2005年09月01日

新学期・・・そして落雷

我が家の子供達も今日から新学期。

意気揚揚と学校へ・・・となるはずが、朝っぱらからまーぼに奥さんの雷が落ちた。

休み中、何度も注意されたのに、まだ宿題が終わっていなかった。

にも関わらず、ここ一週間の彼の行動ときたら、シニアの練習がない日は部屋でゴロゴロ。寝てるかマンガを読んでるかといった感じ。陸上部の練習だって、昼過ぎに「あ、今日部活あったんだ」なんてすっとぼけ、結局休み中はほとんど出席せず。
確かに休み前に部活よりシニアの平日練習を優先していいとは言ったけど、何もない日にさぼっていいとは言った覚えはない。

それでも素振りや走り込みを増やしているのならまだしも、ゴロゴロしてるだけだからね。
寝る子は育つとは言ってもあまりにヒドイ。

母親との約束の手伝いも姉ちゃん任せ。姉ちゃんだって受験生だからもっとまーぼに協力してもらわないと困ってしまう。

部屋の片付けだって一度でやった試しがない。

休み中は耐え続けてきた奥さんがついにブチ切れてしまった。

このタイミングでどうしても説教しないと、と考えたようだ。

昨夜遅かった俺はベッドから出ることは出来なかったが、内容は聞くことが出来た。

要するに学生の本分である学業と部活をおろそかにするな、という話なんだけど、説教の間、まーぼの返事がまったく聞こえて来ない。これにはさすがの俺もムッとしたが、この場は奥さんに任せる事にした。

奥さんがいくら言っても返事すらしないため、このまま是正されないのなら、携帯電話取り上げ。それでも直らなければシニアも休部させる、と告げてこの日の説教は終了した。

どうも最近、自分は野球さえしてればいいといった態度が見え隠れしていたらしい。学校に関することすべてをナメていると。

一学期で甘目の採点だったため、大した努力もせずに好成績をとったからだろう。

野球をやれている幸運をまったく誰に対しても感謝していない。

そんなことでは絶対に良いプレイヤーになる事は出来ない。

心を入れ替えてしっかりしてくれないと、今度は俺が雷を落とす事になるかも。俺だったら雷だけじゃなくて、ゲンコツだって落としちゃうかもしれない。
その辺、まーぼは分かってないだろうな。

posted by かに at 21:55| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥様のブログも毎日拝見してますが、今日の記事にあるような事、想定しておりました。
正直に申しまして、まーぼ君には猛省を促したいですね。
奥様とかにさんのお怒りはごもっとも。
私でしたらもっと凄い事になっていたかもしれません。
しかしここで渇が入りましたから、態度も改まるのを期待したいです。
これで変わらないようでしたら・・ そんな事が無いよう願ってます。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月01日 22:36
ドラ夫さん、どうもです。

息子が奥さんに言った「ガミガミ言われるとやる気が無くなる」という様な趣旨の発言は、俺も母親に言った覚えがありますから、思春期に必ず訪れる反抗期によるものだと思います。

思いますが、目標も定まってなかった自分と、確固たる目標を持ち、そのために邁進しなければいけない息子とは置かれた状況が違います。
その辺をきっちりと分かってもらわないと。
私自身も私の活を待つまでもなく生活を改めることを期待してます。

奥さんによると、今日は人が変わった様にキビキビ動いていたらしいです。どうやら奥さんの雷は多少の効果があったようです。ホッと一息といったところです。
Posted by かに at 2005年09月02日 02:40
我が家の場合は、落雷どころか大津波状態です。
試験結果が悪く、生活態度にも改善が見られない為、野球全てを奪われる状況になりつつあります。
私に救助を求めてきてますが、救助隊も派遣できないような災害状況です。
自然災害と違い自分で惹き起した事ですから、しょうがないでしょう。
大事には至らないと思いますが・・・。
Posted by つよし at 2005年09月02日 10:05
自ら進んで何でも前向きに取り組む子が居たら、逆にちょっと怖いですよね。
舞の海関も言っていましたが、子供の頃は自分で目標に向かってやる気を出すことなど無理なので、ある程度の強制は必要になりますよね。

でも、まーぼ君ぐらいの体格になると、奥さんもちょっと怖いでしょうね。あと、中3にもなれば、頭からどやしつける様な怒り方では逆効果になるでしょうし。
うちの愚息は、精神的にも肉体的にもまだまだ赤ちゃんに近いですから、その点の心配はこれからだとおもいます。かみさんから毎日ガンガン言われています。
Posted by 星 十徹 at 2005年09月02日 10:22
つよしさん、どうもです。

大津波とは大変じゃないですか。
でもこの場合、周りがなんでもかんでも復興してしまっては何にもなりませんからね。
いかに自分で立て直すかが一番大事。救助はその手助けくらいしか出来ませんからね。

なぜ津波が起こったのか、落雷が起こったのかをしっかりと理解させないと、再発しますから。
とは言っても人は忘れる生き物だから、理解できててもまたやらかすんですよね。
Posted by かに at 2005年09月02日 16:07
星さん、どうもです。

星さんの仰るとおり、時々ムチを入れてやらないとちゃんと走りませんからね。学校がある時期ならある程度生活にリズムがあるからいいんだけど、夏休みはリズムも自分で作らなきゃいけませんから、どうしても楽な方に流れちゃうんですよね。子供に自分の目標を思い出させるのも必要でしょう。

まーぼは身長こそ母親を抜いてますが、細いですからね、まだビビる気持ちはないでしょう。
これで横幅が付いてきたらちょっとビビるかもしれませんが。でも母親は強いですからね。
Posted by かに at 2005年09月02日 16:14
かにさん一家の騒動、コメントの皆さんのお宅の様子が目に浮かんで苦笑してしまいました(笑)

どこの家も思春期を迎えると一度は通る道ですよね。野球・勉強に限らずどんなことでも。

特に、夏休みは自分で使える時間がゆっくりあるから、すべてのことを後回し後回し・・・にしてしまいがちです。

でもちょっと待ってください。

「こんなにのんびり出来るのもあと1〜2年だなぁ」
とは思いませんか?

中学3年生にもなれば受験勉強が待っています。
シニアの野球ともなれば、最高学年はほぼ2年生です。
この先、否が応でも追い込まれてきますよ。
希望校に入るため、レギュラーを獲るため。
周りの友達が必死になりますからね(^_^)

かにさんの奥様は常にアンテナを張り巡らして、警告を促しているようですから、まーぼ君は胸の奥底に
「やらなきゃなぁ・・・」
と意識はしているはずだと思います。

まーぼ君は放っておいても大丈夫だと思いますよ。
学校、チームに目標となる先輩やライバルが入ればもっと早い時期から取り組み始めると思います。

こんなのんびりとした考え方は私だけでしょうかね・・・


Posted by きんぎょ at 2005年09月02日 18:40
きんぎょさん、どうもです。

素晴らしいです、きんぎょさん。そこまで大らかな気持ちでなかなか見れるもんじゃないですよ。
器のでかさを感じちゃいました。

仰る通り、勉強も野球もこれからの方がもっと大変になりますから、今から親があせってもしょうがないんですよね。
自分の中学生の頃のことを考えれば、言えた義理じゃないんですが、ついつい口に出ちゃうんですよねぇ。

俺の中1の夏なんて、毎日海ばっかり行ってましたからね。それに比べりゃまだ勉強してる方なんですが。

これからきんぎょさんを見習ってちょっとノンビリとした気持ちでいってみようかな。・・・いつまでもつことやら。
Posted by かに at 2005年09月03日 03:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック