2016年03月10日

四人目

開幕まであとわずかと言うこの時期にまたもプロ野球にとってマイナスとなる出来事がありました。

もしかしたらあるかもしれないと懸念していた、野球賭博四人目の存在が明るみになりました。

一プロ野球ファンとして非常に残念です。
アンチ巨人の私ですが、野球ファンで無い人から、私が応援するチームにもいるんじゃない?と聞かれたら、絶対に無いと断言出来ない根深さがある様に思います。

所詮は任意の調査。
自己申告がなければなかなか真実を掴めない。
今回、またも文春がきっかけの事の様ですが、事態を見る限り、笠原元投手、もしくは「笠原さんと野球賭博をやってる人」が文春サイドに名前を漏らしたとしか思えません。
それが取材活動なのか、ネタとして提供さらたのかは分からないけど、そこに踏み込んでるところが流石だな、と、一マスコミ人として思いますね。

話が逸れましたね。
今後、笠原元投手、笠原さんと野球賭博をやってる人、そして今回の高木京介投手の口から、5人目、6人目の存在が明るみに出ないとも限りません。

もしいるならば、と言う事です。

しかしこれだけ時間が開いてから四人目が出たのだから、いないと誰も断定できないと思うんです。
もちろん他球団も含めて。

自分達はプロ野球選手ではなくなったけど、あいつはなんで華々しく活躍してるんだ、あいつもやってたのに、と、ならないと誰が言えるでしょう。

そんな疑念を持たせてしまった責任、巨人は重い十字架として背負わなければいけないでしょう。
他球団のファンからこの件で野次られる事もあるかもしれません。お前もやってるんじゃねえかとかね。

私はこの件で名前が出た四人が野球賭博をしていた事、それ風の事を喋っている事を、周りの巨人選手で見聞きしていた選手がいると思ってます。
全く知られず、察せられる事無くいたとは思いません。

清原元選手のクスリによる奇行はポロポロとあちこちから出ています。
同じ様に本当ならすでに処分された3人についても話題があるはずなんです。
その過程でさらなる選手の名前が挙がる事もあるだろう、そう考えてましたが、報道はさして拡散する事無く、あっさりと収束していたと感じていました。

昨日、当の高木京介投手が会見を開きました。
愛甲猛さんもtwitterで書いていましたが、なぜ高木投手に限って会見を開いたのか。
球団側が一人も同席しなかったのは何故なのか。
違和感を感じました。
膿を出しきるより、事を早く収束させたいと言う事が優先されてる様に感じます。

プロ野球界は派手な世界です。
他スポーツより注目されますから。
そういう世界には必ず反社会的勢力が近づいてきます。
これからはこういう事態が起こらない事、それだけを切に願います。

posted by かに at 09:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり(と言っちゃいます)出ましたね。
こうなると、ビクビクしてるヤツがもっともっといるんじゃないか?って疑いますよね。
野球ファンとしては、もう無いと思いたいですが、このまま、予定通りにリーグ戦が開幕しちゃっていいのかなぁ。。。

しかしまぁ、この話題に限らず、今年は飛ばしてますよね、文春。
Posted by PAT at 2016年03月10日 22:22
PATさん、どうもです。
ことは野球賭博だけでなく、円陣金銭授受問題、他球団にも飛び火しちゃいましたね。
今のところベイスターズは何も発表していませんが、すでに7チームが認めてます。
残念ですねぇ。こういう事で騒ぎになってしまうのは。
Posted by かに at 2016年03月18日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック