2019年08月13日

奇跡の逆転勝利

チームを離れて久しいですが、中学硬式野球最高峰のジャイアンツカップに2年連続で出場するという事でしたので、昨日、今日と応援に行ってきました。
昨日は一回戦。
京都のボーイズチームを相手に10対1と圧勝。
ホントはこの日だけの応援のつもりでしたが、選手達の頑張る姿に心を掴まれて連日の球場通いとなりました。

二回戦の相手は青森の強豪シニア。
甲子園常連校の中学部に所属する野球部兼のシニアチームです。

両チーム共、一回戦でエースを登板させているため二番手投手が登板。
こういう時は点の取り合いだったりすることが多いんですが、両投手ともランナーを出すものの要所を締めて無得点のまま試合が進んで行きました。

そして6回表。
相手の攻撃は1番から。そこまでの打席でかなり痛烈な当たりを飛ばしていた1番バッターを簡単に打ち取り、迎えた2番打者の時に試合が動きました。

擦った様な当たりがライト方向に高々と上がっていくと、これがどんどんスタンド方向に向かっていく。切れてくれればと願ったんですが、なんとスタンドイン。
ホームランを打たれ、1点を先制されてしまいました。
さらに続く3番バッターには高めのストレートを思いっきり引っ張られこれまたスタンドイン。
なんと二者連続ホームランとなってしまいました。

たまらずピッチャーを前日に5回まで投げているエースを投入するも、勢いに乗る相手打線に打たれてもう一点。
終盤にきて痛すぎる3点を失ってしまいました。

しかし選手たちは全く諦めていませんでした。

最終回の7回。
1アウトランナー無しから連続四球でチャンスを作ると、そこから連打で1点また1点と返していき、ついに1点差。
そして打席は七番打者。
フルカウントまで追い込まれましたが、低めの変化球をすくうような当たりはライト前にポトリと落ちてなんと同点。土壇場で追いついてしまいました。

このまま一気にサヨナラと行きたかったんですが、これまた緊急登板となった相手エースが踏ん張りこの回は同点止まり。

しかし延長8回にその時が来ました。

1アウトから一番打者の当たりはセンターオーバーのスリーベースヒット。
外野フライでもサヨナラという場面で、二番打者の当たりはライト線ギリギリにポトリと落ちるヒットとなり、三塁ランナーが力強くホームベースを踏んで試合終了。

奇跡的な勝利に私もウルウルしちゃいそうでした。

大きな大会で勝ち上がる時は必ずこういう奇跡的な勝ち方があるもの。
この勝利でものすごい勢いがついた様に思います。

明日は所用があり、応援に行けないんですが、もし勝ったら明後日また応援に行こうかとも思ってます。

甲子園も連日熱い試合をしていますが、関東でもこんな熱い試合をしてるんです。

強い日差しで久しぶりに日焼けしちゃいましたが、真っ赤になった肌を冷たい水で冷やすのもまた心地よいものですね。
posted by かに at 23:11| 東京 ☀| Comment(2) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり選手達が頑張ってる姿を見るのは良いですよね。
それが長年関わりのあったチームなら尚更。
開催地が近ければ私も応援に行きたいところですが、残念ながら遠いので気持ちだけ送りたいと思います。
選手達、頑張れ〜!
Posted by PAT at 2019年08月15日 00:41
PATさん、どうもです。
結果は後日書いた通り、またも頂点の壁にぶちあたってはじき返されちゃいました。
頂点に立つっていうのは本当に難しいですね。
Posted by かに at 2019年08月22日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]