉食べ放題で祝勝会を開く約束を選手と監督とがしているらしい。吊られたニンジンがどれほど効果があるか楽しみだ。

さてさて、少年野球の話が長くなってしまったが、シニアの方もタイトルで分かる通り勝利しました。
しかも2戦とも。しかも2試合ともコールド勝ち。
久しぶりにおいしいお酒を飲んじゃいました。日曜が早かったんでさすがに日付を越えるまでとはいかなかったけど。願わくばまーぼが出場してほしかったんだけど、さすがにそれはなかったようです。

まーぼの公式戦デビューはまだまだ先になりそうです。



posted by かに at 23:03| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
低学年の試合は全てが珍プレーですからね^^
沢山のリードでも、安心出来ない部分はありますよ。
でも「特別ルール」で9人で終わりというのは、当地では無いですね。私も初耳です。
なんか違和感がありますが、どうなんでしょう?・・

シニアのほうも、2試合でコールドとは威勢がいいじゃないですか! どうしたらそんなに打てるのですか? うちのクラブにも指導してくださいよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月05日 13:10
ドラ夫さん、どうもです。

一時期に比べれば大分野球らしくはなってきましたが、まだまだ安心は出来ないですね。
9人で終了というルールは、息子も一度体験してるんですが、9人目がヒットを打っても交代ですからね。ですから9人目が打ったら無謀な走塁しまくってます。そもそも9人まで攻撃を許してしまうチームなら守備はそれなりですから、下手すると9人目までホームインしちゃいますよ。
低学年だと力の差があって打者一巡してもアウトカウントを取れない様なチームがあるから、それに対する対策のようです。
まぁ、1、2回戦では適用されることがありますが、それ以降はそんな事態は起こりません。

ウチのシニアは2年生の打力が自慢なんです。それに比べて1年生と来たら・・・(T_T)
1年後に今の1年生達がそうなってれば良いんですが。
Posted by かに at 2005年09月05日 15:34
皆さん同じ様なことを経験しているんですね。今までの我々のチームはいかにラッキーだけで勝っていたと心底思います。
エースがマウンドに居ないとチームが締まらないし、エースが崩れると試合が壊れる。本当にエースって大変なポジションですね。
昨日のヤッ君は気の毒でした。大人としても、何て声をかけてあげればいいか、わからないくて。陳腐な慰めなんて、何の役にも立ちませんからね。
Posted by 星 十徹 at 2005年09月05日 16:24
低学年の試合は本当に微笑ましいものがあります。
ハチャメチャな試合展開の子供達に加えて、わが子を応援する母達の本気の眼差し・・・

懐かしく感じられます。

子供達が焼肉食べ放題へ連れて行ってもらえるといいですね(笑)


まーぼ君のチームの勝利もおめでとうございます。
この時期から打てるチームはなかなかないですよね。よっぽどスター選手が揃っているのでしょう・・・。

早いもので、打線のチームには高校のスカウトが評判を聞きつけてすぐに飛びついてきますよ。
まーぼ君の試合の出場はなかったとの事ですが、強いチームにいる限り、チャンスは大変多いです。
いつ声が掛かってもいいよう、日ごろの練習はしっかり頑張ってください!

次の大会結果も楽しみにしています。
Posted by きんぎょ at 2005年09月05日 18:36
星さん、どうもです。

その試合で一番つらい思いをしたのはピッチャーのヤッくんでしょうからね。
息子も何度となくそういう思いをしてます。晩飯も食わず布団をかぶって寝てしまった事も。
それでもピッチャーが投げなければ試合は始まりませんからね。きっとヤッくんも自力で乗り越えてくれるでしょう。
Posted by かに at 2005年09月05日 22:41
きんぎょさん、どうもです。

ウチにはスター選手はいないですよ。(笑)
これからどんどん活躍してスターになって欲しいとは思います。
試合以外でもちょくちょくグランドに顔を出してると自分の息子以外にも愛情が出てくるし、みんなが巧くなって欲しいんですよね。
たとえ息子のライバルであっても。
その切磋琢磨があってこそ本当の成長がありますからね。
Posted by かに at 2005年09月05日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック