2017年01月10日

減少

年賀状、減少止まらず…「嵐」2年連続で起用も
日本郵便が今年の元日に配達した年賀状は前年比約6%減の16億4000万枚となり、8年連続で前年を下回った。

 年賀状は例年、7割程度が元日に届く。元日の配達枚数は、ピークの1993年から4割も減った。電子メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及が背景にある。

 日本郵便は若者層を取り込むため、コマーシャルに人気アイドルグループ「嵐」を2年連続で起用した。しかし、年賀状の利用減に歯止めをかけることはできていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00050084-yom-soci    


去年までは減少をあまり実感したことはなかったんだけどね。
今年ははっきりと実感しました。
今年届いた年賀状。去年と比べると3割〜4割減って感じかなぁ。
いや、実際に枚数を数えた訳じゃないんだけどね。

俺の場合。
大まかに分けると、仕事関係、少年野球関係、シニア関係、それ以外の友人関係。
ざっとこんな感じで出してるんだけど、来る方は当然ながら圧倒的にシニア関係が多いです。
関わってる人数が多いですからね。

もう何年も前からなんだけど、俺の方から役員、指導者が主で、選手や父兄にはあまり出してはいないです。
それでも毎年選手本人や父兄からの年賀状が結構な枚数届いてきてます。
もちろんその来た年賀状についてはきちんと返信の年賀状を出してます。

今年はその〈出してなかったけど来た〉ってのが圧倒的に少なくなった。

例年、出すために買った分では返信用が足りなくて、追加で50枚くらい買って、足りなくてまた追加で50枚買ってって感じなんだよね。
それが今年は最初の50枚を使い切らなかったんだよね。
だからざっくりと考えると例年より50枚くらい少なかったって事かな。

俺、チームで何かやらかしちゃったのかな?
なんて思ったりもしたけど、まぁ、心当たりはないのね。
そもそもこっちから出していない人に出してくれって言う筋合いのものでもないしね。
こっちだって出していない訳だし。
3日に会うんだからって考えか、俺のように来たら出すって増えたのか、そもそも年賀状を出す習慣を止めた人が増えたのかは分からないけどね。

年賀状って習慣。俺は良い習慣だと思うんだけどねぇ。
そう言えば娘も1枚も出してなかったしなぁ。
SNSで済ますって人が増えた、ってだけじゃないような気がするんだよな。
posted by かに at 23:44| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かにさんとは枚数の桁が違いますが、うちも今年は減少を感じました。

私自身、そろそろ止めようかな。。。と思いつつも、結果的には例年並みに出したんですが、届いた枚数がやや少なめ。
しかし、子供達の分が、出す枚数も、もらった枚数も激減でした。
簡単に電子的な挨拶ができるようになったことに加えて、新年の挨拶そのものの重要性の認識が変わってきたのかもしれませんね。
Posted by PAT at 2017年01月11日 22:38
いつも楽しく読ませてもらってばかりのサトケンです。
遅ればせながら、
新年および、ご自宅や娘さんのお話、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年賀状の件で素敵な話がありました。

オリックス二軍監督・田口壮さんの記事ですが、
「今年もよろしくお願いします」だらけの年賀状の中に、
若い現役選手から「今年はお世話になりません」という、
葉書がまじっていて嬉しかった、というのがありました。
私も何か嬉しくなりました。
Posted by サトケン at 2017年01月13日 18:04
PATさん、どうもです。
我々大人にとっても年賀状の意味合いが気迫になりつつあるのですから、デジタル世代の子供達にとってこんなアナログな行為は本当に無意味なんでしょうね。
アナログの大切さを教育の場で教えるくらいじゃないと本当に無くなってしまうんじゃないでしょうか。

サトケンさん、どうもです。
田口さんの話しは初めて聞きました。
こういう機転の利いた年賀状を出せる選手はきっと大成しますね。
頼もしい選手がいるもんですね。オリックスのこれからに期待です。
Posted by かに at 2017年01月26日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック