2019年06月17日

高齢者事故

起きたら大阪の拳銃強奪犯が無事捕まってた。
第2の事件が発生せずに確保されて良かったですねぇ。

折しもG20直前。
事前に下見していて姿をさらしている。
直前に通報があり交番には刺された巡査1人しかいなかった。
近隣で似た男性が宿泊していたというホテルの情報がある。

これらの状況からかなり計画的な犯行なのかなと思ったんですよね。
ホテルで見られることも、下見で見られる事も計算されて、逃走ルートも確保してるんじゃないか、すでに拳銃も誰かに手渡してて所持してないんじゃないか。
そんな風に思ったんですが、逮捕後の報道を見ると計画性があったのかすら怪しいですね。
今後の報道で動機が解明されるでしょうからそれを待ちたいですね。

と、今日書きたかったのはその話しではなく。。。
タイトル通り、高齢者の事故についてです。

私の親、奧さんの親も当然ながら高齢者です。
いつ返納してもという年齢です。

先日、実家に行った際、じっくりその話をしました。

両親共に免許を所持していて、趣味の社交ダンスの練習などで車を利用しています。
おおよそ市内を走る時に使用しているということで、市外に出掛ける際は公共交通機関を使っているそうです。
慣れない道であたふたしてると運転に集中出来ず、思わぬ事故に繋がりかねないので、これは好判断だと思ってます。
出来れば見にくい夜に運転するのも避けてもらいたいんですが、ダンスの練習はどうしても夜が多いみたいなんでね。
慣れた道ではありますが、だからと言って全ての状況が毎回同じでは無いのでね。
慎重には慎重をきして運転して欲しいと切に願っています。

幸いな事にウチの親は2人とも自分が「運転が上手い」とは思っていないので、自分の劣った部分を理解した上で十分注意するように、今度も事あるごとに注意していきたいと思っています。

奧さんの父も運転を続けてます。
まだ元気ではありますが、正直そろそろ運転する機会を減らして欲しい、という気持ちがあります。
奧さんも妹もそれは分かっているでしょうから、しっかりと話し合う機会を作れたらいいなと思います。

そして私。
今のところはまだ大丈夫ですが、いつかは私もそれを自覚しなければいけない時が来ます。
幸い今の家は車が無くても円滑に生活していける施設が揃っています。
それでもずっと車を利用して生活してきていますからね。
ただ、人を殺めるような事は絶対にしたくないです。
私が返納を考える時まではまだ時間があるので、法律も含めて整備されていくと思います。
それでももし私が運転する車が暴走したら・・・

奧さんには「もし横に乗ってて、池袋の事故の様に暴走したら、人を殺める前にどこかの壁にぶち当てて車が停まるようにハンドルをムリヤリ切ってくれ。人を殺す前に自分達だけを犠牲にしよう」と話しています。

まぁ、もちろんそんな時は来て欲しくないですしね。

法律も実際の車自体も、もっともっと良くなっていく事を願っています。
posted by かに at 09:15| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの両親も高齢ですが、2人とも運転しています。
電車は1時間に1本だし、バスは無いし、スーパーも病院も車が無いと行けないような田舎ですから、運転せざるを得ないんですよね。
まだ元気そうではあるものの、やはり、ちょっとした時に老いを感じますから、じっくりと考えないといけない時期が近付いてきていることを感じています。
姉兄達と相談しないといけないなぁ。。。

我々がそういう年齢になる頃・・・
より安全な装備や完全自動運転車両が開発され、【交通事故死ゼロ】の世の中になっている!と信じたい。
Posted by PAT at 2019年06月17日 23:15
PATさん、どうもです。
公共交通機関は地域差がありますからね。
どこでも一緒の感覚で考えられない難しさがありますよね。
親が安全に事故を起こすことも会う事も無いように、今は絶好の機会かなと思いますね。
親の方もこれだけ高齢者事故が頻発すれば考えることはあるでしょうから、まずはその考えを聞いてみるのがいいでしょうね。
Posted by かに at 2019年06月19日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]