2016年09月21日

ありがとう番長

今日、ハマの番長こと、三浦大輔投手が引退を発表しました。

30分くらい前からこの事を書き始めたんですが、一行目を書いた後が続けられませんでした。
何をどこから書いたらいいだろう?そもそも何を描きたいんだろう?全然頭がまとまらないままでしたが、芋焼酎を3杯飲んでようやくキーボードに向かうことが出来ました。

正直、今年の状況を考えるとこの日が来ることは薄々予感していました。
ここ2年ほどは開幕からローテーションに入る事が出来ず。
ローテーメンバーの疲れが出始める夏頃から登板という事が続いていました。

今年もそれは変わらず、今季初登板は8月だったと思います。
満を持しての登板のはずが初回に連打を食らい大量失点。
続く2度目の登板はなかなか訪れず、結局9月に入ってから今季2度目の登板でした。

お得意の阪神戦。
ファンからすれば阪神の状態を考えれば、この登板で今季初勝利をするものと確信してました。
(阪神ファンの方、申し訳ないです)
しかし結果は初回にランナー1人を置いて、福留選手にホームランを打たれて2失点。
ちょうど中継を見ていましたが、「このカウントだったらきっとアウトローギリギリに投げるだろう」という予想に反して、打たれても仕方ないというコースにスーッと投げ込んでしまいました。
コントロールが抜群の番長と言えど、初回はコントルールミスをしがち。
ここ数年は特に初回のコントロールミスでホームランを打たれることが増えていましたからね。
でもその後は本来の番長のピッチング。
結果は勝てなかったけれど、これだけのピッチングが出来るなら、万が一今年勝てなくてもあと1年くらいはやってくれるのでは、とも思っていました。

しかし。
昨日、ベイスターズはクライマックスシリーズへの進出を決めました。
その中継での映像を見ていて、番長の顔が気になっていました。
CS出場を決め、選手達みんなすごく喜んでいて、見ているこっちも嬉しくなる光景の中、番長はなんだか他の選手達のそれと微妙に違う気がしたんです。
本当に何となくなんですけどね。

喜ぶみんなを暖かく見守るって言うのかな。
年齢的な事もあるんでしょうけど、あの時点で一歩下がったところで喜んでいる様に感じたんです。
自分が勝利していない今シーズン、その中でチームはCS出場を勝ち取った。
もう自分がいなくても大丈夫だ、そんな安心感がにじみ出ているようにも感じられました。

弱いチームをエースとして支え続けてきた番長。
泥沼の連敗を止めるのは決まって番長でした。
すでにベテランの年齢になってからも、ここぞで頼りになるのは決まって番長でした。

あれは何年前ですかね。
番長がFAの資格を得て、阪神が獲得に意欲を見せてるって時がありました。
その年のファン感謝デー、私は行ってたんですよね。
で、他のファンと一緒にグランドの番長に「行かないでくれ〜」って叫んでました。
そんなファンの叫びが番長の胸に届いて、残留を決意。
その後「俺は横浜の三浦」と言い続けてくれました。

今シーズンの最終戦。
番長の登板の日のチケット、是が非でも取りたかったんですが取れませんでした。
最後の背番号18を目に焼き付けたかった。
とても残念です。
でも頭の中には数えきれないほどのその勇姿が残っています。

テレビの前でしっかりと応援し、感謝の言葉を言いたいと思います。

ずっと横浜の三浦大輔でいてくれてありがとう。
あなたはやっぱり最高のエースでした。
ありがとうございました。


posted by かに at 02:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また一人、球団の顔、というかプロ野球の顔ともいうべき選手が去ってしまいますね。

阪神ファンの私としては、抑えられた記憶しかありません。
でも、野球ファンとしては、三浦投手の投球が好きでした。

引退したら淋しくなりますね。
でも、現役から退くけど、野球から退くわけじゃないって言ってましたよね。
何らかの形で野球界でまた頑張る姿を見せてくれるのを楽しみにしてます。


ちなみに、これで私と同じ昭和48年生まれの現役選手が誰も居なくなってしまいました。。。(メジャーにはイチロー選手が居ますが)
Posted by PAT at 2016年09月21日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック