2016年09月13日

秀逸

先日の日曜日。

グランド内に我がチームの下部組織であるリトルリーグの練習着を着てる選手がいるのに気が付いた。

トップチームがバッティング練習をしてる時間だったから、誰なんだろう?と顔を見てみたら二年生選手だった。

色も形も全く同じミズノのベースボールTシャツなんだけど、ウチの練習着は胸にマークが入ってて、背中にはアルファベットで名前が入ってる。
かたやリトルの練習着は胸のマークは無く、背中にはチーム名が入ってる。

入団間もない一年生だったら出身チームの練習着やユニフォームで練習する事はあるけど、二年生ともなると、そういう事はほとんどない。

色、形が一緒だからパッと見は気付かないんだけどね。

バックネット裏で監督と共に練習を見ている時だったから、私と同時に監督も気付いたみたい。
すぐに監督が本人に声を掛けた。

「練習着どうした?洗濯が間に合わなかったのか?」

が、その理由は、何の事はない。選手本人がうっかりと着て来ちゃったんだとか。

まぁ、終日練習の日ですし、1日くらいならしょうがないか。
て、事になったんですがね。

それでも婦人部で一応母に連絡したみたい。

そして母は替えの練習着を持って来てくれました。


1B195621-872E-4F3A-8293-25B085DF2C93.jpg


秀逸なメモでした。

この日1日、その選手が『バカ息子』と呼ばれた事は言うまでもありません。
posted by かに at 22:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい!(笑)
まさに秀逸なメモですね^^

小猿くんのチームメイトにも、忘れ物が多いヤツがいて、そのお母さんのコメントから「バカボン」と呼ばれています。
Posted by PAT at 2016年09月13日 22:37
PATさん、どうもです。
バカボンとはそれはそれは。
呼ばれたくなかったら忘れ物を無くさないといけませんね。
でもそういう選手ってチームのムードメーカーだったりするから、貴重な存在ですよね。
Posted by かに at 2016年09月15日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック