2019年12月10日

iPhone 11のカメラが優秀すぎる件

先日の紅葉写真の撮影で改めて実感しちゃいました。

iPhone 11のカメラ、特にナイトモードが優秀過ぎです!


下の写真、これは先日もアップした紅葉の写真、愛機、デジタル一眼レフのcanon EOS7Dで撮ったものです。

0DD5C377-B747-4AF4-AD40-61B7A3B13571.jpg

それに対し、これがiPhone 11で撮ったもの。

D58AAB9E-1F94-481B-A34A-4311A5333E1C.jpg

撮影場所こそ若干移動してますが、先程の写真の少し後に撮影した、ほぼ同じ条件下で撮った写真です。

狙っていた絵画風な感じにはなっていませんが、全体の雰囲気、そして何より写真のシャープさ。
これがスマホのカメラで撮られていると言ったら驚く人もいるかと思います。
ちなみにナイトモードという機能を使い、スローシャッター2秒露光で撮られてます。

手ブレをしない様に脇を締めて撮影してはいますが、三脚に固定とかせずに撮ってるにも関わらず、それを全く感じさせないシャープな画像。同じくこちらの手持ちで3秒露光なんですが全くぶれず。

97DEC8A5-5B7C-44EB-80D4-4BAC553BC6F7.jpg

おそらく手ぶれ補正が相当優秀なんでしょうね。

ちなみにiPhone 11には広角と超広角のレンズが付いているんですが、この機能が使えるのは広角のみの様で、超広角レンズで撮影する様に調整するとナイトモードにはならず、下の通り、真っ暗。

2D16DEB4-1516-4ECE-BFB3-89380C92AD59.jpg


たぶんこれまでのスマホのカメラだったらこんな感じで全く撮れないほどの暗さなんですが、長時間露光で撮影出来るおかげでこんな写真が撮れちゃうんです。

さらに。

DEB7FFFC-0AC1-49FC-8872-B21529998971.jpg


この写真、公園のネームボード込みで撮ったものですが、従来のスマホカメラだったら、全体を明るくしようとしてライトが付いてるネームボードが白飛びして真っ白になってしまうか、そちらが読めるようになったら背景の木々が真っ暗になってしまうものなんです。

ところがご覧の様にどちらもちゃんと見える様に撮れてる。
これって実は凄いことです。

カメラの事を知らない人だと気にしない事かもしれないけど、iPhoneのカメラが本当に侮れない事を痛感しました。

2年おきにiPhoneを買い換えてますが、そうしてよかったと本当に実感してます。
posted by かに at 23:46| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元々、iPhoneのカメラって優秀でしたが、その優秀さが恐ろしいくらいに進化してますよね。
私が使っているスマホなら、4枚目のような写真しか撮れないです^^;
2枚目、3枚目の写真なんて、木、空、建物それぞれがはっきりとして、キレイに撮れてますもんね。
これだけ撮れるなら、コンパクトデジカメが売れないはずだ。。。
Posted by PAT at 2019年12月11日 22:57
PATさん、どうもです。
そうですね。
コンデジの代わりには充分過ぎるかな、と思います。
まぁ、私の場合は写真が趣味ですから高い金額出しても新しいiPhoneにする価値はありますが、そうで無い人にとっては値段が高過ぎるって感じるでしょうね。
スマホに求めるものは人それぞれで、どれが正解ということもないですからね。
Posted by かに at 2019年12月17日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]