2019年10月13日

避難してました

とんでもない台風でした。

伊豆半島に上陸して東日本を縦断した台風19号。

かつてない規模の台風ということで、今回悩んだ末に義父のところに避難しました。


330BCCFB-A28C-48D6-A171-D6E62A18A76E.jpg

このように、窓には目張りをし、強風対策をしていたんですが、今回はとにかく雨がすごいということで。
大きな一級河川と中規模の河川に挟まれた土地にある我が家。
歴史的大雨の場合はもしかしたらということがある。
覚悟はしていましたが、対策はしたし、覚悟はして自宅に留まろうと思っていたんですが、朝から息子が「早く避難しろ」と強く訴えてきまして。
その息子の言葉と、義父が台風の中、一人で不安かもしれないということを考え、避難を決めたのが昼過ぎ。

CEECA21C-F605-4D40-A3D7-0D0F86F84009.jpg

慌てて支度してすでに土砂降りではありましたが、実家に行きました。


FADE68A8-C06D-47EB-91B6-FD773EDD8638.jpg

もちろんミルフィーとショコラも一緒。
慣れない環境に戸惑ってる二匹でしたが、それでもやっぱり二匹一緒ってのがいいんだろうね。
夜中には普段通りにドタバタと取っ組み合いをしてたみたい。私は寝てたので気づかなかったけど。

BB5607D7-CCD6-4005-8C99-ECF2E51A9E94.jpg

でもね。
やっぱり大事な家が無事なのか、どうしても気になっちゃってさ。
台風がすっかり通り過ぎ、雨が上がった深夜にぴゃーっとひとっ走り様子を見に行っちゃいました。
途中の道にはそこここに木の枝が転がってたし、大きな水たまりも残ってた。
水がエンジンルームに入って止まっちゃった車も何台も見掛けた。

うちから数百メートルというところで大規模な道路の冠水があり、通行止めになってたけど我が家は全くの無傷。
浸水も無く窓も割れていませんでした。
台風が過ぎ去ったとはいえ、まだリスクのある時間帯ではあったけど、それでも家の無事が確認されて、その後は落ち着いていられたから行った甲斐はありました。

今日、我が家の近くの荒川河川敷を見に行きましたが、とんでもない光景でした。
河川敷の冠水は何度となく見ていますが、今回は経験上最悪の状況かもしれない。
あと数メートルで土手を越えてしまう、そんな状況でした。
幸いに相当高く分厚い土手に守られてるから、大事に至らずには済みましたが、本当に紙一重といった状況。
中止にはなりましたが、上流のダムで緊急放流が行われていたらどうなったか。
本当に無事で良かったです。

一夜明け、ニュースでは多くの場所で土手が決壊して街中に水が流入していました。
我が家もその一歩手前まで行っていただけに、本当に無事で良かったです。

こんなすごい台風、もう当分来てほしくないって思いますが、ここ数年異常気象が続いてますからね。
何かしらの覚悟が必要なのかもしれませんね。

6D66DEEE-B113-4329-B8F8-12CA07AAEFCD.jpg

posted by かに at 15:11| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本列島に近付く前から、「超大型」「猛烈」という言葉が飛び交う、ホントにとんでもない台風でしたね。
こちらは昨日、風雨が強まる時間帯があったり、電車が止まったりすることはありましたが、大きな影響はありませんでしたが、関東方面の被害の大きさに驚きました。

とにかく、かにさんのご家族とご自宅に直接的な被害が無くて良かったです。
Posted by PAT at 2019年10月13日 22:28
PATさん、どうもです。
規模、強さ共にものすごいと言う事は分かっていましたが、それでも実際にやって来てその猛威に愕然としているところです。
数十人の方が亡くなっていますが、きちんと備えていれば命を失うことだけは防げたのでは、と思ったりもします。
家が被害を受ける事、避難生活が続く事、どれも辛い事だとは思いますが、命を失う以上の辛い事はありませんから。
もっともっと命を守る行動をして欲しかったな、そう思います。
Posted by かに at 2019年10月18日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]