2017年07月13日

どうなんだろう?

ベイスターズファンであると同時に日ハムも応援してる訳ですよ。
生粋のファンって訳じゃないけど拳士がいるからね。

でね、今日はその日ハムの話。
元々、栗山監督の起用方法には疑問が多々ありました。

チーム全体で全然打てないのに全く代打を出さななかったりね。
拳士の起用に関してもムムムって思ったのは一度や二度じゃない。

でもまぁ、結果を出せてないからね。
そういう意味でなかなかチャンスをもらえないのはしょうがないとは思いつつ、栗山監督に嫌われてるんじゃないの?って思う事もありますね。

と、まぁ、拳士絡みは私情が入り過ぎとは思いますが、ここ数日の起用、発言にはムムムを通り越して、いや、それは無いだろうって思うんですよ。

まずは斎藤佑樹の起用。
そもそもがあの程度の結果の投手に再三再四チャンスを与えてるのもどうかと言う思いはありますが。(ファンの間では斎藤佑樹使いたい病と言われてる様です)

結果、案の定滅多打ちされて登録抹消な訳ですが、その試合後のコメントで「チームの状態が、流れが悪いというのもある。向こうに流れがある。それを作ってしまっているのは、こっちの責任」と話してるんですね。
もちろん敗戦の責任が監督にあるのは間違いのない事。
しかしベースカバー忘れたり、反省材料満載の斎藤君を一切責める事なく、かばい続ける姿は流石に日ハムファンからも批判が殺到してる様だ。

そして昨日。
斎藤君の次に溺愛してる大谷翔平が先発登板しました。
結果は1回1/3 被安打2 四死球2 失点4 で敗戦投手になりました。

試合後、栗山監督は「こっちもそこ(万全の状態での一軍登板)に持っていくためのステップを踏んでいる。一回、一軍で出力を上げて投げることが目的だった。明日、明後日(体に)どういう張りが出てくるか。最低限前には進んでいると思う」とコメントしてる。
要するに調整登板って事でしょう?
それを先発でやる?
点差が離れた終盤になら分からないでもない。
広島くらい攻撃力があって、ちょっとくらい取られてもしっかり取り返せる打線の状態ならいいけどさ。とてもじゃないけどそんな状況じゃないでしょう?

何度も日ハムを日本一に導いてる名将の誉れ高い栗山監督ですが、なんか今年おかしくないですか?
posted by かに at 18:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合の中継を見ないので結果しか知りませんが、勝ててませんよねぇ、日本ハム。
これだけ結果が出ないと、というか、謎采配が多いと、裏側で何らかの大きな力が動いているような気がしてなりません。
例えば・・・『優勝すると年俸アップしないといけないから、優勝するな』(40年以上前にタイガースで実際にあったとかいう噂も)とか。。。
そういう裏側の話がなく、後半巻き返しのための布石なら良いんですけどねぇ。
Posted by PAT at 2017年07月13日 22:30
PATさん、どうもです。
今日も負けましたね。
ヤクルトなど他の球団が派手に連敗してるからさほど話題に登りませんが、日ハムもかなりひどい負け方が続いてますよね。
打てない守れないって今日みたいな負け方がよくありますね。
選手の年俸の枠が決まってるからそれで賄えなくなってきたら放出ってチームですからね。
もしかしたら何かしらの策略があるのかもって勘ぐっちゃいますね。
Posted by かに at 2017年07月18日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック