2016年08月16日

ついにこの時が

ついにその時が来ちゃいました。

出張前夜の昨晩、姉ちゃんの彼氏が我が家に来ました。

遠距離恋愛の姉ちゃん。
彼は日本海側の都市で働いてたんですが、先日その職場を辞めて地元に戻る事にしたそうなんです。
地元ってのも中国地方の都市なんですけどね。

で、地元での再就職前にバイクで日本一周をしてる様で、その途中で我が家に寄ってくれました。

奇跡的にその日の夕方、旅行のお土産を届けに来た息子もいたから、家族総出でお出迎え
、なんて事になっちゃいました。

彼は人の良さが顔に出ている様な、まん丸顔の青年でした。
姉ちゃんの1つ年下だったかな。

聞きたい事は山ほどあるけど、どっからどう聞いたもんか、あれこれ考えてる内に無言になっちゃったり、私も奥さんも微妙に緊張してるのが出ちゃったかな。

当初は一泊して翌日地元に向かって出発するって話だったんだけど、東京に住む昔の友人に会いに行くという事になり宿泊は無くなり、夕飯は姉ちゃんと外で食べに行くって事になった模様。

小一時間の滞在で姉ちゃんと共に駅まで送って行き、そこで分かれました。
あとから考えればもっとゆっくりしてもらえれば良かったなーって思ったんだけど、みんな腹も減ってたし、息子もボチボチ帰らなきゃって時間だったからさ。

まぁ、何より、私も奥さんも緊張からこの後どうしようとか考えられなかったからねー。

もちろんそんな短時間だから将来についての具体的な話なんて出てないけどね。
でもたぶんこの彼の元に嫁ぐんだろうなーって感じました。

まだまだ手放したくは無いけど、行き遅れちゃうのも心配だしね。

覚悟してたけど・・・やっぱり戸惑いはありますね。
posted by かに at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに来ちゃいましたか〜
でも、はっきりとした話ではないんですよね?
って言っても、わざわざ自宅訪問なんて、まぁ、そういうことですよね。

まーぼ君の彼女のときは、和気藹々っていう感じが伝わってきましたが、今回は、そういう感じではなかったんですね。
まぁ、両方ともに緊張しますもんねぇ^^;

うちはまだまだですが、”その時”に備えて、心構え等、教えてくださいね。
Posted by PAT at 2016年08月16日 10:24
PATさん、どうもです。
まーぼについてはすでに家を出てますから、我が家的に何が変わるってのも無いですけど、姉ちゃんの場合は、ね。
その時が来て欲しいけど来て欲しくない。
複雑な気分です。
Posted by かに at 2016年08月18日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック