2016年05月20日

ゲロゲーロ

引っ越ししてから半年ほど経ちましたが、ここ1ヶ月ほど以前とは違う周辺環境をひしひしと感じています。

前の市ではほとんど無かった田んぼが今の市にはたくさんあるんですよ。
と言っても、水田地帯が広がってるってほどの大規模なものじゃありません。
たぶん機械を使ったら田植えも数時間で終わってしまうだろうってくらいの小さな規模の田んぼがそこここに点在してるんです。

で、田んぼがあれば必然的に彼らがいるんですね。
そう、カエルです。
仕事帰り、窓を開けて家に向かってると、どこからともなく聞こえてくる蛙の鳴き声。
アマガエル、トノサマガエルと色々な蛙の鳴き声が聞こえてきます。

実は私の実家の周辺も田んぼがたくさんある地域なんで、子供の頃から蛙の鳴き声は聞き慣れていました。
小学生の頃には、スプライトの1リットル瓶(口の広いヤツです。懐かしいでしょ?)にたっぷりとカエルを入れて、その中に爆竹突っ込み爆発させるという、今考えれば相当残酷な事をしてた記憶もあります。
雨の後には道路に出て来たカエルが大量に車に轢かれてペシャンコになっていて、そんなペシャンコカエルを横目に見ながら学校に通ったものです。

そんな訳で蛙の鳴き声は私にとってはすごく懐かしい音の一つ。
夜寝る前にはベランダに出て、そんな懐かしい鳴き声を数分間聞いてから床についています。
以前住んでいたマンションでは、近くに大きな道路が走っていたから、ベランダに出ても聞こえてくるのは車の走行音ばかり。
こうして自然の音に触れると穏やかな気持ちで眠りにつく事が出来るんですよねぇ。
まぁ、それだけ田舎に引っ越したって事なんですけどね。

田舎出身者ですからこれくらいがちょうど良いんでしょうね。
posted by かに at 00:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都会ではカエルの声は聞こえないんですね。
まぁ、当然と言えば当然なんでしょうけど、田舎育ちで、今も、田んぼの脇を通って通勤している身としては、カエルの声が聞こえないなんて想像もしたこともありませんでした。
あまりの大群や、うるさいほどの合唱は勘弁してほしいですが、遠くから聞こえる分には季節を感じて良いものですよね。

あ、うちの娘はカエルが苦手なので、声も嫌がります^^;
Posted by PAT at 2016年05月20日 22:34
PATさん、どうもです。
返信だいぶおそくなっちゃいました。(;^_^A
チビ猿ちゃんはカエルが苦手ですか。
小さいカエルは可愛いと思うんですけどねぇ。
Posted by かに at 2016年05月31日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック