2015年05月26日

交流戦が心配だなぁ

おかげさまで首位で交流戦に突入することになった我がベイスターズ。

しかし!
その直前、事件がありました。
主砲筒香の故障と守護神山崎の危険球退場です。

それでなくても昨年までいい結果が残せていない交流戦。
しかし今年は投打に好材料があるから良い戦いができるはず。
その根拠である筒香と山崎に降りかかったトラブルはたった1日で拭いされるものではありません。
出来ることなら交流戦の開始を3日くらい遅らせて、今週末にしてくれないかなぁ、と真剣に思っております。

でね。
それはそれとして。
今シーズンはすでに9人もの投手が危険球により退場になっているそうです。
この人数は例年にないペースなんだとか。
そのうちの3人が我がベイスターズなんですね。
一人目はドスコイ山口こと山口俊投手。
二人目は久保康友投手。
そして三人目が今回の山崎康晃投手です。
1球団で3人ってのは一番多い。これは投手コーチも反省しなきゃいけないですね。

中畑監督も言っていましたが、頭部への死球って言うのは命に関わる可能性がありますから絶対にあってはいけないことですね。特に山口、山崎は150km近い速球を持ってる投手ですから。

もちろんベイスターズファンとは言え、今回の山崎投手の危険球をかばう気持ちはありません。
中畑監督が言われている通り、プロとしては投げてはいけないボールだと思います。

ただね。
山崎投手を始め、今シーズン危険球を投じた9人が意識的に狙って頭部へ投げたなんてことはあり得ませんよね。もしそんな投手がいたら即刻解雇して欲しいくらいです。

しかし阪神和田監督はそうは考えないんでしょうかね?
ベンチを飛び出して向かった先は、まだ倒れこんでいる上本選手のところではなく、ベイスターズの嶺井捕手のところでした。
これはまさしく意図的に死球を狙っている、と思って抗議に行ったのでしょうね。
筒香が故障してしまい、絶対に負けられないあの試合で、9回の先頭打者に意図的に死球を投げさせる捕手がどこにいますかね?

試合後、和田監督は「いくつもぶつけられてるからね」と話したそうですが、気になったので調べてみました。

スクリーンショット 2015-05-25 18.26.13のコピー.jpg

愕然としましたね。
ベイスターズの方がよっぽど当てられてるじゃないですか。
これ見ちゃうと「いくつもぶつけられてるから」と言うのは、もはや和田監督の言いがかりでしかないですよね。

実際にスポーツ紙によるとベイスターズサイドから「うちの方がよっぽど当てられてるのに阪神側は何を言ってるんだ」と言う声が出てるらしいです。数字で見れば当たり前ですよね。
バルディリスなんて6回ですからね。それこそ乱闘起こしてもおかしくない。
心象だけで恫喝するような抗議をして欲しくないですね。

で、本筋からちょっと離れるんですが、ついでだからこんなのも調べてみました。
セ・パ両リーグの与死球の数です。
これもね、調べてみたらビックリです。

まずはセ・リーグ
横浜ーーー12
巨人ーーー14
中日ーーー12
ヤクーーー15
阪神ーーー14
広島ーーー13

少ない横浜、中日と多いヤクルトの差が3個。
正直、横浜はもっと多いかなぁって気もしてたから少ないのが分かってちょっと嬉しかったかな。

では今度はパ・リーグ
日公ーーー13
ソフーーー22
西武ーーー27
千葉ーーー18
楽天ーーー18
オリーーー23

なんだこの数字は、ってビックリしましたね。
一番少ない日ハムと一番多い西武との差は14個。実に2倍以上です。
リーグとしても20個以上が3チームですからね。
それだけ内角の厳しいボールが多く使って来るってことなのかもしれない。
あまりパ・リーグの試合を観戦してないですから、6球団で平均20個以上って多くないですかね?

しかも今度は当てられた数を見てみると。

日公ーーー18
ソフーーー23
西武ーーー19
千葉ーーー18
楽天ーーー26
オリーーー27

わかりやすいくらい、下位にいる2チームが飛び抜けて多い。

一概にそれだけが原因とは思わないけど、もしかしたらオリックスが低迷してる原因の一つにこれがあるんじゃないの、と勘ぐっちゃうよね。
で、ものすごい極端な言い方すると、その首謀者は西武。数字だけを見るとそう感じちゃうんだよね。
もちろん真相は分かりませんけどね。

これを見て、またまた交流戦が怖くなってきました。
現在首位にいるベイスターズ。もしかしてこの死球攻撃を受けることになるんじゃなかろうか。

私も埼玉県民ですから西武のことを悪く思いたくはないけど、ちょっと今回の交流戦、死球については注視して見ていかなきゃいけないかもしれない。
特に西武戦でね。

ともかく。
去年はどうだったか、調べてないからわからないけど、毎年交流戦では圧倒されっぱなしのセ・リーグ。
まさかこの辺も原因の一つ、だったりして。
posted by かに at 02:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内角に投げることは投手としても、勝負するために必要なことですからねぇ。
結果として、危険な球になってるんだから反省はしないといけないにしても、あの乱闘騒ぎは、ちょっとなぁ。。。
和田監督・・・
虎ファンの私は、『熱くなる箇所が違うんだよなぁ。。。』っていつも感じてます(~_~;)

低迷気味の虎は、心機一転、交流戦で巻き返してほしいなぁ〜って思ってますが、毎年、交流戦に弱いんですよね。。。
Posted by PAT at 2015年05月26日 21:54
PATさん、どうもです。
昨日は虎さんもスゴイ試合をした様で。
ベイスターズもここまで勝ち越し無し。
ここに来て故障者が増えてきたから、三タテさえ食らわなければと割り切ってます。
Posted by かに at 2015年06月04日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック