2018年05月15日

これじゃスポーツじゃない

アメリカンフットボールの試合での反則行為で大変な騒ぎになっていますね。

大学フットボールの試合、日大対関学大戦での事。
関学大のQBがパスを出した後の気が緩んでいる時に日大の選手が思いっ切りタックル。
映像がTwitterで拡散されたことで、フットボール界だけでなくスポーツ大臣までが参戦する大騒動になりました。

私も件の映像を見ましたが、あれはもう確信犯でQBをつぶしに行く目的でやった行為ですよね。
日が経つに連れて情報が少しずつ出て来て、「早い時間帯でQBをつぶしに行く。俺が責任を取る」と監督が指示したと言う話も出てきてます。

こと、ここに至っても当日の試合後にあのプレーを容認するようなコメントを出して以降、まだ日大の監督は姿を見せていません。

たぶんここまでの自体に至っては、監督交代は必至。コーチ陣も全面刷新ぐらいの事をしないと収まらないでしょう。

最近ではめっきり見なくなっていましたが、ずいぶん昔の話しですがかつてアメフトにちょっとはまっていた時期がありました。

その時に抜群の強さを誇っていたのが日大フェニックスでした。
ショットガンフォーメーションという素晴らしい戦い方で素人の私も楽しめるそんな魅力的なチームでした。

しかしチームというのは指導者で変わります。
かつて指揮していた篠竹監督が退いて、どういう経緯で今の内田監督になったのかは知りませんが、かつての魅力は露ほどに感じないチームになってしまったんですね。

野球に於いても悪意を持っていれば似たような事が出来てしまいます。
100数十qの速球で狙った選手に当てれば良いんですから。
当たり所が悪ければ即交代になります。

しかしそれはスポーツではありません。

当然試合が勝負である以上相手のキーマンを潰す作戦というのは取られる事があります。
しかしそれは物理的に潰すのではなく、苦手コースを攻め続けたり、内角の厳しいコースばかり攻めたり、徹底的に歩かせたり(これが是か非かは別として)何にしても、作戦として死球という選択をする指導者なんてほぼいないと思います。
少なくとも私はいて欲しくありませんし、いないと信じています。

サッカーに於いては『削る』と言う作戦(?)がありますが、これもあくまでボールを持っている事が前提ですし、今回の様にパスをしてから数秒後の気の緩んでいる状態での事ではないと思っています。

今後、日大にどのような処分が下されるか分かりませんが、もし本当に指示として行われたとしたら断罪に当たると思います。
これによって選手生命はおろか、今後の将来にまで大きな影を落とすことになったという事をしっかり自覚すべきでしょう。

スポーツにおいてのこういう悲しい出来事は起こって欲しくないです。
今回は本当に残念です。
posted by かに at 10:05| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も映像を見ました。
完全に故意ですもんね。

関学へ謝罪に行ったらしいてですが、そこにも監督は不在。
どういうつもりなんでしょうね。
スポーツマンシップを教える立場の人が最もスポーツマンシップから遠くては話になりませんよね。
Posted by PAT at 2018年05月15日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]