2007年10月29日

少年野球もベスト4の壁

さてこちらは見ていない少年野球の方の話。
あちらもベスト4の壁に跳ね返されましたが、少年野球の方も同じ壁に跳ね返されちゃいました。

県内各ブロックを勝ち抜いた32チームで争う県大会。
先週、我がチームは前日のまーぼのバッピー効果もあり(?)5対2で快勝。

そして迎えた昨日の試合。まず2回戦を行い、勝てばそのまま3回戦も同日に行われることになっていました。しかも台風の関係から詳しいことは分かりませんが、急遽試合会場が変更になったそうです。変更した先がなんと県内NO.1の球場である県営大宮公園球場。
ここはまーぼ達が準決勝、決勝を戦った舞台。高校野球の埼玉大会決勝戦も行われるほどの立派な球場です。
当初は例年と同じく準決勝に進まなければこの球場で試合が出来ないはずだったんですが、理由はどうあれスゴイラッキーでした。
果たしてあの球場で本来のウチの試合が出来るだろうか。心配をしていたんですが、そんな心配は無用でした。
こちらの試合が無得点のまま進んでいる頃、現キャプテンの母から勝利報告のメールが届いたんです。
しかも4対1の快勝。この時点でシニアと同じくベスト8まで進んだことになります。

しかし問題はダブルヘッダーだと言うこと。
県大会はスポ少ルールで、一日で一投手につき21アウトまでしか投げてはいけないことになってます。
つまり完投したら次の試合は投げられない。
2回戦はエースが完投しているので、次の試合は投げられない。
数ヶ月前から第2、第3の投手が課題だっただけにその課題をどれだけクリア出来たのか、楽しみに報告メールが来るのを待っていたんですが、残念ながら敗戦と言うことになっていまいました。

3回戦で登板したのは普段はショートを守っているキャプテン。小柄な選手でエースに比べても球威はほとんどない。しかし丁寧なピッチングでコントロールが売りの投手です。
ところが2週間ほど前に少し肩を痛めていたらしく、自慢のコントロールがままならない。なんとかコントロールしても今度は野手がミスをしてランナーを溜めてしまう。そこに大きな当たりを打たれて大量失点。
結局一番悪い形でトータル8点を奪われてしまった。取られたら取り返すだけなんですが、これまた相手投手はエースでもおかしくないほどの素晴らしい投手。自慢の打線も打ち上げてばかりで1点を取るのが精一杯。

3年ぶりの準決勝進出の夢は潰えてしまいました。
しかしチームとしては3年ぶりの県大会で2勝を上げ、ベスト8に進出したことは素晴らしい結果です。
このチームの主力の6年生は、まーぼが卒団したあと、私が初めて低学年で教えていた選手です。
その時の選手がこれほどの成績をあげてくれたことをコーチとして嬉しく思います。

6年生中心のチームでの試合はこれでほぼ終了。
年内に残っているのはお祭り的な大会のみ。こちらはトーナメントではないので、勝利度外視で楽しむ試合が出来ると思います。あとは来年ある卒団記念大会が二つあるのみ。卒団までのカウントダウンとなります。

シニアの方も関東大会に敗れて一段落なので、卒団に向けて6年生の記念パネル用の写真撮影をすることになるでしょう。もちろん低学年コーチとして3年生以下の選手も見ていかないといけませんしね。
posted by かに at 11:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
県でベスト8なら立派な成績ですよ。
まして激戦の埼玉ですしねぇ^^

1日21アウトルール、当地では聞いた事がありません。
ただこのルールは賛成です。1日に2試合連投は、色んな面で心配ですからね。

Posted by ドラ夫 at 2007年10月29日 23:25
ドラ夫さん、どうもです。

埼玉県下のスポ少野球チームは約450。実際に対戦するチームはその中の一握りではありますが、そこから勝ち上がってのベスト8だからすごいことだと思ってます。
選手達には両手を上げて褒めてあげました。

21アウトルール、ローカル大会やカップ戦では実施されてませんが子供の肘、肩を考えれば良いルールだと思います。
息子は気持ちで投げるタイプだったんで自主的に1試合に集中し、1試合しか投げないってルールを作ってました(^_^;)
Posted by かに at 2007年10月30日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック