2016年09月27日

ベスト8

今日、まーぼ高校野球部の県大会2回戦がありました。

埼玉県の場合、まず東西南北、各支部で勝ち上がった代表校だけが県大会に出場出来ます。
まーぼ高校の支部はなかなかの強豪揃いで、そこを勝ち上がるだけでも簡単ではありません。
実績十分、県内屈指のチームでもある埼玉栄高校でも県大会に進出出来ないんですから。

そうして勝ち上がった代表校が32校集まっての県大会ですから、1回戦を勝つだけでも大変。
日曜日、その1回戦を6対1で快勝。

そして今日、2回戦があった訳です。
たまたまお休みだった姉ちゃんも連れて、三人で大宮の球場に行って来ました。

着いた時にはまだ前の試合、浦和学院の試合をやってました。
さすが浦学、秋季大会だって言うのにブラスバンドを引き連れて圧倒的な応援でした。

さて。
そして始まったまーぼ高校の試合。
エースの圧倒的なピッチングで点を取られそうな気配すらない。
あとは得点を挙げるだけなんだけど、初回から1死2塁のチャンスがありましたが後続が続けず。
その後、2回、3回、4回と連続で1死2塁のチャンスがあったんですが、そのたびに打ち上げてしまいお互い無得点のまま6回の裏。
相手が1死2塁のチャンスを掴んだ。
ここで続く打者がショートゴロ。普通にファーストに投げて2死2塁かな。そう思った途端、2塁ランナーが3塁に向かって走り始めた。
ショートは当然サードにスロー。そしてそれに気づいたランナーはセカンドに戻り出す。サードは追い込みながらセカンドへ。
そうしてる間にバッターランナーがセカンドへ。
セカンド上で両方タッチして、て、展開になるかと思ったら、今度はバッターランナーが1塁へ戻り始める。
セカンドランナーはベースに戻るのが間に合ってセーフ。さらに1塁に投げたボールが一塁手のミットからポロリとこぼれてオールセーフ。
しかも一塁手のミスの間に2塁ランナーが3塁に進み、オールセーフで1死1、3塁の大ピンチになってしまった。

さすがにヤバいな。1点は覚悟しないといけないかも、そう思った途端、相手三番の打球はサードライナー。これを三塁手がジャンプしてキャッチしてそのままベースに着地。
まさかのダブルプレーでこの大ピンチをしのぎさました。

ピンチの後にチャンスあり。
7回の表にランナー3塁から今度は相手にミスが飛び出して1点を先制しました。
結局1点しかとれませんでしたが、ここまでずっとチャンスにポップフライばかりでしたが、ここに来てしっかりと芯を食った打球が出始めたんで、もう大丈夫。
エースも相変わらず良い調子だし、このあとあと2点くらい取って、3対0で行けるかな?

そんな風に思ったんですが、やはり県大会はそう簡単ではありませんでした。
ポテンヒットからチャンスを作られタイムリーで同点とされてしまいました。

しかし続く8回。
先頭が出塁すると四番に長打が飛び出して2点目を奪ってさらにランナー3塁。
ここでスクイズが決まって3点目。

この得点で勝負あった。
そのまま試合が終了し、3対1で勝利しました。

この勝利で準々決勝に進出。ベスト8となりました。
夏がベスト16でしたから、チームとしても最高成績になりました。

続く準々決勝の相手はこの日の第一試合で勝利した浦和学院。
トーナメント表を見た時に、ここまで勝ち上がれたらいいねーって思ってた通りになりました。

正直、まだまだ浦学に勝てるほどの力は無いかもしれないけど、いつも通り、終盤勝負に持ち込んで大番狂わせを演じて欲しいですね。
そう出来る可能性は持ってますから。
次の試合応援行けるかなー。



posted by かに at 21:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | まーぼコーチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベスト8進出、おめでとうございます!
県大会で勝ち進むことって大変だと思いますが(今の私は実感籠もりまくりです^^;)、2つも勝つって素晴らしいです!

次は、全国レベルの強豪校ですが、同じ高校生ですからね。『勝てないはずはない!』とぶつかってほしいです。
遠くからですが応援してます!
Posted by PAT at 2016年09月27日 22:51
PATさん、どうもです。
その後も息子と話が出来てないので、チームとしてどう感じたのかは分かりません。
だけど私から見ると、天と地ほどの差がある、とは感じませんでした。
でもまだ勝つには足りないものがたくさんあるかな、とも感じました。
なんにせよ、大きな収穫があった秋季大会だったとおもいます。
Posted by かに at 2016年10月10日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック