2015年03月03日

期待出来そうじゃん

以前書きましたが、まーぼ母校野球部に今年は我がチームから三人の選手が進みます。

その野球部に思ってもない戦力が加わることが分かりました。

それは自分達の代がスタートしたばかりの中学二年の秋にウチを辞めていった選手でした。

期待の捕手として入団したその選手。
一年生大会ではAチームの正捕手としてかなり活躍しました。
この代の正捕手は彼で決まりだろう、そんな事を感じさせるくらいでした。

しかしもちろんそのままレギュラーが保証される訳ではありません。
同じポジションには複数選手がいて、それぞれが自分達の代になった時のレギュラー目指して競い合って切磋琢磨していく。
そうした中で自分達の代になった時、彼は正捕手の座を奪う事が出来ませんでした。
チャンスに強いバッティングを生かすために外野手との兼任となった時期もありました。

監督、コーチも期待していましたし、秋季大会のスタメンがそのまま一年間固定な訳じゃないですから、頑張り次第でどうとでも変わって行くはず。
私はそんな彼の奮起を期待したんですが、彼の出した結論はチームの移籍でした。

残念な決断でしたが、チームとして何度も引き止めた末の決断ですからどうしようもありませんでした。
そんな彼との思ってもみない再会。

元々まーぼ母校野球部には彼の兄が所属しているという事も影響したのだと思いますが、良い選手だと言う事は十分知っていますから願ってもない事だなと感じました。

卒団までやり切った三人にわだかまりが無ければ良いなと思ったんですが、そういう事も無いみたいだし、ちょっと期待が出来そうじゃん、と嬉しくなってきました。

夏季大会には顔を出そうと思ってたんだけど、もっと早く行っても良いかな、と思う様になりました。
とっても楽しみです。

posted by かに at 11:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう再会もあるんですね^^

高校野球はさらに競争も激しくなるでしょうけど、今度は、辞めるっていうことのないように、最後まで仲間たちと一緒に頑張ってほしいですね!
Posted by PAT at 2015年03月03日 21:32
PATさん、どうもです。
高校は移籍=転校ですからね。
色んな障害が大きいですから、入った以上はそこで全うする覚悟がないとね。
部員数が少なくチャンスは格段に多くなるだろうから、大丈夫だと思いますけどね。
Posted by かに at 2015年03月06日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック