2007年11月07日

6年越しの・・・

昨日はまーぼの中学の音楽会でした。
この音楽会、要はクラス単位で合唱をするって事なんですが、学校側は結構力を入れてまして、事前にプロを呼んで指導してもらったり、朝練、夕練をやったりしてるんです。
で、音楽会ではそんな日頃の練習の成果を見せるべく、市内のホールを借りて全学年全クラスが順番に課題曲と自由曲を歌っていくわけです。

そんな音楽会も3年生ともなれば最後のイベントですから、これが意外に力が入ってるんですよ。課題曲は『ふるさと』のアカペラ。指揮も伴奏も生徒がするんだけど、中にはマイ指揮棒を持ってる子がいたりして、これを見るのも意外と楽しかったりするんだよね。
ウチの中学は各学年4組まであるんだけど、それぞれの学年で最優秀を取ったクラスは市内の中学が集まる市内音楽会に進む事が出来る。

合唱と言えば我が家の姉ちゃん。小学生時代、地域の合唱団に入ってたりしてすごく力を入れて取り組んでたんだよね、この音楽会は。しかし残念ながら1、2年の時は男子が今ひとつ声が出てなかったりで最優秀は取れず。で、中三の音楽会。姉ちゃん的に改心の出来。親の目から見てもこれは間違いないだろうと思っていたら、出来は今ひとつなんだけど、学年で唯一の4部合唱をしたクラスが最優秀を取ってしまった。
インパクトのみって感じがしたんだけど、結果は結果。残念ながら姉ちゃんは市内音楽会に進むことなく中学を卒業したんだよね。

そしてまーぼも今回の音楽会が最後。これまで2年間は姉ちゃんと同じく最優秀はなし。
ところが今年。ついに念願の最優秀を取る事が出来たんです。
我が家にとっては6年目にして初の快挙。(まーぼと姉ちゃん1年重なってるから正確には6年じゃないんだけどまぁいいじゃない)

実際ホールで聞いてる時も、まーぼの1組か、その前に歌った3組か。どちらかが最優秀だろうとは思ってました。声量の1組か、バランスの3組か。

各クラスの合唱は午前中に全部終え、昼食後、学年合唱や全体合唱があったりしたのち、結果発表になるんです。なるんですが、そんな時間までのんびりと見てはいられません。
午前の3年生のステージだけ見て、とっとと退散。結果は帰宅したまーぼに聞く事にしました。

そして五時過ぎ。ずいぶんと予想より遅い帰宅でしたがようやく帰ったまーぼが笑顔で「最優秀だった」と言った時にはオレもゆずりはもガッツポーズしちゃいましたよ。
まーぼは「まだ練習しなきゃいけねぇんだよ、めんどくせぇ」なんて言ってましたが、やっぱり嬉しかったんでしょうね。顔はしっかり笑顔でしたよ。
その後帰宅した姉ちゃんにこの事を伝えたら、姉ちゃんも喜んでくれましたよ。

市内音楽会の詳しい日程はさっぱり知らないんですが、おそらくクラスで臨む最後のイベントになるでしょう。出場出来ただけでもうオッケー。この先の結果は求めてません。
クラスが盛り上がって結束力が増してくれればそれで良いと思います。
体育祭は惜しくも2位だったしね。まーぼにとってもいい思い出になるでしょう。もちろんその時も見に行くつもり。精一杯楽しんで欲しいと思います。

posted by かに at 04:05| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最優秀おめでとうございます。
うちの坊主もこないだおなじ感じで歌ってきました。
優秀賞貰いましたが、その後はなしでした。
家で会って口パクじゃぁねーかって聞いたら息子とかみさんに避難ゴーゴーでしした。
Posted by RK at 2007年11月08日 22:16
ホールのイベント案内に来週の音楽会のこと載ってましたよ〜!まーぼ君&クラスのみんな、頑張れ〜!
姫の中学校では校内合唱祭が来週あります。出来はともかく、クラスが心を合わせて作り上げる音を聴きに行くのが今からとても楽しみです♪♪
Posted by maa3 at 2007年11月09日 12:39
RKさん、どうもです。

あら、RKさんの所も賞を取ったんですね。おめでとうございます。野球も含めて大活躍ですね。
口パクはまずいっしょ。私もそんな事言ったら間違いなく怒られるから言えませんよ。

maa3さん、どうもです。

小学生の時と違って、中学生にもなれば男子は声変わりしてしっかり高低の差が出ますから聞き応えがありますよね。
中学でクラスがひとつになるようなイベントってこれが最後じゃないですかね。音楽は結果ではなく心ですからね。一つになればきっと良い音楽になると思います。楽しみですね。
Posted by かに at 2007年11月09日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック