2014年09月17日

3年ぶり

先日のエントリーでサラッと書きましたけどね。

勝ったんですよ、ブロック決勝。
去年はブロック内で最大のライバルチームに準決勝で敗れて3位。
一昨年はなぜかブロックは行われずいきなり支部大会から秋がスタートした。

これね、どういう取り決めがあっての事なのか、ちゃんと確認してない事もあって未だによく分からないんだけど、うちの地域では秋季大会に関してブロック大会が行われない年があったりするんだよね。過去の大会成績を調べてみても、どうも法則が分からない。一年おきとか、そういう事では無いらしい。で、実際、一昨年はブロック大会が行われなかった。
ちなみにその前年は実施されてて、ウチが優勝してる。そんな訳で今年の優勝はチームとしては3年ぶりって訳です。

息子の頃はブロックでは負ける気がしないって感じだった。
実際の力が大きく開いてる訳では無いんだけど、なんか自信持って試合してたな。
親達も負けるのがとにかく嫌で必死に声出して応援してたもんなー。

まだまだ今と比べると周りがウチのことを強いと思っていなかった事もあったから、今より「負けたくない」って気持ちが強かった気がする。

今の選手、父兄との差はそこかなーって感じるんだよね。

チームの実績も置かれた環境も当時とは変わっちゃったけど、その気持ちだけは伝えて行かなきゃいけないかなって思うんだよね。

posted by かに at 20:36| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブロック優勝、おめでとうございます!\(^o^)/
行われる年と行われない年があるって変ですね^^;

気持ちの部分って、大きいですよね。
息子の代では、他の父兄が『勝てないだろうな』と思いながら見ているのを感じていました。
でも、新チームの父兄は『勝ちたい!』という気持ちが強いと思います。だから、これから良いチームになっていくような気がしてます。
ちょっと、羨ましいです(^^ゞ
Posted by PAT at 2014年09月17日 22:59
PATさん、どうもです。
子供の野球は気持ちの部分が勝敗の80%くらいを握ってるんじゃないか、そんな風に思うことが多々あります。
子供は小さければ小さいほど、親の影響を受ける。
親が諦めちゃったら子供も諦めちゃいますよね。
Posted by かに at 2014年09月26日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック