2005年07月12日

トラブル発生!!

我がチームにも保護者絡みのトラブルが起こってしまいました。
しかも今回は自分もその嵐の中に巻き込まれちゃってるもんだから・・・。

事の起こりは合宿の参加についてでした。

子供達が気になるものの、息子のシニアの合宿にも行くし、金銭的な面もあるんで、少年野球の方は「どちらでもいい」と言うスタンスを取っていた私。
定員の関係もあるので、現役のお父さんコーチ、お母さんを優先で考えて下さい、と、合宿係に伝えていました。

その結果、父兄の参加が思っていたより多かった様で、自動的に参加コーチの欄から私の名前が消えました。
同じ理由で昨年の監督(高学年のコーチ)も不参加と言う形になった。

私も前監督もその結果には納得していたんですが、
これに納得していない父兄がいたんです。

合宿係は6人ほどのお母さんがやってくれているんですが、中心は現監督の奥さんでキャプテンのお母さんが努めています。

実は以前から監督を含め現体制に不満を持っている父兄がちらほら現われていたんです。
チームとして結果が出ない上に自分の子供を使ってもらえないというのが不満の原因でした。
試合の結果は残念なものですが、控えの子を使うかどうかは監督の判断です。しかしその起用に関しては、私から見ても妥当なものだと思ってます。

しかしその子の親はそう考えない様で、昨年多くの大会で結果を出していた前監督と私に指揮を取ってほしいと考えているみたいなんです。
実際私達が指揮を取ったところで試合の結果はそう変わらないでしょう。昨年の子達とは野球の取り組み方が全然違いますから。

そんな温床がある中で私達の合宿不参加です。
そのお母さん達が黙っている訳もなく、合宿係に猛烈な突き上げがあった様です。
困った合宿係から再度私達にオファーがあり、「来てくれと言うなら」と言う事で参加することにしました。
ところが事情を知っているウチの奥さんから「これであの人達が『ほら見ろ』言いだすのがムカつく」と言われてしまいました。(奥さんの気持ちは現体制寄りです)

確かにそういう流れになるでしょう。

いったい私はどうしたらいいんでしょう。
現監督はすごくいい人だし、バックアップをする気持ちは十分あるんですが、行く事によって迷惑を掛けてしまうのでは申し訳ないし。

昨年、私が高学年にいた時は、ウチの奥さんを含め、みんな仲が良かったから、こんな事態に遭遇したことなかったんでめちゃめちゃ戸惑ってます。

アドバイスでも気休めでも構いません。何か一言お願いします。

posted by かに at 22:49| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が安心したのは、トラブルが息子さんのシニアのほうじゃなくて良かったです。
冒頭の部分を読んだ時はドキリとしました。

さて、まさに板挟みですね・・ 
かにさんの立場は中立ですから、どちらに肩入れも無いと思いますが、現体制に不満を持っている父兄からしてみれば、
かにさんは支柱のような存在でしょう。
ですから要請があるのは当然かもしれません。
受けるか断るかですが、受けた以上は、これまでのように接していればよいのでは?
起用方云々ではなく、あくまでも「鍛える」が主眼の合宿ですから。

Posted by ドラ夫 at 2005年07月13日 01:04
ドラ夫さん、どうもです。

そうですよね。
父兄どうこうではなく、あくまでもいかに選手を鍛えるかですからね。昨年の選手達も合宿を乗り越えたことで、一段階ステップアップしましたから、今の選手達もそのようになって欲しいですね。

記事を書いた後に奥さんから続報が入りました。
どうやら問題のお母さん達が合宿をする宿の近くに個人的に宿泊して合宿を見学するようです。
どうも監督の奥さん、エースの奥さん(共に合宿係)のやることに何でもかんでもケチつけたいみたいです。
もうこうなったら泥沼です。

ドラ夫さんに勇気づけてもらったんで、頑張って行ってみようと思います。あくまでも選手のために。選手を鍛えるために。

PS.心配させてしまってスイマセンでした。
Posted by かに at 2005年07月13日 02:09
複雑な心境が絡んだやっかいな問題ですね。

実は、我々のチームもまたもめています。野球のチームでもめていないチームを探す方が大変なのでは?ほんと、どこにでもあるんですよね。
前回の時、私が先頭に立って事態収拾に務めたので、今回もという声も上がっていますが、私はもう嫌です。卑怯なようですが、今回のことについてはノーコメントを貫いています。

かにさんの場合は、現監督とのコミュニケーションが良好なので、サポート役を引き受けた方が良いのではないでしょうか。アホな父兄は仕方ないですよ。奥さんの気持ちもよく判ります。うちのかみさんも、2年連続でマネやってましたから。ここは人肌脱ぐときでしょう。(すみません、無責任なコメントで)
Posted by 星 十徹 at 2005年07月13日 08:47
よくあるトラブルです。
父兄全員に指示される代表や指導者そうそういませんよ。 自分も息子の部活の父母会では、不満父兄の一員ですから。(アラマ!)

かにさんが、反対父兄からも支持されているのですから、現監督のサポートに徹すれば困った父兄の大部分は、考え変るのでは?
(学童では、自分がそうしたつもりです。)
当地では、こんな問題でチーム分解し、最後は消滅しちゃった馬鹿なチームいっぱいあります。
子供が可哀想です。
Posted by つよし at 2005年07月13日 14:24
 合宿に参加して、現体制を思い切りバックアップしてあげてはいかがです!
アホタレ保護者は、指導者変われば息子は出られると誤解していますから、はっきりと合宿で「精鋭」を選抜してあげればいいじゃないですか?
(連んでいるアホタレ保護者の一部の子を引き上げて、反勢力を分断する上級技もあると思いますが。。。(^^ゞ)
 監督さんは、息子さんがチームにいるんですか?
Posted by フルコーチ at 2005年07月13日 14:35
はじめまして。
星さんブログの隠れファンのマミです。
ブログ初コメントです。よろしくお願いします。私は6年間の学童野球児の母を全うしてこの春から中学野球部員の母をやっているものです。
学童野球チームには子供は卒団したのに主人はコーチ私はHP担当で残っています。
我がチームでは、今までのさまざまな経験から、学童野球のもめごとの諸悪の根源は母親にあるという結論に至っています。
入れ込みすぎの母親、放任で何もしない母親。
どちらも困った存在です。
でも、どちらかと言えば放任母の方が大きなトラブルになることはないので、我がチームは徐々にではありますが当番を廃止して母親は外野から応援するだけという体制にする方向になりそうです。
それにより監督コーチがたいへんになることもあるのですが、トラブルを回避・解決する無駄な労力に比べればその方がいいだろうということと、親が当番をきらって子供がチームに入れないケースが多くなってきたこともあり部員増加のための苦肉の策でもあります。
これからなのでどうなるかわかりませんが、陰ながら見守っていこうと思っています。
かにさんのチームのトラブルうまく収まるといいですね。がんばってください。

Posted by マミ at 2005年07月13日 19:12
星さん、どうもです。

星さんのところはまたもめ事がおこっちゃったんですか。
どんな内容か分かりませんがノーコメントを貫く星さんの気持ちよく分かります。
お互い早く面倒が片付いて欲しいもんですね。
Posted by かに at 2005年07月14日 06:53
つよしさん、どうもです。

よくある問題だってことはよーく分かってるんですが、自分の周りで起こるとホントに精神的に疲れますよね。
こんな事で解散なんて子供達に失礼ですよね。
早く私利私欲の絡まない健全なチームに戻したいですよ。
Posted by かに at 2005年07月14日 07:04
フルコーチさん、どうもです。

すごい上級技があるもんですねぇ。私には全く考え付きませんでしたよ。

ちなみに現監督の息子はキャッチャーでキャプテンをやってます。
坊主憎けりゃじゃないですが、あの保護者達は一番頑張ってるそのキャプテンの悪口まで言っているというホンマもんのアホたれです。
Posted by かに at 2005年07月14日 18:51
マミさん、はじめまして。

ウチとすごく似た環境ですね。ウチも私がコーチ、奥さんがHP担当をしています。
困る母親の分類はまったくその通りですね。過保護母は自分の子供が試合に出ることしか考えないから、チームに対する愛情がないんですよね。
こういう母には何を言っても通じないから、皆さんのアドバイスを受けてあえてそれを直す努力より、監督をバックアップして、子供達に対して精力を傾けようと思います。

Posted by かに at 2005年07月14日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック