2007年05月09日

本末転倒

昨日の毎日新聞にこんな記事が出ました。

日本高校野球連盟は7日、日本学生野球憲章違反となる特待制度の対象選手が、制度打ち切りで退学や転校に追い込まれないようにする救済措置を検討するため、緊急の全国理事会を10日に開くと発表した。
 学費免除などの特典を与えられていた選手は5月中は学校長による指導で試合出場を差し止められ、学校は保護者との間で解約手続きを進める。しかし、家庭の経済状況により、制度打ち切りに伴って就学継続が困難になる選手も予想される。このため、日本高野連は在校生に限り、一般生徒と別の基準で奨学金を受けられるようにできないかなど緩和措置を検討する。現在、各都道府県高野連を通じて違反校で退学者がいないかなどの現況調査をしており、全国理事会ではその結果も報告される。
 違反校の野球部長は引責辞任となり、有期の謹慎処分が科される見通しだが、新しい部長が見つからず、部長交代が困難な学校も相次いでいる。問題の発端となった岩手・専大北上高の野球部長は特待制度実施を理由に既に日本学生野球協会の審査室で1年間の謹慎処分を受けた。しかし、全国理事会ではこれを基準とはせず、各校の現状も考慮して厳しい処分は科さない方針。専大北上の部長の処分も、軽減される可能性がある。
 野球を理由とした特待制度は実施していない、と申告した学校の中でも、別の特待制度が違反とみなされるケースもあり、日本高野連では個々の例を精査した上で、10日に修正発表をする予定。3日時点で特待制度を実施していたのは376校、対象選手は7971人に上っている。



この件で言いたいことは山ほどありますが、この記事を読んだ時にはさすがに呆れてモノが言えませんでしたね。

野球を理由に奨学金を受けることがダメで、金銭的理由で奨学金を受けるのはオッケーってことなの?

現実的に私立高校の野球部で活動し続けるためにどれだけお金が掛かるのか、高野連は分かってるんですかね。

お金に余裕があって、「奨学金なんて必要ないよ」なんて言える人が世の中にどれだけいると思ってるんでしょうね。

ホントにこの救済をするとしたら、今回打ち切りになった家庭の半数以上が救済して欲しいと願うでしょう。

高野連はこうなることをまったく想像しないで今回の行動に出たんでしょう。
今まで放置してきたくせに、行きがかり上の中途半端な正義感のせいで、現役の高校生も、ウチのようにこれから高校に進もうかという中学生にも迷惑を掛けているんです。

裏金問題で西武グループ内での大甘処分が発表されましたね。これだけの騒動の発端にも関わらずクビになった人はゼロ。早大、専大北上に謝罪もいかないそうですね。
やれやれです。

さて、高野連は会長が会見で「憲章を徹底させららなかった。我々も反省」と言ってましたが、処分なんてあるんでしょうかね。ないでしょうね。

結局苦しめられるのは一般家庭。情けない世の中ですね。
posted by かに at 12:00| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうなったらやはり、ユースチームとか高校生、大学生のクラブチームしかありません。
長男のチームのOBは、有名高校を退学して四国リーグで頑張ってます。
高校野球より、よっぽどシンプルでわかりやすいですよ!!
Posted by いけいけA監督 at 2007年05月09日 13:39
 今年の夏の大会に「海堂高校」が出場できるか微妙ですね。寿也も特待生制度のお陰で進学できたのに。。。
 え、「MAJOR」の話ですが。
Posted by フルコーチ at 2007年05月09日 15:31
奨学金は学費免除がダメなら 奨学金貸付けではダメなのかな?
卒業後10年ローンとかね。金利手数料はジャパネットが…いえいえ学校が負担します(((^_^;
Posted by ジャビ子 at 2007年05月09日 18:51
>ホントにこの救済をするとしたら、今回打ち切りになった家庭の半数以上が救済して欲しいと願うでしょう。

同感です。
大抵の一般家庭で私学の強豪高校でかかる金額を全額持つのは難しいでしょう。
ましてや越境で寮に入っているところでは、(授業料・寮費・食費・部費・遠征費を考えると最低月10万円以上は覚悟ですから、さらに生活用品購入を考えたら・・・)ほとんどの家庭が無理でしょう。
ですから、落としどころは「金銭的理由で奨学金」となるのでしょうかねえ。現役某有名選手がそうであるように。
Posted by touch at 2007年05月09日 20:26
伊吹文科相は「高校生にすればサッカーや陸上で許されている感覚もあったと思う。問題の原因は大人にあり、子供は犠牲者」と語った。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/05/09/23.html

この「大人」を根こそぎ処罰しなければ、今までと全く変わらないでしょうね^^

Posted by metoo at 2007年05月09日 21:40
あきれて、何もいえないですね。

日本全国の高校が全て、高野連から脱退して、別の団体を立ち上げて、今までどおり、やりませんか???

昨年夏にあれだけ高校生が盛り上げてくれた野球界なのに、その大会にかかわる大人が潰しにかかってどうするんでしょ。まったくもって・・・いやはや。
Posted by PAT at 2007年05月09日 21:56
そもそも高野連がこう言ったからといって学校は特待契約を無効にできるんですかね?
野球憲章なんてわけが分からないものが民法上成立している契約を破棄する根拠にはなりえないでしょうし、他の競技じゃ認められてるんだから公序良俗に反する、なんていい訳も出来ません。
こんなの集団訴訟すれば絶対勝ちますよね。
どうせ訴えたら「甲子園に出さない」みたいなヤクザまがいの恫喝をするんでしょうけど。
Posted by 五十路コーチ at 2007年05月09日 22:49
 私も、五十路コーチさんのコメントの件に興味があります。
そもそもに「特待生制度」では、選手と学校側が「契約」を結ぶのか疑問ではありますが、仮にそのようなものがあったとして、解約の条項に「バレちゃったら。」とか「スポーツ憲章違反になったら。」など存在しないと思いますので、一方的な解約はできないでしょう。契約不履行だと言われないように、何か「抜け道」を使って、対応するしかないと思いますが。
Posted by フルコーチ at 2007年05月10日 10:54
対象になっている子供がかわいそうでなりません。
また対象になった家庭、親も子も不安でしょうね。
どうする高野連!!文部科学省!!

Posted by RK at 2007年05月10日 13:14
五十路コーチさん、フルコーチさんと同様に生徒と学校間での契約問題が気になっています。
これで打ち切りや減額なんてことになったら、この後さらにもめるのではないでしょうか。
もちろん甲子園を目指すことを前提にしているわけですから、出場辞退や自粛なんてことも契約不履行みたいなものです。
今後の展開が気になります。

と同時に高野連でない別組織設立なんて動きがでないかなあなんて思っています。
甲子園大会を主催していない、最近プロ野球人気のかげりのせいで販促もままならない某新聞社の名物会長あたりがドームで高校野球の全国大会なんてどうだぁなんて考え出したら面白いんですが・・・
しかも、その連盟に属しているチームの選手は某球団が優先指名権を持つ、、、なーんて。

悪乗りしました。すいません。
Posted by 端っこ at 2007年05月10日 14:14
いけいけA監督さん、どうもです。

サッカーのようなユースチームってあって欲しいと思いますよね。
今はNPBでも育成枠なんてものがあるんですから、そこの下に高校生が該当するユースチームってありだと思うんです。
有名高校進学が金銭的に難しい中学生をセレクションで獲得して、地元高校に通わせながら野球はクラブチームで練習する。
良い形だと思うんですよ。これなら学校は公立で問題ないんですから。


フルコーチさん、どうもです。

すいません。野球マンガは多く持ってるんですが、「MAJOR」だけは持ってなくて・・・。
今から揃えようにもすでに50巻以上出てるでしょ。古本もなかなか出てないし。
おまけにアニメも見てないからさっぱりで(^^;)
ともあれマンガのキャラクターですら特待を受けてるくらい世間的に普通に認知されてたってことですよね。


ジャビ子さん、どうもです。

貸し付けはありだと思いますね。
育英基金でしたっけ?あしながおじさんとかいうやつ。
野球部対象にあんなものを設立する学校があっても良いと思うんですけどね。


touchさん、どうもです。

まさにtouchさんが言われるように、今日落としどころが発表されましたね。
『金銭的理由で退学や転校を余儀なくされてしまうような生徒には校長裁量で奨学金を出す』というものみたいですね。
対象となる全選手が「奨学金をもらえなかったら転校する」と言ったら、今回高野連が問題視した全選手が初学金を受け取れることになりますね。
まさに予想した通り。建前上野球を理由にしてなければいいですよ、ってことで今までと変わらなくなりそうな気がします。


metooさん、どうもです。

高野連は子供を中心には考えていないとしか思えないですね。
今週号の週刊文春にも出ていますが、今回の事に大阪桐蔭や明徳義塾がなぜ名前を挙げられなかったのか。
それを読めば今回の問題がいかにそこの抜けたバケツだったかが良く分かります。

高野連のアホ役員、一部の金銭目的の指導者をいかに排除していくか。
我々ブロガーはそうしたことにも声を上げていくべきだと思います。


PATさん、どうもです。

汗を流している選手を尻目に、金勘定している大人がいる。
情けないけどそれが今の甲子園大会です。
高野連を解体して、少年野球から大学、社会人まで同じピラミッドに入るような団体がなければ野球界の将来はますます暗くなるでしょう。
悲しいかな、少年野球すらひとつの団体(連盟)でやれていないのだから、それがどれだけ難しいか良く分かりますけど。


五十路コーチさん、どうもです。

書かれているような問題は新聞でも取り上げられていましたね。
現時点では息子という人質を取られているから大人しくしていても、引退と同時か、卒業した途端に集団訴訟という可能性は多分にあると思います。
そしてそうなったらかなりの確率で学校側が負けるでしょう。
そうなると、学校側が高野連を訴えるということもあり得る訳です。
そこまで行けば憲章を見直すという可能性も出てきて、良い効果があるかも知れないですけどね。
昨日発表された特別措置で、なし崩し的に全選手を対象にしてしまえばそんなことも起こらないんでしょうけど。


フルコーチさん、またまたどうもです。

私自身、その契約書なるものを見たことがないので、一方的契約不履行の場合についてどれほど書かれているか分かりません。
一応、同意の上での解約という建前ですが、「解約しなかったら夏季大会は出られませんよ」と言われたらいやいやでも同意しちゃいますよね。
そんな状況はおそらく法的には選手側が守られると思うんですけどね。
ともあれ昨日の発表で「抜け道」見付かりましたけどね。(^^


RKさん、どうもです。

親御さんの話はちょいちょい耳にしますが、肝心の選手が今、どんな思いでいるのかはまったく聞こえてきません。
言いたいことは山ほどあるんでしょうが、言えないでしょうね。
高野連ではなく、文部科学省が対象となった全選手にアンケートでも取って、今後の高野連のありかたを考えるってのがすごく良いと思うんですけどね。
でも役人って身内に甘いから、そこまで出来ないでしょうね。


端っこさん、どうもです。

現実問題、あの人くらい力を持ってて、無茶を言う人が中心にならないと新団体設立というところまでは到達出来ないでしょうね。
あの新聞社だけが3大新聞の中で高校野球の恩恵を受けていないから、チャンスと見るや登場してくる可能性は十分にあるでしょう。
でもそれくらいの自体になった方が、今の高野連を変えるためにも良いとは思いますね。
Posted by かに at 2007年05月11日 02:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック