2007年06月29日

キャプテンの役目

先日、何気なく付けていたテレビで熱い(暑い?)男”松岡修造”が出ていました。
『学校へ行こう!MAX』って番組の企画で、母校の柳川高校を訪問してたんです。

当然修造ですから、テニス部の指導をする訳ですね。
多くの部員が一斉に打ち合いをする。その中をいつものごとく熱く語りながら飛び回って指導する修造。

テニスの事は良く分かっていなかったんですが、部長というのはセンターコートでプレイするものみたいなんですね。
一番ホーム側の端っこでエースと正捕手がキャッチボールするみたいなもんですかね。

しかし撮影の時は、部長がセンターコートで練習していなかった。
そこで修造が部長を捕まえて聞いた。

「なんで部長がセンターコートで練習しない。そんなの聞いたことがないぞ」

当然理由を知っているんでしょうが、それをあえて強い口調で聞く辺りが修造らしいです。

「大会で負けたからです」

部長が答えました。

どんなスポーツでも部長は力でチームを引っ張る。それが普通です。
野球でも部長がベンチにいるというチームがありますが、やはり本来ならグランドに立って、ピンチの時には選手を集めて叱咤する、それがあるべき姿なのでしょう。

修造は部長を相手に振り回しと言う、野球で言えば千本ノックの様なことを始めました。
必死に球に食らいつく部長の姿に、部員からは自然と声が出て、最後には一生懸命部長を応援していました。

きっと彼が大会で敗戦した後、影で部長を非難していた部員もいたでしょう。
しかしあの姿を見せた今ならそう言った声は無くなるでしょう。
やはり部長には、キャプテンにはそれだけの責任があるんです。
野球で言えばレギュラー選手にも同じような責任があると思います。

控え選手の思いを背負ってレギュラーは試合をする。
レギュラー、控えの思いを背負って主将はチームを引っ張る。
その思いがしっかり繋がったチームが本当に強くなることが出来るんだと思います。

本当の意味ではこうした関係は高校生くらいにならないと無理なのかも知れませんが、少年野球でもレギュラー、主将にそれくらいの気持ちを持つように意識しても良いと思います。

私は少年野球の練習では控え選手よりレギュラーに対して多く怒鳴ります。
レギュラーよりもキャプテンに対して多く怒鳴ります。
声が出ていなかったらキャプテンに対してだけ何度でも怒ります。例えキャプテンが出していてもです。

ブロガーの方は分かってる人が多いからあえて言うまでもないんですが、控えの選手、ボーダーの選手、ミスをして変えられてしまった選手にばかり怒る指導者って、結構多いんですよねぇ。
posted by かに at 16:11| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>控えの選手、ボーダーの選手、ミスをして変えられてしまった選手にばかり怒る指導者って、結構多いんですよねぇ。

これってほとんどの指導者といってもいいと思います。
マスコミから最良の指導者と評されている監督でもそういう人、多いですから。
特に、選手の好き嫌いの激しい指導者に多いですね。
Posted by touch at 2007年06月30日 12:40
個人的にものすごくタイムリーなエントリーに食いついてしまいました。
キャプテンとは何でしょう・・・
キャプテンとはどうあるべきなんでしょう・・・
キャプテンの役割って何なんでしょう・・・

かにさんの考えるキャプテン像はすごくよくわかります。うちの指導者も、歴代のキャプテンにそう接しててきたと思います。
ただ、今のキャプテンにはどうなんだろう・・・と思い続けたこの半年。

うちのキャプテンは女の子です。
難しいお年頃です・・・(−−;
Posted by ゆきだるま at 2007年07月02日 08:42
touchさん、どうもです。

はっきり言って、ミスした選手だけをしかり続ければいいだけなら誰だって指導者になれる。
上手くやっている選手をさらに上手くしてやるためにどんな始動をすればいいのか、それが一番重要なんじゃないでしょうか。

最近、進路の話をしていると、顧問の好みという話が大桑台になります。
「お前はあそこの監督の好みの選手じゃない」なんて事も話題に出たり。好き嫌いが起用に影響する高校の指導者って意外にいるみたいですね。
Posted by かに at 2007年07月02日 18:08
ゆきだるまさん、どうもです。

女の子がキャプテンのチームってウチの辺りでもたまにありますが・・・。それが上手く機能するチーム、上手くいかないチーム、それぞれあると思います。

私は女の子がキャプテンという状態を経験したことがないから、はっきりと言えないんですが、キャプテンに指名し全員に承認された時点で、女の子だからという事は頭から除外した方がいいじゃないかと思うんですが・・・。

ゆきだるまさんの文面を見ると、そうも言ってられない事態もあるんでしょうね。難しい問題ですね。
Posted by かに at 2007年07月02日 18:13
ごめんなさい・・・再びリターンしてきちゃいました。
本当は自分のブログでエントリーしたい内容なんですが、今の状況ではセーブしながら書けないし・・・セーブしないととんでもないこと書いちゃいそうで・・・(><)

>女の子だからという事は頭から除外した方がいいじゃないかと思うんですが・・・。

彼女は4年から持ち上がりの3年目のキャプテンです。確かにキャプテン就任時は、まさに彼女自身も↑を望んでいたと思います。

ただ、女の子特有(私はよくわかんないのですが・・・)の思春期の心のうねりでこの3年で彼女の練習、いや試合態度も含めてかなり変化しています。
男だったら、多分即刻退場!!です。


彼女はキャプテンとしての役割
「荷が思い」らしく、萎縮してしまうので激しく「叱らないでほしい」そうなんです。(父コーチ談)
でも、
キャプテンを「辞めたくない」んだそうです。

監督は基本的に自分の任命したキャプテンは自分からは変えない。でも、本人がやめたいんならいつでも辞めさせてやる。ってな考えらしいけど・・・

男の子ってあんまり態度や言葉に出さないけど、ちゃんと見てるし、ちゃんと感じてるんですよね。

今、どうしてもキャプテンになりたい副キャップは爆発しそうです・・・

長々とごめんなさい。腕が大変なことは重々承知しております。ちょっと誰かに聞いて欲しくて・・・勝手にお邪魔して長々と愚痴ってしまってごめんなさい。

腕・・・お大事になさってくださいね(^^)

Posted by ゆきだるま at 2007年07月02日 18:39
ゆきだるまさん、またまたどうもです。

しっかり読ませてもらいました。

>男だったら、多分即刻退場!!です。
この辺りにゆきだるまさんの気持ちが凝縮しているような気がします。

正直、事態がどこまでチームで深刻化しているかわかりませんが、私はその子はキャプテンを辞めるべきだと思います。叱られたくないキャプテンなんてキャプテンじゃないような気がします。
キャプテンの仕事を「荷が重い」と感じている選手は結構いると思います。
でもだからと言ってそれが「叱らないで」と言うことには繋がらないと思う。

その父コーチがどこまでチームのことを考えているか分かりませんが、キャプテンを続けさせるならキャプテンらしい扱いをしっかりさせるべき。やるならしっかり全うする、それが一番大事でしょう。
それが出来ないならやる気のある副キャプテンに譲るべきだと思います。

あと半年の事ですからね。
本当なら変えずにってのが一番なんでしょうけどね。

何にせよ、良い方向に進むことを祈っています。
Posted by かに at 2007年07月03日 18:09
ご不自由な腕の状態で、レスいただきまして本当にありがとうございます・・・感謝です(^^)

今週末最終学年でもっとも重要だと思われる試合を控えています・・・
キャプテン、そしてキャプテン父コーチ、そしてなぜかキャプテン母まで絡んで、糸はこんがらがってます。
なぜ、今なんだ?と悶々としていますが・・・今は新たな糸が飛び出して余計にこんがらがりがひどくならないように冷静にいようと自分に言い聞かせています。

本当に聞いていただいてありがとうございます。

まーぼ君のこの夏のご活躍、そしてかにさんの早期復活を祈ってます!!

本当にありがとうございました(^^)
Posted by ゆきだるま at 2007年07月04日 07:37
ゆきだるまさん、どうもです。

うーむ。
今はまず今週末の試合に集中ですね。大人の動揺は敏感に子供に伝わりますから。
その後に何かしら動くのか動かないのかの決断をしないといけませんね。いつまでも悶々としていてはつらいですもんね。
ゆきだるまさんは女性だから、どっかのだれかさんみたいに500円◎ゲが出来たりはしないでしょうけど(^^)
Posted by かに at 2007年07月04日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック