2019年11月12日

マイナスイオン浴びてきました

今日は降って湧いたお休みだったので、紅葉&滝を見に行ってきました。

お仕事でお忙しい奥さんはお留守番。
久々に一人での長距離ドライブでした。

目的地は県内でも屈指の自然たっぷりスポットの秩父。
「丸神の滝」を目指します。県内唯一『日本の滝百選』に選ばれている名瀑。
の、割には意外に知名度は低く、あまり観光客も来ないらしい。

00010617.JPG

車のすれ違いなんて全く出来ないこんな細い道を通って到着したのは10時半頃。
家から2時間くらいだったかな。
着いてみると駐車場には車が2台。やっぱり知名度が低いんだねぇ。

でも駐車場脇でこれだもん。
否が応でも気分は盛り上がりますよ。

00010618.JPG

ただねぇ、駐車場にあるトイレの壁に貼ってある張り紙見てちょっと動揺・・・・。

00010621.JPG

マジですか・・・・。

しかしここまで来て引き返すわけにも行かない。

気合を入れてれっつらごー。

00010619.JPG

00010620.JPG

こんな感じの道を歩いて向かっていくわけですが、これはまだ序盤。
写真を撮る余裕もありましたが、このあとからね、ほぼ山登りってくらいの急坂が続きました。

もうね、体力落ちまくりだからさ、途中3回くらい、ぜーぜー言いながら足を止めちゃったけどなんとか頑張ってたどり着きました!

00010624.JPG

00010623.JPG

00010626.JPG

00010625.JPG

今回は一眼レフとライカとiPhone11の3つのカメラを使って撮りまくり。

たどり着くまでに削り取られた体力も、ゆっくりマイナスイオンを浴びてすっかり回復。
帰り道は別ルートを通ったんですが、そっちの方が明らかにハードコースだった。
こっちルートで滝に向かってたら辛すぎて途中で挫折したかもなってくらいの行程だった。
下りで良かった。

車に戻って時計を見たら12時過ぎ。
ヒーヒー言いながら歩いてたからってものあるけど、ずいぶん時間が経ってた。

そしてここからさらにもう一つの滝へ。

それがこちら。

00010627.JPG

00010622.JPG

「秩父華厳の滝」です。
日光にあるあの華厳の滝と似てるからってこの名前になったらしいです。
ずいぶん久しく華厳の滝を見てないから、似てるのかどうかはよくわからなかったけど。

でも写真の通り、滝壺まで行けちゃうってのがこの滝の良いところ。
そして何よりも駐車場から近い。
滝ってのは山の中にあるもんなんだから、山道を歩くのはしょうがないんだけど・・・体力がない俺にはキツかった。

最後に華厳の滝の近所にあった小さな「上空滝」も見に行った。
細い山道から200mほど入ったところに小さな看板があるんだけど、肝心な滝が見えない。
ちょっと看板どおりに下ってみたら、ほぼ自然の河原。
石がゴロゴロしてて、気合があれば滝壺まで行けちゃうくらい、もう自然そのままなんだけど・・・ゴロゴロと転がってる大きな石を乗り越えてそこまでたどり着く元気が無かった。。。

00010628.JPG

ホントはもうひとつ、「不動滝」ってのもあったらしいんだけど、もうギブアップ。
雨も降り出してきたので、これにて終了となりました。

滝ってさ、自然のエネルギーをすごく感じられるってのが良いんだよね。
写真的にも楽しいしさ。

今回は比較的近場の滝だったけど、また違うところにも行ってみたいなぁ。
posted by かに at 00:12| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとドライブっていう感じじゃなく、探検の域ですね^^;

滝は良いですね。
真夏の滝も良いけど、紅葉とのコントラストも良い^^
辿り着くまでが大変ですが、大変な想いをするだけのことはありますね。

私の出身県には全国的に有名な滝がありますが、今住んでる県にもあるのかな...
ママ猿さんと行ってみようかな
Posted by PAT at 2019年11月12日 22:44
PATさん、どうもです。
本当に現地に向かってる途中の車でも若干の不安感はありましたし、山登りしているときも、足滑らせたらどうしようとか不安がありました。
思ったよりも足元がぬかるんでいなくてよかったです。

PATさんの出身県の有名な滝。
ぜひ行ってみたいんですよねぇ。素晴らしい滝ですから。
今住んでいる県も広いですしね。
ちょっと調べただけでも良い滝がありますね。
マイナスイオンだけでなく森林浴にもなりますからぜひ一度行ってみてください。
Posted by かに at 2019年11月17日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]