2007年05月15日

どうすりゃいいんだろう

先日の土曜日。
早朝、河川敷の草むしりを終えてから、少年野球の方に顔を出しました。

先月末に2度の体験教室を行ったせいか、数人の新入団もあり手薄となった低学年チームのお手伝いです。

私が行った時にはすでにキャッチボールが始まっていて、レギュラー組、入団初期〜中期組、入団したて組とに分かれていました。

私が気になったのは入団したて組。
どうやら兄弟二人(3年生と2年生)のようなんだけど、人手の関係でその子達のお父さんがキャッチボールの相手をしている模様。
このお父さん、相当な野球好きと見えて、息子達二人に厳しい言葉を投げかけながら強めのボールを投げ込んでます。
しかし見ていると、二人とも片手取り。しかも取る瞬間に顔が思いっきり避けちゃってる。
しばらく見てたんだけど、このままじゃ良くないかなぁと思い、お父さんに自己紹介した上でキャッチボールを交代。
さっきまでのキャッチボールとはまるっきり路線変更して、基本中の基本から始めちゃいました。
まずはグローブを外して取り方の指導。顔が逃げないようにグローブの位置を指導。
そんなことをしている間に、他の選手がキャッチボールを終えちゃったため、それに合わせて兄弟もあがり。
休憩を挟んでバッティングになったんで、これはみんなと一緒でもいいかなぁ、と思ったんで、そのまま流れに任せて守備につかせました。

と、気付くと、また兄弟のそばにはお父さんが。
お父さんはまた兄弟達を厳しく叱責。まだ始めたばかりの子ですからね。
レギュラー選手が打った打球なんて捕れる訳はないんですが、それでもお父さんは納得しない。

終いにはお兄ちゃんの方が泣き出してしまい、お父さんはさらに激怒。

「お前なんか帰れ!」

と、やり始めちゃった訳です。

お兄ちゃんはグランドから追い出され、グランド隅でヒックヒック言いながら泣きじゃくっちゃってるんで、仕方なく私とキャプテンの母の二人で慰めて、またグランドに行かせたんですが、そうするとやっぱりその子の元にお父さんが。

何度かお父さんに

「最初の頃は出来なくて当然。厳しくするのは高学年になってからで十分間に合うから、入団したての今は、とにかく楽しく野球が出来るよう、野球が好きになるように、そんな事を考えてお子さんを褒めちぎって欲しい」

って言いたかったんだけど、いかんせんこっちはたまにしか来ないOBコーチ。
しかもお父さんは私より多分10歳は年上。

どうにも言いよどんでしまって、言えず仕舞い。

どうなんでしょう。
こういうお父さんの気持ち。分かる人が多いと思うんですが、初めて見るコーチから子供との接し方まで言われちゃったら、余計なお世話って思いませんかね。
やっぱりもう少し静観した方がいいんですかねぇ。
posted by かに at 14:40| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このお父さんのチームにおける立場ってのがはっきりしないのですが・・・
かにさんの立場であれば、逆に「何言ってんだ?」ということもあり得ますので、幹部や練習参加率の高い指導者の方に言って頂くように裏工作をするしかないですかね。
でも・・・チームの指導者の方々が「マトモ」なら近日中にいい方向へ向かうと思いますよ。
Posted by るっち at 2007年05月15日 14:55
ちょっと非常識な感が否めないと思います。チームに子供を預けたのですから、まずはその枠の中で指導をお願いし、その後パパさんコーチとなるのなら、監督の指導方針にそった形で指導にあたるべきだと思います。
よって、先輩パパさんコーチとして、説明してあげた方がいいと思います。失礼にはあたらないと思います。

かく言う私は、低学年の頃から練習中息子を怒鳴りまくって、監督から「怒るのは我々の仕事ですから」と釘をさされましたが。
Posted by 星 十徹 at 2007年05月15日 15:56
 「息子さん」限定でのアドバイスだと、聞く耳持たないケースもありますので、こういう場合は、他人の子も巻き込むことに限ります

 「我が子だけに怒っているつもりでも、他の子も聞いています。野球が楽しいという雰囲気を台無しにするし、萎縮させちゃってチーム全体に悪影響を及ぼすので気を付けて下さい。」 新米親父指導者氏への、先輩としてのアドバイスです。
 トドメは、「野球嫌いになったら上手くはなりませんよ。」
Posted by フルコーチ at 2007年05月15日 16:16
みなさんと同じくちょっと腑に落ちません。
お父さんが我が子に練習中に声をかけてもいいのですか?
ちょっと考えられない光景だと思いますが。。。。
Posted by touch at 2007年05月15日 16:52
わがチームでは基本的に息子の指導はしないことになっています(高学年になり親父がコーチの場合もなるべく担当しない)
経験の有るお父さんの場合こういったケース多いですよね、私は初心者担当ですので説明して納得してもらうようにしています、逃げる癖は中々直りませんから・・・
ちなみに私より年上のお父さんはまずいません(汗)
Posted by 背番27 at 2007年05月15日 19:03
こうやって、第三者の立場でお話を聞くと、「これは良くないな」って思えるのですが、来年、実際に小猿くんが入団するときには、私がこうなってたりするかもしれません・・・

こうならないように気を付けます。
Posted by PAT at 2007年05月15日 21:32
どうしてグラウンドに入り込んだかは定かではありませんが、少なくとも自分の子供だけを指導するのはおかしいし、指導の仕方もチームの方針に沿っていないわけです。
それははっきりさせないといけないと愚考します。

それで良いと思われたら大変ですし、他の人にも悪影響です。
ビシっと言わないと。

例え年上でもNOVA友でも、グラウンドでは別ですよ。
Posted by 端っこ at 2007年05月15日 22:29
このお父さんの行動は解らないでもないですが・・・皆さんのコメントのとおりチームとしては×だと思います!

かにさんの立場からアドバイスは難しいと思いますので、船頭と相談して船頭から声を掛けて貰う事が一番ではないでしょうか?
Posted by とうさん at 2007年05月16日 08:58
我チームそういう時決まって登場するのがジュニア監督です。
ジュニア監督曰く「子育てができない親が多くなっている」とのこと。
入ってきて1、2日でずっと練習している皆と同じことができるわけがなく、できないからって怒ってばかりだとやる気もなくなりうまくもならない。小学校と一緒に考えないでほしいとのこともいってました。この監督、最終的には親とお酒を飲んで一緒に子育(野球の)てしましょう!ってな具合でパパコーチ増やしてます。
Posted by RK at 2007年05月16日 17:45
このまま行ったら、彼らは野球は怒られるものと思い込んで嫌いになっちゃいそうです。
親父、そのくらい気づけよ〜(笑)
Posted by ハッシー at 2007年05月17日 11:47
るっちさん、どうもです。

私もうっかりしていたんですが、この子達が正式入団したのかも未確認でしたし、お父さんがコーチとして入ることになったのかも未確認でした。
その辺のところ、確認した上で今後対処を考えようと思います。
ただ今週末、私は土日両日シニアの方に顔を出さなければいけない状態で、少年野球の方も両日試合と言うことなんで、解決の手立ては来週以降という感じになると思います。
低学年の監督はしっかりとした人ですから、彼に一言言って対応を任せるという手かとは思います。


星さん、どうもです。

正直、入ったばかりでここまで(よく言えば)熱意あるお父さんというのが初めてだったんで、面食らっちゃいました。
次回出席した時に、コーチになる、ならないを確認の上、対処を考えようと思います。
厳しくすれば良いってもんじゃないってことを一番痛感している星さんの言葉ですから、よーく考えて対処します。


フルコーチさん、どうもです。

さすがベテラン低学年監督です。この言い方いただきます。
もし次回私が出席した時にまだ同じ状態だったら、参考にさせてもらいます。


touchさん、どうもです。

高学年の場合はコーチとお父さんは明確に区別されるんですが(というか熱意ある方はお父さんコーチになりますし)
低学年の場合はその境界線があいまいになっちゃったりするんですよ。
なにせ子供同士でキャッチボールをやらせても、まともにボールのやりとりにならない子も多いですから。
そんな場合は見学に来ていたお父さんにお手伝いしてもらうこともあるんです。
もちろん仕切るのは我々指導者ですけどね。
今回の場合、そうしたお手伝いのお父さんが行きすぎてしまったというところでしょう。
私が途中からの参加だったんで、最初にどのような形で手伝い始めたのかは不明ですが、入団したての子は我々指導者よりお父さんの方に意識が行っちゃうのはしょうがないんですよねぇ。


背番27さん、どうもです。

この手の話は以前も話題になったりしましたが、親ではなく指導者なんだという切り替えが出来ていない人は練習に関わるべきではないでしょうね。
経験があるお父さんというのは、入団以前から息子とキャッチボールしたりしてたんでしょうから、その延長戦上にあると思ってしまうでしょう。
その辺の線引きは私たちが教えていかなきゃいけないですよね。


PATさん、どうもです。

客観的な立場になってみると初期段階で厳しすぎるのは良くないなって思ったでしょう(^^)
チーム練習では息子も戦力の一人。戦力として指導するのは構わないでしょうが、それは親としてではなく指導者としてですからね。

私の場合、最終的にチーム練習では厳しく、個人練習では褒めちぎりというスタイルをとってました。
そうすることに気付いたのは息子が5年生になってからですけどね。
私も通った道ですから、気持ちは分かるんですけどね。


端っこさん、どうもです。

私がもっと練習に顔を出していれば、年上だろうが経験者だろうが、思ったことをズバズバ言っちゃうんですが、なにせ出席率が悪いという引け目がある分、躊躇しちゃったんですよね。
代表の手を煩わせる前に低学年指導者できちんと対応しないといけませんね。


とうさん、どうもです。

ちょうどその日は監督が途中から仕事で外しちゃったんですよね。
やはり監督に伝えて対処してもらうのが一番でしょうね。
それが普通のチームになっては困りますからきちんと対処しないといけませんね。


RKさん、どうもです。

熱意のある人だから、今回の対処次第でチームにとってプラスになるでしょうから、
円満に解決したいです。
周りを見るとみんな上手く見えて、早く息子もあぁいうふうにやれるようにしたいって思っちゃうんでしょうね。


ハッシーさん、どうもです。

野球(スポーツ)は怒られるもんですけどね。(笑)
でもそれ以上に楽しいモノですから。
親父ってこんなことで嫌いになる訳ないって勝手に決め込んじゃってるところがあるんですよね。
それを気付かせてあげるのも先輩の役目ですかね。
Posted by かに at 2007年05月17日 14:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック