2015年07月23日

パラリンピックへ

まーぼ母校で起こった痛ましい事故から約2年。

本当に久しぶりに彼と会いました。

もちろん先日行ってきた高校野球の試合会場でです。

髪の毛が部分的に茶色かったりして、ほんと普通の大学生と言った雰囲気でした。

まずは彼らの代の時、夏の大会の応援に行けなかった事を詫びました。
私自身、応援に行くべきだと言う気持ちを強く持っていたんですが、彼にどう声を掛けたらいいか分からず、結果、尻込みしてしまった事を何度も悔やんでいました。

しかし彼はそんな事全く気にしていなかった様でした。
そしてこんな言葉で近況を話してくれました。

「実は車椅子ソフト(ソフトボール)って言うのをやってるんですけど、その代表として来月アメリカに行くんです」


1年前のテレビで彼がパラリンピックを目指してスポーツに接していると言う事は知っていましたが、まさかもうそんなチャンスを掴んだのか、私はびっくりしました。
それでもまだ他の競技をやる可能性もある様でした。

ならばと、テニスはやってないの?と聞いてみました。日本には素晴らしいプレーヤーがいますからね。

そしたら、
「階級とか無いんで、国枝さんと同じ土俵で勝負しなきゃいけませんからね」と笑顔で答えてくれました。

確かに国枝選手を破るというのは並大抵の事では無いでしょうからね。

その後もあれこれと話しましたが、彼が本気で東京パラリンピックを目指してると言う事がはっきり伝わってきました。

どんな競技だっていい。お前が出てくれたらすげえ楽しみだし、全力で応援するよって伝えました。

本当に彼はすごい人間です。
心からそう思いました。


posted by かに at 20:31| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。
以前も書きましたが、私も彼を応援し続けます。

彼とまーぼ君と後輩さんたちの分も、
頑張りたかったのですが、三度やられました。

初回に1点先制したときは「どうにかなるかも」と
思いましたが、やはりそう甘いものではありませんでした。
様々な環境に恵まれた強豪私立に一泡ふかせたい、
と日頃思っていましたが、彼らだって恵まれていることに胡坐をかいているわけでなく、
日々大変な努力をしているのだろうなぁと感じる
プレイが随所に見られました。

人気スポーツは観客が多い分、勘違いしがちですが、観客のものでは決してなく、汗水たらしてやっている選手のもの、そんな当たり前のことを
、神宮の夕日とカニさんの記事に教えられた今日でした。
Posted by サトケン at 2015年07月23日 20:59
もう代表選手ですか!
それなのに、他の競技をやるかも?って、すごく貪欲というか、前向きなんですね!^^

私も応援します!
Posted by PAT at 2015年07月23日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック