2005年08月05日

子供の人格形成も指導者の役目?

明徳義塾の辞退を受けて多くのブログで皆さん色々なことを書いています。
その中で、『子供達と話し合ってみる』と書いている少年野球関係者が多数いました。

今回のことは非常に難しい問題なので、私自身は子供達にどう話したらいいか決めかねています。今受け持っているのが低学年ですから、おそらく話さないでしょう。

以前、ウチのチームの代表からこんな話をされました。


「学校側から、性格面の指導をすることは出来ないから、そういったことも少年団でやって欲しいと言われた」


正直、は?って気持ちでしたよ。
先生が子供の人格形成を放棄してるんですよ。

ウチの学校でも、授業中に座っていられない生徒がいるそうです。
しかしそういった生徒にも厳しく接することが許されていないそうなんです。

昔の様に殴ったり、チョーク投げたり、出席簿で叩いたり、そんな指導は今許されないらしい。そんなことしようものなら、すぐに親が怒鳴り込んでくるからだそうだ。

少年野球のコーチとして色々な親を見てますから、そういう親もいるだろうなとは思っていたけど、指導のプロである教師が生徒を指導することを放棄してるってどんな時代なんでしょう。

プロが放棄してることをなぜ我々ボランティアのコーチが?

実際、私は選手にゲンコツを落とすこともあります。
先生の現状を考えれば、団員の人格形成の一端を担っていることは確かでしょう。
ですが、団員と我々が接しているのは週わずか2日。
週5日接してる教師がやらないでどうするんでしょう。
殴らなくたって伝えられることはあるだろうに。

それほどに、今の教師は子供に対して遠慮してるんですね。
これは中学でも同じです。全てではないですが、一部に選手に言いたいこと言えない、腰の引けた教師がいます。

残念ながら“ごくせん”のように正しいことをきっちり教えてくれる教師はいなくなってしまったんですね。
posted by かに at 23:20| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 副校長が練習を眺めながら、しみじみと・・・
「皆さんは、叱ることが出来て良いですね。」と言われたことがあります。
何だか、その台詞が情けなく聞こえたので、
「叱らないで教えられるほど、知識がないので。。。」と、答えたことがあります。
Posted by フルコーチ at 2005年08月05日 23:49
フルコーチさん、どうもです。
先生が子供を叱れなくなったのは全国どこでもなんですかね。

息子が小学生時代、息子含め6年生8人は普段から体を動かしているせいか、他の子達よりすべてにおいて活発でした。
しかも「バカちん」が口癖の監督の下で練習してるから言葉遣いも決して良くない。

そんな8人が集まると、意識していなくても周りからは高圧的に感じる様で、何度か先生に呼び出されたことがあります。一度私一人が代表で先生に会いに行った時、
「奴らは慣れてますからガツンとやっちゃって下さい。殴っても構いません。いや、むしろ回りに迷惑を掛ける様なら殴って下さい」と、お願いしたことがあるんですが、結局一度も殴ってくれませんでした。
親が構わないって言ってるのにねぇ。
Posted by かに at 2005年08月06日 01:28
行きつけの床屋で一緒になった客が、現役教師でした。
彼は、最近の子供はキツク叱れない。
と嘆いておりました。
何故かと問いますと。
親が怖いからだそうです。
「キツク叱ってやってください」と言う親がいても、
そうじゃない親もいて、
キツク叱ってOKの子供だけを、
キツク叱るわけにもいかないからだそうです。
教師も大変ですなぁと思いました。
Posted by さんう゛ぁ at 2005年08月06日 12:23
さんう゛ぁさん、どうもです。

ホントに大変だと思いますよ。
今のお母さん達を見ていると。ホントに一部だけど、スゴイ人いますからね。

大概にして少年野球の指導者を困らせる様な親は先生も困らせてるみたいですね。
Posted by かに at 2005年08月06日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック