2015年01月08日

ちっちゃい野望

私が父兄でありながら広報と言う肩書きをいただいてから丸8年が経ちました。

その間に撮ってきた写真の枚数は、最早調べる気すら起こらないくらい大量になっています。

年末に作るスライドDVDも含め、普段のチームブログへの掲載してる写真は、選手達や父兄の方からたくさんの感想の言葉をもらっています。

その点については私自身すごく手応えを感じてますし、やりがいを感じています。
中学硬式野球チームは数多くありますが、これだけ撮ってこれだけ公開しているチームはそう多くは無いだろうと思ってます。

中学生で硬式クラブチームに入る選手のほとんどが、小学生低学年に野球を始め、高校三年の夏頃までは続けます。
多くの選手が10年くらい野球に関わる事になるんですね。

私が彼らと関わるのは、その中のたった3年間。

わずかな期間ではありますが、選手達が頑張る姿、楽しむ姿を撮っていきたい。
中学クラブチームは父兄のお手伝いが不可欠。彼らの頑張る姿、楽しむ姿も撮っていきたい。

私も父兄でしたから、そうした写真があるのがある事が嬉しい気持ちはよく分かりますからね。


私の写真で少しでも、このチームを選んで良かったと思ってもらいたい。
そんな思いで毎週早朝から夕方まで河川敷に通っています。

そんな私ですが、最近、密かに考えているちっちゃな野望があります。

それは・ ・ ・

『この人に撮ってもらいたいからこのチームを選んだ』

選手や父兄からこんな言葉を言ってもらえるぐらいの写真を撮って行きたい。

我がチームの売りは、『恵まれた練習環境』であり、『経験豊富な指導者陣』であり、『きめ細やかな進路指導』です。
そこに私の写真が加えられる日が来たら嬉しいな。そう思っています。
そのためにもっと頑張って行こう、そう思っています。まずは10年。区切りとなるあと2年、頑張って行きます。




posted by かに at 21:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はほぼ毎週グラウンドへ通いましたが、私の写真はほとんどありません。
まぁ、普通、オッサンまで撮りませんよね^^;
それだけに、かにさんのように、しっかりと父兄の姿まで撮ってくださるのは、非常に嬉しいと思いますし、羨ましいです。

>『この人に撮ってもらいたいからこのチームを選んだ』

既にこの理由で入った人も居るんじゃないですか?
私はかにさんに撮ってもらいたいです!
何百キロも離れてなければ、迷わず、かにさんチームを選んでたんですけどねぇ。
Posted by PAT at 2015年01月08日 23:18
きっといるよー
私も我が子の所属するチームにかにさんいて欲しかった〜!
かにさんの写真は選手みんなに向けられているのが
愛を感じるよ^_^
このまま頑張ってください
Posted by プーミー at 2015年01月09日 13:53
PATさん、どうもです。
主役が選手であることは間違いないんだけど、彼らのために眠い目をこすってグランドに来て、審判やグランド整備をしてくれるオヤジの苦労に少しでも報いることが出来ればなと思ってます。
親も含めて河川敷での3年間を楽しい思い出にして欲しいですからね。

プーミーさん、どうもです。
そう言ってもらえると嬉しいよ。
選手は十人十色。アピールが得意な選手、苦手な選手がいる。
でもどんな選手でも打ち解けていくと良い笑顔を見せてくれるんですよ。
主役はあくまで選手であり父兄。それを忘れずにやっていきたいと思います。
Posted by かに at 2015年01月16日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック