2005年08月09日

ありがとう佐々木

横浜ベイスターズの“大魔神”佐々木主浩投手が今日フルキャスト宮城で引退登板を行った。

ボロボロになってこれ以上苦しむ姿を見ることなく引退したことは、佐々木ファンの俺にとって寂しさの中にもちょっとだけ胸をなで下ろすような気持ちだ。

今シーズンの佐々木は苦しんでいた。かつて華々しく記録を積み上げていた頃の輝きは失われ、厳しい声が投げつけられていた。かつてはバッターにかすることすらなかったフォークがスタンドに飛び込んでいった。
クルーンの登場もあって、もう佐々木の戻ってくる場所はないと考える横浜ファンが多かった。

俺自身、もう最終回のマウンドに向かう佐々木を見ることはないだろうと思っていた。
だからこそ、球団にいらないと言われたりする姿は見たくなかった。他球団のユニフォームを着ている姿も見たくなかった。

マリナーズから日本に戻ってきた時にすでに引退するべきだった、というファンもいたが俺はベイスターズで最後を迎えて欲しかった。

8月7日佐々木が引退を表明したその日は奇しくもまーぼの誕生日だった。
佐々木に憧れ、佐々木の様な投手になること、将来佐々木監督を胴上げする、というのが野球選手としてのまーぼの目標だった。
4年生で投手に指名された時、真っ先に買ったのは佐々木モデルのグローブだった。
そしてそのグローブで県大会のマウンドに登った。2回戦で紐が切れても応急処置をしただけでかたくなにそのグローブを使い続けた。
県営大宮球場で行われた決勝戦でもそのグローブで相手の打球を捉えていった。
まーぼ同様に全国に星の数ほど佐々木に憧れた少年はいるだろう。
その少年のためにもこれからも大魔神2世を作るためにもベイスターズの佐々木で居続けて欲しい。

横浜ファンにとってあなたはずっと宝でした。

あなたがいたから98年の優勝があったと言っても過言ではないでしょう。

あなたが松井を、清原を三振に切って取る姿に何度こぶしを握りしめたか分かりません。

ありがとう佐々木。


そして・・・お疲れさまでした。





posted by かに at 23:36| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば佐々木はだれか女優さんと再婚したのではなかったですか?

第二の人生も頑張って欲しいです造。
Posted by きんぎょ at 2005年08月11日 19:49
きんぎょさん、どうもです。

榎本加奈子さんですね。
彼女と知り合ったことで佐々木の人生は変わってしまいましたね。佐々木ファンとしてはあまり望ましいことではなかったけど、すでに結婚して子供まで産まれちゃいましたからね。幸せになって欲しいと思います。

引退試合の時も観戦に来てましたね。
彼女とお母さんの間の女性(お姉さんかなぁ)が赤ちゃんを抱いていましたね。

子供のためにも第二の人生も頑張って欲しいと思いますね、私も。

Posted by かに at 2005年08月12日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック