2018年09月17日

挨拶までは頑張ったんです

おかげさまで無事に娘が嫁いでいきました。

まぁ、籍は少し前に入ってましたけど、こうして式を行うと区切りになりますね。


ヴァージンロードは娘の希望で私だけでなく奥さんもいっしょに、二人で送り出す形になりました。

二人で新郎の元まで連れて行き、新郎握手をした後、娘の手を引いて彼に手を取らせる。

一回リハーサルしてたんだけど、やっぱり本番は緊張しちゃってもたついちゃったよ。


緊張の式から一転、披露宴はリラックス。すっごい楽しくてみんな笑顔笑顔でした。

それもこれもやっぱり主役の2人が一番良い笑顔を見せてくれてるからだよね。


披露宴の最後には娘からの言葉。

そして私の挨拶。


前にも書いた通り、多くのお父さんがそうであるように、私も娘からの言葉で泣いちゃうんだろうな、って思ってたんだけど、何とかグッと堪えて泣かずに乗り越えたんだよ。


だけどその後、俺の挨拶の途中、視界の先にいた息子が携帯で動画を撮りながら涙を流し始めた。

私が挨拶を終える頃にはすっかり号泣。

披露宴が終わり、娘と旦那くんが退席した後には私や奥さん、ウチの母や妹も、そんな息子の涙につられて号泣になっちゃいました。


でも娘の旦那くん親族の皆さんは、娘が本当に家族に愛されていると強く感じたみたいだね。

みんな涙もろいってのもあるんだけどね。^ ^


笑いあり涙ありのとても楽しい時間、本当に幸せな時間でした。

posted by かに at 17:40| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かにさんが泣くのは想定内(笑)ですが、まーぼ君が号泣したというのが、ホントに仲の良いかにさんファミリーらしくって良いですね。
主役のお二人を始め、参列された皆さんが幸せになる、本当に良い結婚式・披露宴だったんでしょう。
そういう空気感がブログの文章からも伝わってきて、こちらまでホッコリと幸せな気持ちになります^^
Posted by PAT at 2018年09月17日 22:18
PATさん、どうもです。
やっぱり想定内・・・ですよね。
参列者も身内と近しい友人だけですからね。
アットホームな披露宴でとても良い雰囲気でした。
Posted by かに at 2018年09月24日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]