2016年03月15日

関東へ

秋には届かなかった関東大会へのキップ、春は掴み取る事が出来ました!

二回戦で同じブロックの強敵を撃破し、勢いに乗って臨んだ三回戦。
相手は登録選手数が12人という人数の少ないチーム。
しかしそれがチームの強弱に直接関係する訳じゃないって事は知ってます。
息子の高校野球部も部員数が少ないチームでしたからね。少ないチームは少ないながらも工夫してやっているチームはある。
実際に三回戦まで勝ち上がってきてる訳ですからね。

試合が開始してみたら、案の定甘く見られる様な相手ではありませんでした。
初回、ノーアウト二塁のチャンスを作ったのだが、後続を抑え込まれて得点出来ず。
ここぞと言う所で力いっぱい投げ込むストレートにバットが空を切ってました。

2回、相手投手を攻め立て1アウト2、3塁のチャンスに内野ゴロで1点を先制しました。
しかしさらに突き放す点が取れない。
3回もチャンスはあるもののあと1本が出ない。

そうこうする中でこちらの得点と同じく内野ゴロで1点を奪われてしまった。

なかなか点が奪えない中で同点にされ、危機感が芽生えてもおかしくないんだけど、不思議と俺自身はそれほど危機感がなかったんだよね。
それは選手達の表情に自信がみなぎっていたってこともあるんだけど、こういう力投型の投手って後半に必ずガクって来ちゃう瞬間があるって分かってたんだよね。

その時は思ったよりも早く来ました。
同点とされたその裏、先頭打者にはっきりとしたボールでフォアボール。

そこから怒涛の攻撃で3得点。
続く5回も足を使って1点追加。
点差が開いて気落ちしている投手をさらに攻め立て、ビュンビュン走る。秋にはほとんど使えなかった足を生かしてどんどん次の塁へ。

そしてトドメは待ちに待った四番のホームラン。
練習ではデカイ当たりを連発してた選手なんだけど、気持ちが優しいからか、なかなか試合で結果が出せなかったんだけど、四番固定で勝って行ってる中で自信を深めて本来の力強いスイングが試合でも出る様になったみたい。

秋には四番だった選手を六番に下げるほどの分厚い打線が出来て、例え得点されても全く慌てる事が無くなった。

蓋を開けてみればこの試合も6回コールド勝ち。
ベスト4に入って関東大会への出場権を獲得しました。
走攻守全てを叩き直したチームが、自信を持って関東大会へと出場します。

でもその前に、支部での優勝を賭けて準決勝を争います。
相手はうち以上の強力打線。
しかも相当のスピード投手を擁してるとか。
果たしてどんな試合が出来るのか、楽しみで仕方がないです。




posted by かに at 10:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関東大会出場権獲得、おめでとうございます!

ホント、打線が素晴らしいですねぇ〜
かにさんも書かれているように、選手達に自信があるんでしょうね。
そして、打線爆発の陰に隠れているものの、失点が少ないのもイイですね!

関東大会に弾みをつけるためにも、あと2つ勝って、支部優勝して下さいね!
Posted by PAT at 2016年03月15日 21:58
PATさん、どうもです。
負けるときにはミスが失点に繋がってしまうもの。
今はそのミスが出ていないのが大きいですね。
その辺も選手達の成長ですね。嬉しい事です。
Posted by かに at 2016年03月18日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック