2007年08月15日

羽を伸ばす3年生

先日終わった佐久合宿。
ちょっとだけ触れた通り、今回11人の3年生が参加しました。

1、2年生にとっては選手権の6連戦からわずか1日の休養で2泊3日の合宿ですから、体力的にはかなりキツイでしょう。
しかもウチの合宿は基本的にノックなど守備練習中心。バッティングはほとんどしません。
ですから、特に新チームの中心となる2年生などは休む暇も無し。
一部の1年生もメンバー入り候補としてガンガン練習してるもんだから、「筋肉痛がキツイです」と若干の泣き言を言ってるヤツがちらほらといましたね。

それに対し3年生は超余裕。
初日こそランナーとしてガンガン走らされ、「もっと楽だと思ってたのに。予定と違う」なんてグチが漏れたりもしましたが、2日目からは楽チンモード。

昼過ぎには練習が終了し、午後からは私も含め今回参加している3年父兄3人と共に車で30分ほどの温泉へ。

現地に到着して、いざ温泉!と思ったら、近くの公園にでっかい遊具があったりしたもんだからもう大変。
「遊びたい!遊びたい!!」の連呼。
お前らは小学生かとツッコミながら、連れて行ってやりましたよ。時間的にも余裕があったしね。

IMG_8501.JPG

こういう所ですからね。当然幼稚園生、小学生がほとんどですよ。
その中に170センチを越えるヤツがドヤドヤとやって来たんだから、周りも相当驚いたでしょう。
実際「ここは高校生は無理だよー」なんて地元の方から声を掛けられたりしました。

すいませーん。なりはデカイですが一応中学生なんですぅ、なんて感じでこっちは低姿勢ですよ。

まーぼにしてもこんな感じ。↓ (^_^;)
IMG_8495.JPG


30分くらい遊ばせてからようやく温泉。
サウナに入ったり、露天に行ったりとウロウロしながらとても気持ちよさそうでした。

そもそも合宿で温泉に連れて行ってもらうってのをみんな楽しみにしてたんですよ。

去年の夏合宿。当時の3年生が4人合宿に参加してたけど、まさにゲスト的な扱いで温泉行ったり、自由にロードワークしたりとすごい楽しんでたんですよね。
今の3年生はそれを間近で見てましたからね。

『俺達も選手権に出て良い成績収めて合宿でのんびり温泉』

ってのがこの1年の隠れた目標でしたから。

夜は夜で二晩連続で花火大会。
それが終わると1、2年生を集めてビデオ上映会。(^_^;)

最終日はグランド近くの雑木林で昆虫採集。
カブトムシやらクワガタムシを捕まえて興奮しまくりでした。

帰る前にはTDKの選手に使わないバッティンググローブやら守備手袋をおねだり。
まーぼもミズノプロのバッティンググローブと、素振り用にヒビの入った木バットを頂いてきました。

この学年が10人単位で集まるのはこれからはそうはなくなります。
それだけにこの合宿で過ごした数日は彼らにとっても大きな思い出になるでしょう。

こうした思い出を持ってそれぞれ高校に向けて努力して欲しいと思います。

IMG_8512.JPG
posted by かに at 14:23| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい笑顔!いいショット!!ですね(^^)v
何かを越えた後の充実感に満ちた姿ですね。
「受験」という大きな壁はありますが、もしかしたら今が一番野球を「楽しめる」時期なのかなあ・・・
忘れられない夏休みですね。
Posted by ゆきだるま at 2007年08月17日 09:53
ゆきだるまさん、どうもです。

まさに開放感といった表情でしょうね。
ホントはもっと良い表情をした写真がいっぱいあるんですが、さすがにあまり顔を出す訳にもいきませんからねぇ。
詳しくはチームのブログを見て下さい。数日後には3年生達の良い笑顔連発の写真を多数アップしますので。
Posted by かに at 2007年08月19日 00:53
いい思い出になりましたね。
また来年も新しいチームにて、競争の世界にさらされるわけですから、はめも外してもいいのでしょうね!^^
Posted by 満木 月風 at 2007年08月23日 05:31
満木さん、どうもです。

これまで数ヶ月緊張の連続でしたからね。
あの場にいた多くの選手は、他の受験生ほど熾烈な受験戦争を味会わなくて済みますが、それも頑張ったご褒美って感じですかね。
おっしゃるように来春にはまた競争の中に飛び込んでいくのですから、少しだけならいいですよね(^_^)
Posted by かに at 2007年08月23日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック