2015年04月02日

新生活スタート

我が息子、まーぼも昨日、新社会人としてスタートしました。

まずは初日と言う事で着任式ってのがあった模様。
1人1人名前を呼ばれて委任状的な物をいただき、正式に先生の第一歩となりました。

その後は、会議・会議の連続だったとか。
先生としては初日だけど、当の生徒はまだ春休み中だしね。

どうやら新任教員の中でもまーぼはやっぱり最年少。
同い年はいなかったみたいだね。
シニアでも最年少コーチだったし、そういうのは慣れてるかもね。

今日は研修をやっている模様。
始業式はいつなのかな?来週月曜辺りかな?
それまで数日しかないから、先生らしさを身につけるには時間が足りないかな?
それは生徒と触れあう内に身につくのかな?

でもさ、息子がコーチって言われるのは慣れてるけど、先生って言われてる姿は想像出来ない。
脳内だけでは違和感ありありなんだけど。。。
きっと本人は塾の先生やったりしてるから意外に慣れてるのかもね。

まぁ、息子が生徒と会話してる場面に俺が接する機会はほとんど無いだろうから心配する必要もないんだけどさ。
posted by かに at 13:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新任とは言っても、生徒にとっては先生ですから、『新任なんでワカリマセン』じゃスミマセンもんね。
研修期間もかなり短いし、先生って大変ですねぇ・・・
でも、まーぼ君なら、その大変さも楽しんでるかな?^^
Posted by PAT at 2015年04月02日 21:25
PATさん、どうもです。
授業の方は他の先生とすり合わせて、教える内容が先生によって違いが出ないようにするみたいです。
そうしないと苦情が来る事もあるらしいです。大変ですね、先生って。
なんにしても、モンスターペアレントに噛みつかれないように気をつけて欲しいです。
Posted by かに at 2015年04月06日 02:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック