2007年10月19日

初めて見る素晴らしい光景でした

最終戦までもつれ込んだパ・リーグのクライマックスシリーズ。
両チーム最高の投手を出しての決戦は予想外にも一方的な試合になってしまいましたね。
しかし本当に野球の面白さを実感出来たシリーズでした。

まずは北海道日本ハムファイターズのファンの方。おめでとうございます。
パに関しては肩入れしている球団がないから、気持ちよくお祝いの言葉が言えますね。

試合の方は期待していた緊迫の投手戦とは行きませんでしたが、最後の最後に素晴らしい場面を見せてもらいました。
それは胴上げや監督インタビューが終わったあと。
ライト側わずかにいるだけのロッテファンに挨拶に行くロッテナイン達。
そして挨拶が終わったロッテナインのところに向かう日ハムナイン達。
そして両軍入り乱れて、健闘をたたえ合っていました。
エースのダルビッシュとリードオフマンの西岡が。里崎とヒルマン監督が。
そしてこの大一番を投げ合ったダルビッシュと成瀬が。互いに肩をたたき合い笑顔で言葉を交わしていました。
毎年優勝の決まる瞬間をテレビで観戦してますが、グランドでこのような場面を見たのは記憶にないですね。とても素晴らしい光景でした。

これこそがスポーツマンシップ。
どちらのチームも本当に素晴らしい。
このチームにあれだけ熱いファンがいるのが当然だと思えるような光景でした。
この光景を見て日本シリーズは日ハムを応援しようと心に誓いました。

全国の指導者はこうした光景をしっかりと目に焼き付けて子供に向かって欲しいと思います。
勝つことはもちろん大事ですし、最大の目標ですがそれを越えた次元でなすべき事があると言うことを、日ハム、ロッテの選手達に教えてもらいました。

片やセ・リーグのクライマックスシリーズも今日始まりました。
初戦は中日が勝利しました。果たして川上はいつ投げるのか。巨人は試合勘を取り戻せるのか、など興味は尽きませんが、勝利を掴んだ時、今日の両チームのような素晴らしい光景を見せてくれるのか、それが楽しみです。

こうした素晴らしい光景を見せてくれたら少しだけ巨人を見直してあげないこともありません。
期待しないで待ってます。
posted by かに at 03:09| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれこそがスポーツの醍醐味。
強敵だからこそ燃えられる。強敵だからこそリスペクトできる。
そしてお互い闘志を燃やして全力を尽くして戦い、結果が出たら相手の健闘をたたえ合う。

素晴らしい。
日ハムもロッテもいいチームだ!
Posted by 星 十徹 at 2007年10月19日 12:23
素晴らしい光景でした。確かに、こんな光景は見た記憶がないですね。

しかも地元にしっかり密着した両チームですし、きっとファンも素晴らしいからこそこうした風景になるんでしょうね。

東京ドームや甲子園じゃ、こうはいかないような気がしますけど、どうなんでしょうかね?
Posted by 少年野球コーチ at 2007年10月19日 16:45
星さん、どうもです。

死力を尽くして戦って、死力を尽くして応援し合ったからこそ、お互いを讃える気持ちが生まれるのでしょう。
しかしそれだけではあの光景は語れませんね。
本当にチームもファンも素晴らしい。横浜ファンも見習わなきゃいけませんね。

少年野球コーチさん、どうもです。

東京ドームでは・・・やはりなかったですね。
内野席なんかは終了直後には空席が目立ってましたからね。
あの球場の内野ってのは野球ファン以外も結構来ますから。
東京ドームは日本で一番野球ファン以外が来る野球場ですから、そんな素晴らしい光景を期待するだけ野暮なんでしょうね。
Posted by かに at 2007年10月20日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック