2020年05月01日

都市伝説的な話

今回のエントリーは都市伝説的な要素が多分に含まれます。
その手の話に興味が無い、苦手という方は素通りしてもらった方がいいかもしれないです。


Apple製品愛用者の私は、日々Appleを中心にTech情報の動画を流しているYouTubeチャンネル、「Yusuke’s Tech Room」をほぼ毎日見ています。

そのチャンネルで昨年11/18にアップされた動画。



この中で紹介されていたVRヘッドセットという製品。
かい摘んで書くと、Appleが2022年に発売を目指して開発を進めている、そんな話しです。

日本でも少し前にVRゴーグルという名で、ゲームのアイテムとして一時期話題になりましたが、その時一瞬だけでしたよね、話題になったのって。
すごい技術だなとは思いましたが、正直欲しいとは思いませんでしたし、家電量販店で見たことはありましたが、実際に使って遊んでるって人は会ったことありませんでした。

先ほど紹介したYouTube動画の中で、YouTuberのYusuke氏も「将来のビジネス性が見えない。Appleが投資して作ろうとしている事がびっくり。使う場所は屋内に限られるし、エンターテイメント系にしか使えないからマーケット的に伸びない」とバッサリ切っていました。

しかし!しかしですよ。

新型コロナで事態は一変しました。

世界中で多くの人が外出自粛を余儀なくされ、テレワークという仕事のやり方が急ピッチで進められています。
今や会議などで使われれるZoomというソフトは、昨年末には世界で1000万ユーザーだったのが、今年3月には2億ユーザーに増えたんだとか。

そのおかげ(?)か、オンライン飲み会、オンライン帰省なんて言葉が生まれました。

私はZoomって使った事が無いんですが、スッピンでも化粧をしてる様に見せられるアプリがあったり、家以外の場所を背景として使う事が出来るらしいですね。(セキュリティーに問題がある様ですがそれはまた別次元の話なのでここではしませんが)

今はまだ写真だけの様ですが、これがもっと進めば例えば波が打ち寄せる浜辺とか、そんな動画を背景にしたりする事も出来る様になりそうですよね。
これってもうだんだん仮想現実、いわゆるVRの世界が近づいてるって感じがしませんか?


『やりすぎ都市伝説』では「ビルダーバーグ会議」という会議で、世界の有力者が集まって将来を決める話し合いが行われてるという話しでした。

もし、その会議にAppleのCEOティム・クックが出席していて、現在の世界情勢を予感させる様な情報を得ているのだとしたら・・・。
(ちなみにその会議1954年から毎年行われていて、欧州の王族は多く出席してるけど、日本の天皇家は一度も出席した事が無いって話しです)

明らかにニーズがありそうなメガネ型のモニター「ARグラス」より、ニーズもビジネス性も低い「VRヘッドセット」を優先して開発しようとしている事に、なにか大きな理由があるとしか思えないんですよね。

この連休中にその手の都市伝説系のYouTube動画や書籍、ホームページを見ていた事もあり、話をし出せばキリがないくらい書けるんですが、まとまりがなくなりそうなんでこれくらいにしておきます。

信じるか、信じないかはあなた次第です。
posted by かに at 00:34| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>世界の有力者が集まって将来を決める話し合いが行われてるという話しでした。

そういう会議があるなら、こんな新型ウィルスの蔓延なんていう酷い状況にするのは勘弁してほしいですね。
でも、その内容はさておき、こういう世界の黒幕的な会議があるというのは、ちょっと面白いですね。
ホントにあるなら、どこかの企業が儲かる方向に進めるんじゃなく、世の中全体が良くなる方向に進めて欲しいですが^^;
Posted by PAT at 2020年05月01日 21:45
PATさん、どうもです。
黒幕的な団体にとって何が目的なのか。
それは私も分かりませんが、世の中全体がいい方向・・では無いかもしれないですねぇ。残念ながら。
Posted by かに at 2020年05月05日 11:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]