2007年06月30日

ブログの公共性

今日、少年野球ブログ界の老舗中の老舗である大物ブロガーが自身のブログを閉鎖しました。

私のように比較的に早い時期からブログを始めていた人間にとって、あの方は目標であり、立派な先輩でありました。

今回あの方がブログを閉鎖する事になってしまったのは、チームを批判するような記事を書いていたことがチーム内に知られれしまったためと言うことです。
しかしブログをやっている方なら誰でも批判的な記事を書いた経験があると思います。
私も書いたことがあります。


私のところのようなちっぽけなブログでも、毎日300〜400人の方が訪れてくれて、ページビューは約1000近くなります。ありがたいことです。
その中にはチーム関係者がいたり、近隣や対戦経験のあるチームの関係者もいたりします。他の方と違って、私のブログはどのチームの事を書いているのかはっきり言ってバレバレです。一応便宜上伏せ字にしたりしてますが、まぁ、そんなものはあってないようなものです。

そんな実情ですから、初期の頃と比べるとチームの内情、選手の事、などについて厳しさく書けなくなったのも事実です。ホントは書きたいことでも、これを書くとチームの恥になると思えば、自然とブレーキを掛けてしまったりします。

それでも敢えて批判記事を書く時は、それが原因で口論になったとしても構わない。もしくは普段から口にしている事、というのを前提として考えています。

私は文章に携わる仕事をしていますから、文章の力というのは強いと思っています。
その強い力をどう表現に生かしていくかは、個人個人の判断になります。

批判を書くのも構わないと思います。
それが本心であるならなんら恥じることなく主張していけば良いと思います。

しかし、ブログの世界というのは想像している以上に大きくなっています。
特に他のスポーツと比べても少年野球を書いている、読んでいるブロガーというのはすごく多いと思います。そしてその周りにコメントをしてくれる人。その周りに読んでくれる人。最終的にはすごい大きな輪っかになっています。

自身が書いている周りには驚くほど大きな輪っかが出来てるんです。
それを自覚している必要があると思います。

だからと言って、書きたいことを我慢するのはつまらないですよね。
しかし全ての人が書いた通りに理解してくれるとは限りません。
この文章をどうしてそういう風に理解するの?ということもあるでしょう。
何かを発表すると言うことは、批判にさらされるリスクを背負うと言うことです。

本当ならこんな内容のエントリーはしたくないんです。するつもりもありませんでした。
しかし、もう身近なブログが閉鎖されるという事態を迎えたくはないんです。
どうか、気持ちよくブログが続けられるようにみんなで考えましょう。

私は、自身のブログを書く。頂いたコメントを読む。コメントを返す。チェックしているブログを読む。コメントを書く。コメント返しを読む。
この一連の作業が大好きです。生活の一部になっていると言っても過言ではありません。とにかくそうした張り合いを失いたくはないんです。

もし、あなたのチームメイトがブログを書いていて、不快と思われる内容を書いていたら、大騒ぎにしてしまう前にそっとその人に忠告してあげて下さい。
そしてその人の書いた他のエントリーも読んでみて下さい。そこにはその人の少年野球に対する思いが詰まってると思います。
そういう人から少年野球を取り上げてしまう事態を作る前に、一度冷静になってその人がチームにどれだけのことをしてきてくれたかを考えて欲しいと思います。

それが一ブロガーとしての私の願いです。
posted by かに at 03:04| 東京 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念ですね。
私もさっき気が付きました。
私なんか素人の新米コーチなんで
皆さんのブログからも色々ヒントなどをもらって
参考にしてました。
なので、大切な参考書がなくなってしまった気分です。
Posted by ika-kuri at 2007年06月30日 07:35
かにさん

お久しぶりです。
どんどん、最近閉鎖されていますね。

私もgooのブログを閉鎖しました。

非常に閉鎖に行く過程が分かるような気がします。
私の場合はチームの事ではありませんでしたけどね。
ブログの恐ろしさは本当に感じました。
公共性という点と、ネットワークの点です。
非常に恐ろしいです。

特に、文字情報だけなので、その方の背景や人間関係など分からないまま書き込まれたり、別の場所で事が大きくなったり大変です。

でも、また、新しく始めようと思っています。
Posted by わい at 2007年06月30日 11:30
私も「あの方」のブログの閉鎖を受け、ショックでかにさんと同じようなエントリーをしました。
実は私も最近ブログの継続がだんだん厳しくなってきたなと感じていた者の一人です。
ブログを書く方の我々にもそれなりの責任がありますが、それに対してコメントする側にも多少の配慮を感じて欲しいです。
私もこれ以上知り合いの方のブログの閉鎖はあって欲しくないですね。
Posted by ゆうちろ at 2007年06月30日 22:08
たぶん、親コーチもしくは親が書いている少年野球ブログには多かれ少なかれグチや批判が書かれていると思います。それは直接言えない事をブログという形として匿名性の上で、同じ境遇の方や少年野球に関わる方からコメントを頂いて同意を得たり、慰められたり勉強させられたりすることによって、自分の気持ちのありどころを探してるようなものだと思います。

ブログに書かれているものが100%正しいというものではなく、かつ、一方からの見方で書かれているものとしても、関係者が読んだとしてそこにある問題や課題に気がついて欲しいと思います。いや、気がつかなくてはいけないでしょう。親ならば親としても思いがそこにはあり、コーチならコーチとしても思いがそこにはあるんですから。

少年野球ブロガーの皆さんと知り合い、オフ会という場で話すこともでき、そこで思うのは、少年野球ブロガーの皆さんは本当に子供達のことを思って指導にあたっているということです。もし、関係者が読んだとしてもその思いに気がついて欲しいです。

Posted by Fastballer at 2007年06月30日 22:38
あの先輩ブロガーさんは、辛辣なタッチのエントリーやコメントに定評がありました。しかし、読み返してみれば判りますが、どの文章にも多くの愛情が詰っています。通り一遍の優しく撫でた様なコメントではなく、物事の真髄を正確に洞察して、的確にピンポイントでついてくる。私は何度も目を覚まさせていただきました。
それの何が悪いのでしょうか?おかしいです。少しでも前に進ませたい、昨日より明日の方が良くしたいと思って気持ちを文章化することがどうして悪いことなのでしょうか?

私はかねがね思っているのですが、少年野球界ほどブログを有効活用しているグループは無いと思っています。私はその効用を十二分に活用させて頂き、その恩恵を受けさせて頂きました。これからも、ブログを活用して、素晴らしい少年野球の世界を十二分にエンジョイする人達の繋がりを、どんどん増やしていって欲しいと思っています。この芽を絶やしていけないと思っています。全ては、少年野球と未来の日本を背負って立つ子供達のためです。
Posted by 星 十徹 at 2007年06月30日 23:45
3月のSさん、そして今回のFさん。本当にショックです・・
私もいつそうなるか?・・ それを考えると本当に不安です。
私もブログ執筆が生き甲斐の一つ。習慣になってます。
それが無くなる生活は考えたくないです。

Posted by ドラ夫 at 2007年06月30日 23:47
今回のかにさんのエントリーに賛同します。

私も今回の人間国宝級ブロガーの突然の閉鎖宣言にショックを受けました。
ちょうど,この上のおふたりとあわせたお三方が少年野球ブログ界を引っ張ってきたわけで,その恩恵を受けてきた一人として,なんとも残念のひと言です。

自分のブログにはお茶らけたエントリーをしましたが,私自身のブロガーとしての姿勢も深く考えさせられました。
Posted by K太父 at 2007年07月01日 00:36
こんばんは。 
自分のブログに今回の事をエントリーしようか、と思っておりましたが 私が感じていた事をかにさんが表現してくださっていたので 思いとどまったところです。

本当に残念です。


以前私も自身のブログを印刷され指導者に提出された上 指導者ではありませんが 当時の関係者から<こんなこと続けていたらそのうち後ろからさされますよ>というきつ〜いお叱りをうけたことがありました。

ユビで指されるのか刃物で刺されるのかどっちを表現していらしたのかは わかりませんが。




ブログを問題視される方はすでに問題視した時点で
じっくり別のエントリーを読んで何かを感じ取る、なんていう作業は放棄されていますので なかなか難しいのです。

ブログって<書く>事より<読みとる>方が、技術がいるのかもしれませんね。
素人の勝手な言い分かもしれませんが・・・。
Posted by ごめんなさい。今日だけ匿名。 at 2007年07月01日 01:25
老舗でしたもんね。多分、「少年野球」ってことでは一番古いブログだったんじゃないでしょうか?あの文章テイスト好きだったんで、残念です。(かにさんも古いですけど「芸能ネタ」多かった?)

でも、そんな辛辣なエントリーはそんなになかったと思うんですけど、やはり書かれた方にとっては「知らないところでコソコソと」と感じちゃうんでしょうか?

私も気をつけないと「後ろから刺され」ますね^^
Posted by 少年野球コーチ at 2007年07月01日 07:53
 フルコーチです。
最終記事を残して、他の記事だけを削除しようとしたら誤って全部消してしまいました!
(^^ゞ
 偶然、最終記事を保存していたので復活させようとしたのですが、一週間後でないと手続きがとれません。諸事情もありますので手続きがとれましたら、しばらくは掲載しようとは思っております。

 皆さんの多くの応援を受けていたことをあらためて認識して感激しております。
残念ではありますが、子供達と関わり合うことが「本命」ですから、そちらに専念して一緒に感動を得られるように努力しようと思います。
 今後もオフ会、コメンテーターとして顔を出すこともあるかもしれませんので、その際にはよろしくお願いします。
Posted by フルコーチ at 2007年07月01日 10:31
>子供達と関わり合うことが「本命」ですから

ご自身での決断は辛かったでしょうが、これからも少年野球を通じて、ご一緒させてください。

とりあえず、招待メールを送信させて頂きます^^
Posted by metoo at 2007年07月01日 15:06
私は公然と文句を言う人間なので大丈夫ではないかと・・・・
チームに波紋が起きることも大歓迎だし・・・・
でも、ちょっと考えないとダメなようですね。。
見る人が見れば、どこのチームなのかわかるだろうし、身内の恥をさらしてるようなものですから。
でも、私のブログはフィクションなので・・・
Posted by いけいけA監督 at 2007年07月02日 10:41
ブログの特異性を今もって考えさせられました。誰が読んでいるか?顔も見えない?

どのように受け止められるかはわかりませんからねェ〜^^;悪い方向ばかりに行ってしまう今の環境がやるせないです。
Posted by とうさん at 2007年07月02日 12:33
私にとってブログはお助けマンです。
ほんとに色々な知識やお知恵を拝借できる最高のものです。
今回のFさんのブログ閉鎖は残念でなりません。。。
Posted by おちあい at 2007年07月02日 15:47
ika-kuri さん、どうもです。

おそらく多くの方が同じような感想をお持ちだと思います。
厳しいながらもユーモア溢れるタッチはマネ出来ませんからね。
いつの日か復活して欲しいと思いますね。

わいさん、どうもです。

ネットというのは諸刃の剣であると思います。
上手く使えばこれほど便利なツールはないけど、逆に実生活にまで悪影響を及ぼすおそれがある。
新聞やテレビではネットにおける匿名性も問題になったりしていますが、ブログもコメントという匿名性を利用したツールがありますから、ある意味リスクがあるのでしょう。
誰もが楽しく主張し、語り合える場が一つでも多く残っていて欲しい。そう願ってます。


ゆうちろさん、どうもです。

ゆうちろさんのところのエントリーも読ませてもらいました。
おそらくお父さんブロガーの代表意見だと思います。
人間だから時にはグチっぽくなってしまうこともあるけど、本心はとにかく息子の記録を続けたいだけ。
しかし読む人によってはそのグチを捨て置けないんでしょうね。
現実で知っている同士なら、不満に思えば直接文句を言いに来てくれればいいんでしょうけど、そういう事って当人にいく前に事が大きくなってたりしますからね。
でもそれを恐れて本音も書けないってのはつまらないですよね。ホントよく読んでくれよと強く主張したいです。


Fastballerさん、どうもです。

>自分の気持ちのありどころを探してるようなものだと思います。

まさに、この通りだと思います。
チームに問題提起して事を大事にすることは出来ない。
でも自分の中だけは消化出来ない、そんな思いから文章をしたためてる人が多いでしょう。
「チーム内ではこんな話は出来ないけど、ブログでみんなとなら話せる」という人が多いと思います。

それをもって現実世界に引き戻す行為はあまりといえばあまりな行為だと私は思います。
チームへ、息子への思いがあればこそのグチだと思いますから、そこの辺を読み取って欲しいんですけどね。


星さん、どうもです。

おそらく少年野球ブログ界で最初の行ったオフ会で出席していたのが星さんや私、そしてあの方ですからね。
(他にもいましたがここでは伏せておきます)
その頃からずっと変わらぬテイスト、タッチは文章のプロである私からしても尊敬に値する存在でした。
それもこれも根底にある「少年野球愛」あってこそだと言うことは言うまでもないことですよね。

そもそも愛情がなかったらあんなに長くブログを続けられる訳無いんです。
私は星さんが書かれている意見に100%同意します。
このまま上手く成長していけば、ブログ発で野球界を変えることも将来は不可能ではないと思ってます。
またそうならなければならないと思います。全ては子供のためですから。
Posted by かに at 2007年07月03日 18:53
ドラ夫さん、どうもです。

ドラ夫さんがチームバレを必要以上に恐れている事が今になって非常に意味あることだと痛感しています。
少年野球ブログ界からドラ夫さんがいなくなったらそれこそ一大事ですから、そんな事態にならない事を切に願い続けます。
あっては困ることですが、万が一の事があってもドラ夫さんのブログを守るためにそちらに出向いて説得してもいいとすら思います。もちろんそんな事態にならないのが一番良いですよね。


K太父さん、どうもです。

他の方のブログを読んでいて、時々「◎◎市△△チームの方ですよね」と言ったコメントが入るのを読んだことがあります。
コメントを書いた方にとっては親近感ゆえのコメントなんでしょうけど、書かれた方はドキッとしますよね。
そうした事態を防ぐのは、K太父さんやmetooさんのようにチームにカミングアウトしてしまうか、ドラ夫さんの様に徹底して情報管理をするしかないのかもしれませんね。
K太父さんのやり方だともうおいそれとチームや指導者、お母さん達へのグチなんかは書けなくなっちゃいますが、ブログをプリントアウトされて回し読みされるなんて事態は防げますよね。
K太父流、ドラ夫流、どちらが良いと言うこともないですし、ブロガー本人が自分のブログはどうすべきか、考えていかなきゃならないんでしょうね。


匿名さん、どうもです。

微妙なネタですから、匿名でも全然構いませんよ。

その関係者の方がどういうつもりで言ったのかわかりませんが、文章で書かれたものに対して「後ろから刺されますよ」という表現はいささか過ぎてますよね。
何度も書いてますが、ブログに書かれている事ってその方の意見だったり、グチだったりする訳じゃないですか。
それに対するのもやっぱり言葉ですれば良いだけなんだと思うんです。
それを良いきっかけにディスカッションすればいい。それをせずに臭い物にはフタという解決法はいささか安直です。

>ブログを問題視される方はすでに問題視した時点でじっくり別のエントリーを読んで何かを感じ取る、
>なんていう作業は放棄されています

これはある意味その通りなのかもしれません。
表面上ではなく真剣に読んでくれれば、関西の方も今回の老舗ブロガーも辞める理由なんてまったくないことは明白なんですから。

>ブログって<書く>事より<読みとる>方が、技術がいるのかもしれませんね。

まさしくその通りです。
私の文章が無意味に長いのは、読んだ方が極力読み違えないように、情報量を多くしたいということからなんです。
これは私の言いたいことを違って取られたら怖いという、小心者故の保険的な行為でもあります。
以前、metooさんが短い文章で問題提起したことがありますよね。
あの時は色んな方が色んな風に受け取って、さまざまな意見がでました。
それ自体は彼の狙いだったから全然問題なかったんでしょうが、私は怖くて出来ないですねえ。

文章というのは読む人の育ちや経験でどうとでも変化する可能性がある。
それを意識した上でブログを書く必要もあるのかもしれません。


少年野球コーチさん、どうもです。

あのテイストが好きだって人はかなり多かったと思いますよ。私もそうですし。
私もどの記事が問題なのか、まったくわからないくらいなんですが、問題視する人からすれば
あの辛辣な書きっぷりは脅威だったのかもしれませんね。
私なんかは最近じゃ、あまりの反響の多さに芸能ネタが書きづらくなってるってのありますけどね。
待たれているのは分かってるんですけどねぇ。(^^;)


フルコーチさん、どうもです。

このたびは本当にどう言って良いのか。
何の断りもなく、このようなエントリーを書いてしまって申し訳ありませんでした。
あの関西人の時もそうでしたが、考えれば考えるほど辞めなきゃいけない理由が見付からないんです。
納得出来ないんです。
関西人とも多く話してますから、今回のフルコーチさんの苦悩も手に取るように分かります。
願わくば指導者としてこれからも関わり続けていける状態でいて欲しいと思います。
時が来ればまた復活出来る日が来るかも知れません。
その時まで毒気を失わず、指導者でいつづけてください。
今はとにかくそれだけを願っています。


metooさん、どうもです。

ブロガー関係と酒を飲む機会がすごく増えてるようですが、あなたも体調には気をつけて下さい。


いけいけA監督さん、どうもです。

私もどちらかと言えば同じタイプです。
しかし、そう言うタイプは少年野球ブログ界では少数派だと思いますよ。
特にご婦人の勢いというは、時に正論すらねじ伏せますから。
お互い多少の配慮が必要になるのかもしれません。


とうさん、どうもです。

私もアクセス解析などを見る限り、固定の読者の中で実際にお会いしたことがある人は10分の1にも満たないと思います。
残る10分の9の方は実際お会いしたことのない方。
そうした方が私の文章をどう読むのか。それは私には掴めないことの方が多いです。
ですが、極力私というキャラクター、私という人間の主義主張を読んで頂けば、理解してもらえないまでも、悪意あるコメントというのはこないのではと、勝手に期待しています。
未知の読者が増えるというのは、怖いことでもありますが、反面すごい魅力的なことでもありますからね。


おちあいさん、どうもです。

今、少年野球ブログを書いてる方、読んでる方って、多くは「今、息子が少年野球やってます」っていう方だと思います。
そういう方にとって、あの方の様に息子が卒業した後も少年野球で監督をされてる方の意見というのはすごく参考になると思います。
だからこそ今回これだけの方が、コメントしてくれたんだと思います。
そんな気持ちをあの方のチームの関係者が理解されなかったと言うのがすごく残念でなりません。
その辺の気持ちは星さんが強く主張してくれていますが、こうしたブログがいつまでも続いていって欲しい、そう願わずにはいられません。
Posted by かに at 2007年07月04日 02:31
はじめまして。いつも楽しく拝見しております。今回の騒動について私見を言わせてください。少年野球関係のブログについては、metooさん、星さんなどを筆頭に紳士的かつ情熱にあふれたブログが大半なので私はいつも更新を楽しみにしています。今回の騒動について、事情は分かりません。でも、かにさんもおっしゃっているように、ブログは公共性があり、誰かの目にとまる可能性が高いということは事実ですよね。従って、私は個人・団体を特定できるような批判記事は掲載すべきではないと思います。

少年野球とチームを愛しているからこその意見だ、自分のブログに思ったことを書いて何が悪い?親やコーチが直接、監督・関係者に言えば波紋を呼ぶからブログに書き、それを見た人は参考にすればいい、など要約するとこのような意見が多いように感じます。では、パソコンなどの情報手段を持たず、ましてやブログのことなんか全く分からない人はどうしたら良いのでしょう?一方的にネットの中で批判される。ましてや自分の知らないところで...それを他人から知らされる。冷静になって、対処することなんて出来ないと思いますよ。当然、発覚したらトラブルのは当然です。その覚悟がなければ批判なんてしないほうが良いと思います。直接言えないからブログに掲載する?このようなやり方を少年達にも推奨しているのですか?「言いたいことがあれば堂々と言いなさい」少年野球だからこそこのように指導されているはずではありませんか。

現実を忘れ、独りよがりになりがちなブログの世界。ブロガー諸氏は、子ども達に問われても恥ずべき内容ではないという確信を持って運営して頂きたいと切に願います。
Posted by ある監督 at 2007年07月05日 15:13
ある監督さん、はじめまして、コメントありがとうございます。

返事が遅くなってすいませんでした。仕事がばたついてましてちょっとネットから遠ざかってました。
どのように返事をしようかと、色々思案しましたが、自分自身あまり上手くまとめられたとは思ってません。ずいぶんと長くなっちゃった上に、読みづらいかもしれませんが、何卒ご容赦下さい。

ブログを書いている人間からすればたわいもない日記というつもりでも、ブログはおろか、ネットもしないという人からすれば、インターネット上に自分、もしくは自分の子供の事が書かれているというのは気分の良いものではないでしょう。

本文でも書いていますが、ブログの認知度はここ1、2年でものすごい高くなり、それに伴い少年野球に関するブログも実数を把握しきれないほど増えています。
それらのブログの大多数がチーム名や個人名を明かさないで書かれていると思います。
おそらくほとんどの人が当初からそういうつもりで書かれているでしょう。しかし結果的に今回のような事が起こる。
それは大会名だったり、対戦相手の特徴、試合結果、などなど様々な要素の蓄積から『特定されてしまう』んだと思うんです。
本人は意図的に特定出来るような記述をしたつもりがなくても、いつの間にやら特定されてしまう。
少年野球ブログの世界が広がったがゆえにそうした自体が起こってしまうんだと思ってます。
もちろん脇が甘いと言わざるを得ない人がいるのも事実ですが。
知らないうちに自分の隣に自分のブログの読者がいる。そんな事が起こるのが今のブログ界です。
実際、私自身ブログ内でチーム名を公表したことはありません。
しかしいつの間にやら周知の事実って感じになってます。
全国大会の日程や対戦相手を公表したりしてますから、ちょっと調べれば分かりますしね。
私の場合は、知られていると言うことを私自身が認識しているんで、それなりに制御もしてるし、困った事態にならないんだと思っています。

ただそうした認識のないまま、チームに、子供に、息子に降りかかった問題をブログに書いてしまうという人はいるでしょう。
いつも決まった人がコメントを書いてくれて、それに答えてということを繰り返している内に、不特定多数に公開されているという意識が欠落してしまうということはあると思います。私のブログはそんなに読者数がいないからと。

ある監督さんは「言いたいことがあれば・・・」と書かれていますが、なかなか言えないもんだと思いますよ、実際は。
自分が発言したことによって、チーム内での息子の立場や自分の今後が心配で、なかなか口に出すことは出来ない、という人はいると思うんです。風通しの良いチームなら良いですが、そうでないチームも少なからずあるでしょう。
そうした人がブログでそうした思いを綴り、周りに意見を求め、自分の進むべき道をアドバイスしてもらう、思いを共感してもらうことは、決して悪いことでは無いと思います。そうした事が出来るのがブログの特徴ですから。
少年野球で起こる問題って、往々にしてどこのチームでも起こりうる問題で、すでに同じ経験をした人がいるもんですから。

そうは言っても、不特定多数が読むことが出来る公共性を持ったものですから、そこの所をしっかりと認識する必要があると思います。当然、批判のための批判は私もお勧め出来ない。私自身も『個人攻撃はしない』というのを信条としています。
ブログを単なる悪口の場としてはいけないと思います。

私は3年以上ブログをやってきている人間として、もっともっと少年野球ブログの世界が活性化して欲しいと願ってます。
そして同時にブログが原因でトラブルになる様なことが無くなることも願ってます。読んでいる方も少し温かい目で見て頂けると嬉しく思います。
Posted by かに at 2007年07月07日 22:24
生意気な事をコメントしてしまってすみませんでした。監督としてチームの運営に携わる立場で、普段から批判されることが多いのでつい過敏になっておりました。かにさんの言われる通り、

・・・周りに意見を求め、自分の進むべき道をアドバイスしてもらう、思いを共感してもらうことは、決して悪いことでは無いと思います・・・

このような目的ならば、どんどん活用すべきでしょうね。少年野球を愛する仲間同士、ブロガーさんだろと指導歴30年のわからずやおじいちゃんであろうと(注、私は30代です)子ども達の為に頑張っていきましょう。これからも真剣且つ面白いネタを楽しみにしております。
Posted by ある監督 at 2007年07月08日 19:52
ある監督さん、またまたどうもです。

賛同頂けて嬉しく思います。ありがとうございます。
監督というのはとかく矢面に立たされますからね。それがやりがいの影に隠れた宿命なんでしょうけどね。

ブログというのはベテラン監督が長年培った経験や指導法を無料で分けて頂けるありがたい道具です。
上手く使えばこれほど便利な道具はありませんから、節度を保って上手く使っていって欲しいと思いますね。
Posted by かに at 2007年07月08日 23:13
私もあるブログをやっており、今ではなくてはならないものになっています。
確かに内容については注意していますが、かにさんと全く同感です。ぜひ、閉鎖されてしまうようなことがないよう、皆思いやりもって、そっと見守り合って欲しいと思います。
私も応援しているブログが閉じられたりして、寂しく思います。
今や多くの人が書くものなので、多少のミスなどについては、おおらかになって欲しいですよね。
Posted by yasuhirosan at 2007年07月10日 12:39
yasuhirosanさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログが生活の一部になっている人は多いですよね。私もそうです。
そういう人にとっては自分のブログだけでなく、よく訪問するブログも大事な場所になっています。
自分が勢いで書いたことによって、読んで頂いてる方の大事な場所を奪ってしまうことにもなりかねません。
読まれる方に要求するだけでなく、書く方も人を傷つけたりしないか、十分に注意しなければいけませんね。
Posted by かに at 2007年07月10日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック